FC2ブログ

石の巡礼 その30(庚申塔6千葉県東葛飾地方)

AA1_0304のコピー
今回は千葉県東葛飾地方すなわち、柏、松戸、鎌ヶ谷、沼南の三市一町と印旛郡白井町にまたがる東西約十二キロ、南北約八キロにわたる地域に散在する特徴のある二臂(二手)の青面金剛が彫られた庚申塔についての話です。
青面金剛は「阿弥陀如来集経」によると4臂でありますが、六臂が一般的です。
稀に二臂、八臂もあります。
東葛飾地方も六臂が多いいですが、この地方独特の二臂の青面金剛が16基あるそうです。
それも元禄10年(1697年)から正徳5年(1715年)までの18年の間に造られています。
容姿ですが頭には、回国僧・遊行僧・修験僧などが冠っていると思われる頭巾状のものを冠っています。
上衣はチョッキ状のものを着ています。
腰から下には山袴又はスカートのようなものを穿き、帯はゴムホース状のものをまとっているのが目立った特徴です。
足にはくびれがあるので、足袋を穿いているのかもしれません。
上部には日月雲、邪気は一匹で子犬のように丸まっており、大人しそうです。
その下には寄進者の名前が彫られ、その下に三猿です。
三猿は向かって左に見猿、聞か猿、言わ猿が、見猿は右を向き、聞か猿は正面を、言わ猿は左を向いています。
猿の横には二鶏が彫られています。
これが一般的で青面金剛の二手が合掌しているものと何かを握っているものに分けられます。
ほとんどが合掌型です。
湘南七庚申塔と同じようにとてもシンプルで決して技巧的ではなく、むしろ稚拙な出来ですが、何かとても心を打たれます。
18年という期間に作られたのでおそらく一人の石工か修験僧、あるいは僧侶が作ったと思われます。
微妙な違いがあるので数人で作った可能性もあります。
16基をみてみたいと思います。
一番古い庚申塔は柏市高柳の交差点にあります。
1柏市高柳1422の交差点1697年(二臂青面金剛)
1697年の造立で典型的な合掌型です。
目がつり上がっているのでキツイ感じを受けます。
すぐ近くの高柳の三叉路に祀られる庚申塔です。
2高柳三差路の庚申塚1697(二臂青面金剛)
1697年で同じ時期に作られました。
この像は合掌しておらず、何かを握っているようですがよくわかりません。
剣かもしれません。
顔はやはり目がつり上がっており、口の周りの豊麗線がはっきりしているので猿のようにみえます。
最初期の像に合掌型と剣持型があることは面白いです。
次の像は白井市折立の熊野神社にある像です。
3熊野神社(二臂青面金剛)1700
1700年建立で典型的な合掌像です。
1702年に造られた松戸市中根にある妙見神社の像は剣持型です。
4妙見神社(二臂青面金剛)1702
右手は剣(矢)ですが左手はショケラのようです。
鎌ケ谷市中佐津間の大宮大神の像です。
5大宮大神(二臂青面金剛)1702
1702年建立の像ですが、邪気が彫られていません。
両手は合掌しており、両足は真っ直ぐに正面を向いています。
松戸市横須賀の正福寺の像は1703年の造立で、大宮大神の像によく似ています。
6正福寺(二臂青面金剛)1703
同じく邪鬼が彫られていません。
合掌しており、口はへの字型です。
松戸市古ヶ崎の鵜ノ森神社の像は同じ年の1703年造立です。
7鵜森稲荷神社1703(2臂青面金剛)
なんとなくのっぺりした顔です。
邪気を踏みつけ合掌しています。
松戸市中金杉にある医王寺の像は目が特徴的です。
8医王寺(二臂青面金剛)1705
彫りが深くつり上がり、まるでウルトラマンのようです。
合掌して邪鬼を踏みつけています。
基壇の三猿は地中に埋れてよくわかりません。
1705年に造られました。
松戸新田の雷神宮の像は合掌型です。
9松戸新田の雷神宮(二臂青面金剛)
保存状態が悪いので顔がよくわかりません。
1706年です。
松戸市松ヶ崎の香取神社は同じ1706年です。
10松戸市松ヶ崎の香取神社(二臂青面金剛)
合掌型ですが顔がはっきりしません。
柏市柏3丁目の柏神社は1707年の造立です。
11柏市柏3丁目の柏神社(二臂青面金剛)
合掌型で口が少し開き歯が見えています。
三猿は簡素化され正面を向いています。
松戸市新作の安房須神社にある像は1708年の造立です。
12安房須神社(二臂青面金剛)1708
目があまり釣り上がっていないので穏やかな顔をしています。
口も少し開き歯が見えます。
合掌して邪鬼の上に立っていますが、ジャキの彫刻が良くありません。
手抜きのようです。
三猿は元に戻っています。
柏市箕輪の香取神社の像は覆屋に入っています。
13香取神社柏市箕輪(二臂青面金剛)1712
とても奇妙な印象を受けます。
原因は目と口にあります。
特に口が大きく開いて歯が見えています。
合掌してジャキを踏みつけています。
1712年の建立です。
柏市塚崎の寿量院の像は1714年に造立された剣持型です。
14寿量院(二臂青面金剛)1714
右手に剣を持ち左手はよくわかりません。
ショケラを握っているのかもしれません。
松戸市上矢切の神明神社の像も剣持型で右手に剣、左手はショケラのようです。
15松戸市上矢切の神明神社(二臂青面金剛)
同じ1714年の造立です。
最後は1715年の松戸市上矢切宝蔵院の像です。
16宝蔵院(二臂青面金剛)
合掌型で初期に戻った様です。
以上とても限られた地域(東葛飾地方)で限られた時間(18年)におけるとても特徴のある庚申塔を見ました。どうしてこの様な像になったのか謎は深まるばかりです。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント

プロフィール

ravana

Author:ravana
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR