FC2ブログ

石の巡礼 その25(庚申塔)

AA1_0300のコピー
庚申塔とは庚申信仰に基づくもので、この信仰は平安時代に貴族社会で始まり、室町時代から武士階級に広まり、江戸時代に庶民の間で大流行しました。
庚申信仰の庚申(かのえさる、こうしん)とは干支(かんし、えと)すなわち十干・十二支の60通りある組み合わせの1つであります。
中国の道教では人に潜む三尸(さんし)の虫は庚申の夜、人が眠りにつくと天に昇り、天帝にその罪を告げ、天帝は罪の軽重に応じてその人の寿命を決めて行くと言われています。
ちなみに三尸の虫とは上尸は頭、中尸は腹、下尸は足に潜んでいます。
1三尸の虫
そしてこの三尸が抜け出さないように寝ないで夜を守れば長生きが出来ます。
それが全国的に広がり各地域で講が出来るようになります。
村人や町人が集会所などに集まり詠歌や念仏を唱えて朝が来るのを待ちます。
これを庚申待ちと言います。
そのうち食べ物やお酒を持ち寄って酒宴が始まるようになったと思われます。
禁忌事項もあります。
この日は洗濯、裁縫、夜業、髪結い、山や漁に出ること、夫婦の営み、なども禁止です。
庚申の日は60日ごとに回ってくるので年に6回ありますが、年によっては5回、7回のときもあります。
3年間に18回庚申待ちをおこなうと庚申供養のため石塔を造立しました。
これが庚申塔です。
庚申塔には文字だけのものと神や仏を彫ったものがあります。
一番ポピュラーなものは青面金剛を主尊として彫ったものです。
青面金剛は阿弥陀如来集経・第九によると三眼の憤怒相で四臂、それぞれの手に、三叉戟(三又になった矛のような法具)、棒、法輪、羂索(綱)を持ち、足下に二匹の邪鬼を踏まえ、両脇に二童子と四鬼神を伴う。一般には、足元に邪鬼を踏みつけ、六臂(二・四・八臂の場合もある)で法輪・弓・矢・剣・錫杖・ショケラ(人間)を持つ忿怒相で描かれることが多いとあります。
2青面金剛
これらの儀軌を備えた庚申塔はあまりありません。
その中でもこれらの条件を満たした保存状態の良い庚申塔があります。
埼玉県にある吹上観音の境内にある庚申塔は3段になっていますが全て掘られています。
3吹上観音1
まず青面金剛です。
庚申塔の上部には日輪と月輪が左右に彫られています。
顔は1面で忿怒相です。
6臂で法輪・弓・矢・剣・錫杖(三叉戟)・ショケラ(人間)を持っています。
4吹上観音2 4青面金剛
持ち物の中で気になるのがショケラで上半身裸の女人像で頭髪をつかんでぶら下げられています。
この正体はよく分かりませんが髪を吊るされているので良いものではないと思われます。
足下の邪鬼は左右一匹ずつで2匹です。
仏像図彙によると二童子は右方童子(香炉を持つ)、左方童子と呼ばれ、正確に掘られています。
5吹上観音  

四鬼神(夜叉)は赤い是世滅法鬼神、青い諸行無常鬼神、黒い生滅滅巳鬼神、肉色の寂滅為楽鬼神です。
残念ながら石造のため色はついていませんが仏像図彙に近い内容で左右に2体づつ彫られています。
6吹上観音 7吹上観音
8−1是世滅法 8−2諸行無常
8−3生滅滅巳 8−4寂滅為楽
下部には朝鶏が鳴くまで続けるという意味と申の次の日すなわち酉の日になるまで籠るという意味でオス・メスの二鶏が彫られています。
9吹上観音
さらに見ざる・言わざる・聞かざるの三猿が彫られています。
10吹上観音
この関係は江戸時代に庚申信仰と比叡山の山王信仰が結びつき山王権化の使者が猿ということと、三猿を三尸の虫になぞらえ、「見ざる・言わざる・聞かざる」で、天帝に罪を報告させないという意味で彫られたようです。
庚申信仰は江戸時代に爆発的に流行し全国に広がりました。
従って多種多様のバリエーションの庚申塔が作られました。
あなたの住んでいるすぐそばにもひっそりと庚申塔は祀られています。

ホームページ  www.ravana.jp


コメント

非公開コメント