FC2ブログ

寺院彫刻 その81(スカンダ)

PANATA160.jpeg
今回はシヴァとパールヴァティーの子供、スカンダの話です。
「アグニが7人の聖仙の妻たちに恋をしたが彼女たちとの不倫を自制していたところ、アグニを恋慕するスヴァーハーが6人の聖仙の妻の姿に順次化けてアグニを誘惑して6回の性交を果たし、その度にアグニの精液をアシュベータ山の黄金の穴に落とした。
14スカンダ
スヴァーハーは非常に貞操の固い7人目の聖仙(ヴァシシタ仙)の妻に化けることは失敗したが、6人の聖仙の妻に化けて実施したアグニとの計6回の性交によってアシュベータ山の黄金の穴からスカンダを誕生させる企みは成功した。
スカンダは6人の精液から生まれたので6つの頭と12本の腕を持ち体は黄金に輝いていた。
スカンダの名前は「スカンダ=落とされた」からつけられた。
やがてスカンダがシヴァ派のヒンドゥー教に吸収されると、アグニとスヴァーハーが性交している時にシヴァがアグニに乗り移り、同様にパールヴァティーがスヴァーハーに乗り移っていたので、スカンダはシヴァの息子であると解釈された」という少し強引な解釈ですが、それだけ人気のあった神だということです。
13スカンダ
スカンダはあまりに強いため軍神インドラに替わって新たな神軍の最高指揮官となります。
一方戦争以外の事は考えておらず、女性も近付けず、自分の神殿に女性が入ることすら拒む面もあります。
しかしカウマーリまたはデーヴァセーナという妻・パートナーがいる場合もあります。
乗り物(ヴァーハナ)は孔雀、カルティケーヤ、ムルガン、クマーラなどの名前があります。
古いものではマトゥラーの博物館にグプタ時代のスカンダがあります。
1Mathura
デリー博物館にも6世紀の孔雀に乗るスカンダがあります。
1 6世紀デリー博物館
南インドのバーダーミ石窟(6世紀後半)に孔雀に乗るスカンダの彫刻があり、柱にも彫刻されています。
2badamicave1-2
3badamicave1
ELEPHANTA(6世紀)のスカンダは孔雀と一緒に立っています。
4E-CAVE21017
アイホーレのHUCHIMALLI GUDI寺院(7世紀)の天井に、飛天に囲まれたはすばらしいスカンダの彫刻があります。
5Hucchimalli Gudi
インドのブヴァネーシュヴァルの寺院ではParsvadevataと言って、壁龕の北にドゥルガー、西にカルティケーヤ(スカンダ)、南にガネーシャが彫刻してあります。
したがってブヴァネーシュヴァルの寺院には優れたスカンダの彫刻がたくさんあります。
SATRUGHNESHWAR寺院(7世紀初め)は崩壊が激しい寺院ですが奇跡的にスカンダの彫刻が残っています。
6SATRG010
同じ時代のPARASURAMESHWAR寺院(7世紀中頃)のスカンダは最高傑作です。
7PARASU055
MOHINI寺院(7世紀後半)のスカンダは惜しいことに顔が壊れています。
8MOHINI011
ブヴァネーシュヴァルのスカンダについては寺院彫刻Parsvadevataのところで見ていきたいと思います。
カルナータカ州のGovindanahalliにあるHOYSALA寺院(12世紀)のスカンダは立派な孔雀に乗っています。
11Govindanahalli-045.jpg
TAMIL NADU州TANJAVURのBRIHADISHVARA寺院(11世紀)のスカンダも立派な孔雀に乗っています。
12BRIHADISHVARA(TANJAVUR).jpg
スカンダはカルティケーヤ、ムルガン、クマーラ、スブラフマニヤなどと呼ばれインド全土で崇拝されています。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント

プロフィール

ravana

Author:ravana
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR