FC2ブログ

石の巡礼 その23(常総の大日如来石仏)

AA1_0298のコピー
茨城県の南部にはとても変わった大日如来の石仏があります。
下妻・土浦・龍ヶ崎・常総あたりに分布し、全てが寛永期(1660年代)に彫られました。
この大日如来石仏はタイプの違う3種類に分けられます。
一つは胎蔵界大日如来で窪んだ両目と大きい鼻が特徴です。
もう一つは金剛界大日如来で鼻が高く立派に刻まれますが目や口は小さいのが特徴です。
三つ目は三尊形式で中央に天蓋と宝冠を戴く金剛界大日如来が蓮華座に座し、向かって左に火焔光に包まれた不動明王立像を、右に火焔光背を持つ三面六臂明王立像(降三世明王か)を彫刻する大日三尊です。
謎がいっぱいで特に胎蔵界大日石仏は全て法界定印の胎蔵界大日如来を刻み、大きな鼻と蓮華座、さらに蓮華座の下の三角紋様は全てに共通で全て一人の作者が彫ったように思われるほどよく似ています。
1つくば市西岡研修センター(胎蔵) 1−2つくば市島名686―1 入坪公民館
上部に線彫りの天蓋をつけ、左右に日輪・月輪を刻みます。
寛永2年(1625年)から8年に集中して作られ、9年以降は見つかっていません。
プリミティブで稚拙ですが、とても魅力的です。
とてもプロの石工が作ったとは思われず、銘の中に「湯殿山」の文字が見えるところから、湯殿山系の修験者が彫った可能性が高いと思われます。
大日如来石仏の中ではこの胎蔵界大日如来が約8割を占めます。
金剛界大日如来石仏はもっと複雑で水芭蕉の様な光背がつけられ、着衣は修験者のようで、右手上の智拳印、足は組んでいます。
2つくば市百家 観音寺(金剛) 2−2つくば市大曽根 根本運送裏
顔は鼻が高く立派に刻まれるが目や口は大きくありません。
上部には日輪・月輪を刻みます。
制作は素人ではなく石工と思われます。
大日三尊石仏は約10年遅れて出現します。
中央に天蓋と宝冠を戴く金剛界大日如来が智拳印を結び蓮華座に座し、向かって左側に火焔光に包まれた不動明王、右に火焔後輩を持つ三面六臂の降三世明王が彫られています。
3常総市本石下(三尊)のコピー 3−2つくば市上菅間(古宇田家)(三尊)
これらの像を見に行きますと、現在は宅地造成が盛んになり、焼失したり、移動させられています。
ある像はお寺に他の石像と共に祀られていたり、地区の集会所やセンターに保存されていたりします。
神社に祀られている像は下部を土に埋められ、場合によっては石や藁で龕を作り祀られています。
4つくば市吉瀬 鹿島神社 裏山(胎蔵)のコピー 5つくば市上広岡114番 八幡神社裏山のコピー
当時はどの様に祀られていたのかよくわかりません。
これらの像は大日塚と呼ばれる土が盛り上がった所から見つかる場合が多いのでこの塚の上に祀られていた可能性があります。
6牛久市島田町2116 大日塚(胎蔵) 6−26牛久市島田町2116 大日塚(胎蔵)のコピー
その時、龕を作り祀られていたかどうかはわかりません。
地域によっては「アナグラ様」と呼ばれ龕を作り、ほとんど埋められ、その上を簀の子で覆って祀っている場合もあります。
7つくば市平 鹿島神社(胎蔵)のコピー 7−27つくば市平 鹿島神社(胎蔵)のコピー
しかしこのような祀り方がいつまで続くか心配です。
像が綺麗にされていたり、供物が捧げられているのを見るとまだ安心です。
人がほとんど立ち入らない薄暗い神社の裏山で、まだ新しい竹で作られた「アナグラ様」を見つけた時やの嬉しさは格別です。
氏子さん達に感謝です。

ホームページ  www.ravana.jp


コメント

非公開コメント