FC2ブログ

石の巡礼 その31(庚申塔7相模原の庚申塔)

AA1_0292のコピー
相模原地方の石仏を見ているときに、とても面白い形の庚申塔を見つけました。
愛川町の上野原バス停のそばです。
1上野原バス停の庚申塔
そこには色々な石仏が安置されています。
片隅に愛川町教育委員会の立札が立っています。
「上原の庚申塔 愛川町指定文化財 田代上原の庚申塔は、数ある町内の庚申塔の中で最も古く、寛文8年(1668)の造立である。碑面には神像とも仏像ともとれる珍しい異形像が浮き彫りされており、初期庚申塔の一形態を示している。下部には3猿が刻され相州愛光郡上川入田代村とある。」
この舟形光背型庚申塔はとても特徴的で1面2臂、右手に三叉戟、左手に輪光を持っています。
着ているものは僧侶と同じ納衣です。
下部には3猿が彫られています。
3猿
この3猿は向かって左側の言わざる猿が右を向き、中央の見猿は左を向き、右の聞か猿も左を向いています。
あまりに不思議な庚申塔なので調べたら相模原地区独特の庚申塔で他に数体あるそうなので見にいくことにしました。
次の庚申塔は愛川町半原にある滝神社の入り口に安置されていました。
2滝神社入り口の庚申塔
保存状態が非常に悪く白カビが一面に付着し良くわかりません。
舟形光背型で1面2臂、三叉戟、輪光を持ち下部に3猿を彫り出し、上原の庚申塔と瓜二つです。
造立は寛政元年(1789)になっていますが上原の庚申塔と120年の開きがあるとはとても思えません。
三番目は緑区長竹の白山神社の側にあります。
3白山神社近く
旧道沿いにあると言っても現在旧道はほとんどわからなく、とても苦労しました。
保存状態は悪くありません。
舟形光背型で1面2臂、三叉戟、輪光を持ち下部に3猿を彫り出しています。
寛文9年(1669)の造立で上原の1年後です。
4基目は同じ長竹の自治会館の裏山の中にあります。
4稲生自治会館の裏山
ここも探すのに苦労しました。
笹の中に埋もれていました。
舟形光背型で1面2臂、三叉戟、輪光を持ち下部に3猿を彫り出しています。寛文11年(1671)の造立です。
5基目は相模原の大戸にある大戸観音の庚申塔です。
5相模原大戸観音
寛文10年(1670)の像立で舟形光背型 ではなく隅丸角塔で1面2臂、三叉戟、輪光を持ち下部に3猿を彫り出しています。
6基目は緑区根古屋の谷戸自治会館の前に安置されています。
6谷戸自治会館
舟形光背型で1面2臂、三叉戟、輪光を持ち下部に3猿を彫り出しています。
残念なことに、顔の一部が破損しています。
今度は少し離れた緑区佐野川へ行きます。
ここに切妻造りの石祠が安置されています。
その中に舟形光背型で1面2臂、三叉戟、輪光を持ち下部に3猿を彫り出している庚申塔が安置されています。
7佐野川1335(鎌沢・八幡) 南(1)
紛れもなく同じ庚申塔ですが3猿が全て正面を向いています。
延宝8年(1680)の造立です。
そのほか形が違いますがほぼ同年代の庚申塔があります。
緑区の青山にある光明寺の境内にある庚申塔です。
8光明寺
舟形光背型で1面2臂で剣と柄杓のような物を持っています。
下部の3猿も同じです。
造立は寛文3年(1686)です。
同じような庚申塔は緑区鳥谷にもあります。
9鳥屋6付近の庚申塔
舟形光背型で1面2臂で光明寺と同じく剣と柄杓のような物を持っています。
下部に3猿を彫っています。
造立は寛文2年(1662)です。
これらはとても近い時期に造られ、形態もほとんど一緒なので、同一の石工か同じ工房の人たちによって造られたと思われます。
とても不思議な庚申塔です。
これからまだ見つかるかもしれません。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント