FC2ブログ

音楽の話 その71(CITY-LAST TIME AROUND)

ガンジーファ - 096
私の友人にラジオ局でアルバイトをしている者がおり、私が「はっぴいえんど」が大好きなことを知っていました。
ある日、彼女から電話があり、「はっぴいえんど」の解散コンサートがあるが行くかと夢のような知らせがありました。
文京公会堂に開演1時間前に来て私の名前を言えば裏から入れてくれるとのことでした。
1973年9月21日、友人と二人で小雨の中、文京公開堂へ向かいました。
1CITY-LAS
1時間前に着きましたがもう長蛇の列です。
入り口で友人の名前を言うと友人が来てすぐに入れてくれました。
当日は自由席だったのか関係者の席だったか忘れましたが、中央の一番良い席に二人で座りました。
すでにアドレナリン出まくりです。
このコンサートは「はっぴいえんど」の所属事務所である風都市が所属のミュージシャンのお披露目を兼ねており、3部構成になっていました。
第1部は、「はっぴいえんど」のメンバーがプロデューサーを務め、風都市がこれから売り出そうとする南佳孝、吉田美奈子、西岡恭蔵、ココナツ・バンクが、第2部では、「はっぴいえんど」のメンバーがそれぞれ取り組み始めていた新しい音を披露し、ココナツ・バンクやシュガー・ベイブを率いた大滝詠一、松本隆によるムーンライダース、細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆からなるキャラメル・ママが、そして第3部が「はっぴいえんど」の解散ライヴでした。
第1部では1番最初に登場した松本隆がプロデュースした南佳孝が強烈な印象を与えました。
2CITY-LAS
古きニューヨークとハリウッドとヴァン・ダイク・パークスをミックスした曲に南佳孝のボーカルがとてもよく合います。
今までにない日本の音でした。
吉田美奈子も良かったのですが、西岡恭蔵に惹かれました。
普通はあまり興味がない曲ですが西岡恭蔵本人に惹かれたのだと思います。
3CITY-LAS
余談になりますが西岡恭蔵のプカプカは傑作です(浅川マキのヴァージョンも良い)。
そのほか大瀧詠一のバックコーラスに参加していたシュガーベイブに興味を持ちました。
4CITY-LAS
その後発売になった「SONGS」は私のフェイバリットアルバムになりました。
ムーンライダーズもスタジオミュージシャンになったキャラメルママも素敵でした。
そしていよいよ「はっぴいえんど」です。
「はっぴいえんど」のライブは初めてでこれが最後です。
4人は気負いなくダラダラっとステージに出てきました。
座り直しステージに釘付けです。
6CITY-LAS
譜面台の譜面を見ながらの演奏は印象的でした。
アレンジもファンクぽく鳥肌が立ちました。
特に興味があったのは松本隆のドラムです。
プロコルハルムのB.J.ウイルソンに影響されたドラミングが見たかったのです。
最高でした。
他の3人も最高です。
5CITY-LAS
最後に大瀧詠一が「この4人でしかできない曲をやります」と言ってかくれんぼが始まった時には涙が出ました。
その歴史的なコンサートが詰まったアルバムです。
この時間を共有できたことに感謝です。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント