FC2ブログ

寺院の彫刻 その83(PARSVA-DEVATA)

PANATA165.jpeg
インドのヒンドゥー教寺院では寺院の壁面に龕を作り一定の法則でそこに神像を安置しています。
パールシュヴァデヴァーターPARSVA-DEVATAと言い、特に東インドのオリッサ州のブヴァネーシュヴァルの寺院においては顕著です。
ブヴァネーシュヴァルの寺院はほとんどシヴァ派の寺院で祠堂内部にはシヴァリンガが祀ってあります。
その祠堂の外部の壁面の龕に入り口(ほとんどの寺院では東を正面にしている)を除く3方にそれぞれパールヴァティー(ドゥルガー)北、スカンダ(カルティケーヤ)西、ガネーシャ(南)のシヴァファミリーが彫刻されています。
数は少ないですがヴィシュヌ派の寺院ではヴァーマナ(トリヴィクラマ)北、ナラシンハ西、ヴァラーハ南のヴィシュヌの化身が壁龕に彫られています。
シヴァ派の寺院では初期の7世紀の寺院から見ることができます。
初期の寺院は保存状態が悪いため全て完全な形で揃っている寺院はありません。
7世紀のSATRUGHNESHWAR寺院は西のスカンダしか残っていませんが孔雀の上に結跏趺坐する像は素晴らしい出来です。
1SATRG001 2SATRG010
アクセサリーもとても細かく彫刻されています。
同じ7世紀のPARASURAMESHWAR寺院ではこれまた素晴らしいスカンダとガネーシャが彫刻されています。
3PARASU028
4PARASU055 5PARASU061
同じ時代のSVARNAJALESHWAR寺院では3体揃っていますが保存状態が良くありません。
6SVARNA002.jpeg 7SVARNA006
8SVARNA005 9SVARNA004
PACHIMESVARA寺院(8世紀)はなんと寺院の建物がなくなってしまいましたがリンガとPARSVA-DEVATAだけが残っています。
10Paschimesvara.jpeg 11Paschimesvara-009.jpeg
12Paschimesvara-007.jpeg 13Paschimesvara-008.jpeg
MOHINI寺院(8世紀後半)では3体揃っていますが、保存状態はあまり良くありません。
14MOHINI009.jpeg 15MOHINI007.jpeg
16MOHINI011.jpeg 17MOHINI012.jpeg
MOHINI寺院ととてもよく似たMARKANDEYESHWAR寺院(8世紀後半)ではPARSVA-DEVATAもよく似ています。
18MARKAN001.jpeg 19Markandesvara-012.jpeg
20Markandesvara-008.jpeg 21Markandesvara-004.jpeg
このPARSVA-DEVATAは東南アジアには伝わったのでしょうか。
カンボジアやタイ、ベトナムでは見つかりませんでした。
しかしインドネシアの寺院では彫刻の題材は違いますが見つかりました。
それはジャワ島のジョグジャカルタ近郊にあるゴドン・ソンゴ遺跡群にありました。
インドネシアのヒンドゥー教遺跡では初期の8世紀に建立された遺跡群です。
この遺跡群の第3群にほぼ完全な形で残っています。
22SONGO033 2 23SONGO046.jpeg
24SONGO038.jpeg 25SONGO040.jpeg
シヴァ派の寺院でPARSVA-DEVATAは北ドゥルガーとしてのパールヴァティー、西ガネーシャ、南はグルあるいはリシとしてのシヴァ(老人の姿)が彫られています。
インドとの違いはスカンダではなくリシになっているところです。
ジョグジャカルタにある9世紀のSANBISARI寺院のPARSVA-DEVATAはとても状態が良いです。
この寺院は近くにある火山の爆発で火山灰に埋もれて1960年代になって畑の中から発見されたためです。
26SANBISARI002.jpeg 27SANBISARI012.jpeg
28SANBISARI016.jpeg 29SANBISARI022.jpeg

北ドゥルガー、西ガネーシャ、南グルがよく残っています。
東南アジアの中でもインドネシアはインドとの関係が深い国です。寺院の形態もはインドによく似ています。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント