FC2ブログ

気になる話 その37 香木

33769749752_51d44f11da_k.jpeg
子供の頃から花の香りが大好きです。
どこからともなく匂ってくる香りが大好きです。
春に香るのは沈丁花です。
1気になる話香木
子供の頃、近くの東大構内でよく遊んでいました。
すると何処からともなくとても良い匂いが漂って来るのです。
それが沈丁花でした。
あまりの気持ち良さに次の日小さなシャベルを持って小さなジンチョウゲを無断で一本頂いてきました。
庭に植えた沈丁花は毎年良い匂いを届けてくれました。
ユーミンも「春よ、来い」の中で歌っています。
中国原産で名前の由来は花の香りが沈香に似ていることと、十字型の花が丁子(クローブ)に似ていることに由来しています。
初夏になりますと甘い香りのクチナシ(梔子)が香ってきます。
2気になる話香木
クチナシは住宅の庭だけでなく公園にも植えられているのでよく匂ってきました。
とても好きな匂いでしたので、花屋で花束にして、大好きだった友人の姉に贈りました。
とても喜んでくれたのですが、その後の発展はありませんでした。
悲しいことに最近はあまり匂ってこないのです。
その代わりこの季節には今までなかったジャスミンが匂うようになりました。
3気になる話香木
ジャスミンの香りも大好きです。
初めてジャスミンの香りに包まれたのはフィリピンに旅行した時です。
現地の旅行会社が歓迎のために首にかけてくれました。
またホテルのベッドにも置かれていました。
5気になる話香木
フィリピンのジャスミンはサンパギータと言い国花です。
日本のジャスミンはアジアのものよりも小さいハゴロモジャスミンです。
6気になる話香木
アメリカのシールズ&クロフツが「SUMMER BREEZE」と言う曲の中で「仕事が終わり疲れて家に帰ると愛する妻が料理を作って待っている。
食べ終えた二人に夏のそよ風がジャスミンの香りを運んでくる。
最高の気分。」と言う歌詞があります。
とても良いですね。
秋になると金木犀です。
7気になる話香木
いたるところに植えられているので町中が金木犀の香りに包まれます。
私の思いでは高校時代です。
高校は田舎にありました。
駅からスクールバスが出ていましたが帰りはバスに乗らず畑や雑木林を抜けて駅に向かいます。
秋の夕暮れ農家にうえられた金木犀の香りが忘れられません。
原産地中国では「桂花(グウェイファ)」と呼んで花を砂糖漬けにしたり、リキュールにしています。
冬の匂いは梅ですがとても弱いので梅林などへ行かないと気付きません。
私の子供時代は近くに湯島天神がありましたので冬の冷たい空気の中にほんのり香ったのを覚えています。
梅の中でもロウバイ(蝋梅)は比較的よく匂うので1本でも香ります。
8気になる話香木
この香りが漂うと春が近いことを感じます。
木ではありませんが水仙です。
9気になる話香木
ほのかに香る甘い匂いは紛れもなく春の訪れです。
季節感がなくなりつつある今、季節ごとの香りはとても大事です。

ホームページ www.ravana.jp

コメント

非公開コメント

プロフィール

ravana

Author:ravana
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR