FC2ブログ

寺院の彫刻 その77(東南アジアのドゥルガー)

1PANATA153
東南アジアに伝播したドゥルガー・マヒシャスラマルディニーを見てみます。
カンボジアに素晴らしい像があります。
アンコールの至宝バンティアイ・スレイ寺院(10世紀)の第一塔門の破風にあります。
1SREI097
クメール式の宝冠にサンポット、8臂ではっきりしませんが尻尾を持ち足で踏みつけ、水牛から出てきたところを蛇で縛り上げ三叉戟を突き刺している様に見えます。
隣にはシンハ、下には左右に侍女が彫られています。
桃色砂岩に厚肉彫で彫られた素晴らしい彫刻です。
この他、寺院彫刻は見つかりませんでしたが、彫像は見つかりました。
カンボジアの特徴は台座に水牛が線彫りなどで彫られ、その上に多臂の女神が彫られているのでドゥルガーとわかります。
2マヒシャ7世期(南ベトナム)
隣のタイでは見つかりませんでしたが、ベトナムのチャンパ遺跡で見つかりました。
ニャチャンにあるポーナガル寺院(8〜13世紀)の破風に彫刻されています。
3ポーナガル(PO NAGAR)
4臂でチャクラと蓮、ヴァシュラを持っています。
そして右足で可愛い水牛を踏みつけています。
左右にはミュージシャンです。
3ナガル030
寺院に彫刻されているドゥルガー像は他にありませんが、博物館には保存されています。
中部ベトナムのダナン市から南に60km行ったところに、11〜12世紀に建立されたチェンダン遺跡があります。
4チェダン2
遺構群は三つの祠堂からなり、基壇は砂岩で出来ており、ダンサー、ミュージシャン、兵士などが彫刻されています。
境内の一角に出土品を集めたミュージアムがあり、ここから発掘された「水牛の魔神を殺す女神」像が展示されています。
4チェダン042 2
女神は6臂で片足を曲げ片足は伸ばして水牛を踏みつけています。
水牛の身体の部分は破損していますが頭の一部は残っています。
左右に侍女が彫刻され左側の侍女は壺のようなもの持ち、右側の侍女は合掌しています。
素晴らしい像だと思います。
同じく中部ベトナムにあるビンディン遺跡群の雁塔(THPOHAN)へ行きます。
雁塔001
11世紀に建立され、丘の上に建っています。
内部の壁に立てかけられたマヒシャスラマルディニーの彫刻があります。
雁塔012
おそらくポーナガルの様に入口上部に設置されていたものだと思われます。
ポーナガルととてもよく似ています。
ダナンの街の中にあるチャム彫刻博物館はフランスが建てた素晴らしい博物館です。
チャムの至宝がオープンエアーの風通しの良い展示室に並んでいます。
何時間いても飽きません。
ここには数点のドゥルガー像が展示してあります。
5チャム彫刻博物館1
6チャム彫刻博物館2
7チャム彫刻博物館3
インドネシアはドゥルガーの宝庫です。
ジャワ島中部のジョグジャカルタへ行きます。
7〜8世紀の古いジャワのヒンドゥー寺院は一定の規律で作られています。
まず東正面左右には門神ドゥパラパーラが、南面にはグル(シヴァ自身)、西面にはガネーシャ、北面にはドゥルガーが壁面に彫刻されています。
残念なことに現在完全に残っている寺院はあまりありません。
奇跡的に8世紀に建立されたゴドン・ソンゴ寺院の第3寺院に残っています。
8ゴドンソンゴ
火山の斜面に5つの小さな寺院が建っています。
ドゥパラパーラもグルもガネーシャもドゥルガーも保存状態はかなり悪いですがなんとか分かります。
8臂で水牛の上に立ち、水牛の首からマヒシャが出てきた様子がわかります。
8ゴドンソンゴ2
もう一つサンビサリ寺院(9世紀前半)にあります。
1966年、地元の農民が農作業中に、偶然、彫刻が施された石片を掘り当て、同寺院の発見に至りました。
9SANBISARI001
発見当時、サンビサリ寺院は地下6.5mに埋まっており、これは11世紀に起こったとされるムラピ山大噴火の影響ではないかと考えれられています。
そのため保存状態が非常に良いのです。
北面のドゥルガー像はしっかり残っています。
9SANBISARI012
寺院彫刻ではありませんが、LOROJONGGRANG寺院のシヴァ堂に素晴らしいドゥルガーの彫像が安置されています。
この寺院も内部の南面にグル、西面にガネーシャ、北面にドゥルガーの像が安置されています。
とても気品のある精巧な像で8臂の手には、水牛の尻尾、弓、剣、チャクラ、法螺貝、盾、弓、を持ち、従者の頭に手をのせています。
10LOLO058 2
おとなしい水牛の上にトリバンガの姿勢で立っています。
宝冠やアクセサリーも素晴らしく高貴な感じがします。
王女のポートレートスタチューとも言われています。
東ジャワのMALANGの近くにあるBADUT寺院(8世紀)の北側壁龕に頭部の欠けたドゥルガーが彫られています。
11BADUT001.jpeg
8臂で保存状態の悪い水牛の上に立っています。
11BADUT018.jpeg
博物館には沢山のドゥルガー像があります。
その中でもオランダのライデン博物館にあるSINGOSARI寺院にあったドゥルガー像は素晴らしい出来です。
12マヒシャスラマルディニー(ライデン博物館)
とてもたくましく、着衣は薄く、インドのサルナート派のようです。
インドネシアの博物館にはたくさんのドゥルガー、それも8割以上がマヒシャスラマルディニーの彫刻があります。
ドゥルガー・マヒシャスラマルディニー像は東南アジアに伝播し、特にインドネシアにおいてヒンドウー寺院にはなくてはならない彫刻でした。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント