FC2ブログ

映画の話 その84(アリゾナドリーム)

114プルギウォ
今回は奇才エミール・クストリッツァ監督のアリゾナ・ドリームです。
アリゾナ1
まず出演者です。
シザーハンズで強烈な印象を残したジョニー・デップ、子供時代に見たディーン・マーティンとのコンビで一世を風靡したコメディ俳優のジェリー・ルイス、アメリカンニューシネマの代表作「俺たちに明日はない」のヒロイン、フェイ・ダナウェイ、一度見たら忘れられない、リリ・テイラー、「バッファロー66」でブレイクするヴィンセント・ギャロたちの素晴らしい演技とキャスティングの妙です。
子供の頃に両親を失ったアクセル(ジョニー・デップ)はアリゾナでキャディラックを売る叔父レオ(ジェリー・ルイス)に育てられたが、今はNYで漁業局かなにかの魚に標識をつけて数や成長を監視する仕事をしている。
アリゾナ3
そんな彼のもとに叔父レオの使いで俳優志願のポール(ヴィンセント・ガロ)がやってくる。
レオが若い女性ミリーと結婚するので、立会人になって欲しいというのだ。
アクセルは拒絶するが、眠っている間にアリゾナに連れてこられてしまう。
ひさしぶりにやってきたアクセルに、レオは社会への統合、レオ流のアメリカン・ドリームの世界へ誘う。
アリゾナ2
つまりキャディラック・ディーラーとなって叔父を手伝い、そしていずれは仕事を継ぐことだ。
キャディラックのセールスを始めたアクセルのところにやってきたのは夫を射殺したらしい未亡人のエレイン(フェイ・ダナウェイ)と義娘のグレース(リリ・テイラー)。
2人の女性は互いに愛憎こもごもの感情を持っていたが、アクセルはエレインの愛人となり彼女の夢「空を飛ぶこと」を実現しようとする。
アリゾナ8
義娘のグレースは嬉しくはなかった。
彼女の方は自己破壊的で自殺願望を持ち、亀になることを夢みていた。
レオの若い新妻ミリーから連絡があった。
レオが自殺を計ったのだ。
彼のドリームは打ち砕かれてしまったのだろう。
アクセルは駆け付けるが、救急車の中でレオは息を引き取った。
アリゾナ7
そんな中アクセルは次第にグレースに惹かれてゆく。
エレインの40歳の誕生日、グレースは義母エレインに飛行機をプレゼントした。
アリゾナ4
その飛行機に乗って飛び回るエレイン、この時アクセルとグレースの愛は決定的なものになる。
しかしグレースは飼っていた何匹もの亀を草原に逃がし、用意した白いドレスを着ると拳銃を持って雨の降りしきる中、外に出ていく。
エレインとアクセルが気付いて追いかけるが、彼女は自らに向けて拳銃を発砲した。
そのとき雷が落ちてエレインの飛行機を破壊する。
アリゾナ5
以上があらすじです。
はじめからエミール・クストリッツァ全開です。
サボテンはレオの自宅の庭だし、とてもリアルなエスキモーはアクセルの夢だし、上下に尻尾を振って泳ぐオヒョウは普通の魚のように泳ぐし、出てくる動物の使い方がクストリッツァです。
グレースのストッキングで首吊り自殺するシーン、素人演芸大会で見せるポールの「北北西に進路を取れ」のケーリー・グラントのモノマネとその前に出演した女性の演技などエミール・クストリッツァのセンスが光ります。
一方ピストルが出てくるシーンではものすごい緊張感を作り出します。
音楽はグレースのアコーディオンが最高です。
まるでアキ・カウリスマキです。
アコーディオンを弾くグレースを見るだけでもこの映画の価値はあります。
もちろんイギー・ポップの音楽も素晴らしく、BESAME MUCHOのノリは最高です。
イギーポップ
この映画の最大の収穫はグレースのリリ・テイラーです。
エミール・クストリッツァはすごい。
イギー・ポップは不滅です。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント