FC2ブログ

MEMORIES 1964年秋

思い出表紙のコピー
僕は友人と後楽園アイスパレスにいた。
リバプールから来たバンド「リバプール・ビートルズ」を見るために。
僕の家から後楽園までは歩いて20分ほどで行ける。
当時後楽園には遊園地の他に競輪場、野球場と卓球場、アイススケート場、ローラースケート場があった。
子供のころはジェットコースターがとても怖いけど好きだった。
ここでトラウマになった乗り物がある。
名前は「ロケット」が付いたような気がする。
これは卵を半分にしたようなカプセルに一人か二人乗り、それが隣り合わせに前後についている。
これで卵形になる。
それがもう一つ180度反対側にもう一つついている(カプセルが計4個)。
それがアームで繋がれていて地面に垂直になる。
したがって下のカプセルに人が乗るときにはもう一つのカプセルは真上にある。
この瞬間もとても怖いがさらに真下に降りながらカプセル自体も回転する。
カプセルの反対側(後側のカプセル)の人は後ろ向きのまま垂直に降りて行き、垂直に上る。
これがとても恐ろしい。
しかも回転しながら。
すごいスピードで縦に何回も回ると次第に回転が水平になっていく。
しかもカプセル自体が回転しながら。
もう恐怖のどん底である。
しかし不思議なもので遊園地に行くたびに乗りたくなる(怖くて乗らないが)。
さてリバプール・ビートルズだがビートルズに夢中な僕達にとってビートルズと名前がつけばなんでもOKである。
東京ビートルズは流石にバカにしていたがリバプールである。
聖地リバプールである。
期待は高まる。
あまり覚えていないがその他にも海外からのロックバンドが出た気がする。
日本からもブルージーンズや東京ビートルズ、内田裕也などが出たと思う。
しかし確かな記憶はリバプール・ビートルズだけである。
それも彼らの演奏能力の高さ、歌のうまさ、出す音の凄さなどに驚いた。
僕らにとってはビートルズであった。
後から聞いた話だが、馬鹿にしていた共演の日本のミュージシャンや聞きに来たミュージシャン達は一様に彼らの実力に度肝を抜かれたそうだ。
実はリバプール・ビートルズというバンド名は日本のプロモーターが勝手につけたもので、本当の名前はリバプール・ファイブと言い、向こうでは結構名前の通ったバンドであった。
liverpool_beatles.jpg
そして使用していた機材もビートルズと同じものであった。
あと覚えているのは帰りにアイスパレスの隣にあったホットドッグ・スタンドで興奮しながらホットドックを食べたことである。
ここはパンにソーセージだけが挟んであり、刻んだオニオンとピクルスを自分でのせて、マスタードとケチャップをかける本格派である。
おそらく球場があるためにアメリカを模して作られたと思う。
この日の思い出は初めて行ったコンサートとホットドッグである。
この後ベンチャーズが来日して大エレキブームが起こる。
このアイスパレスではその後も度々コンサートが開かれた。
思い出にあるのはアニマルズである。
アニマルズも素晴らしかった。
エリック・バートンのボーカルもすごいが、キーボードのアラン・プライスに驚いた。
なんと寝ながらオルガンを引いていた。
この後グループ・サウンズブームが来る。
後楽園には野外ステージがあり、ここに色々なグループがやって来た。
入園料を払えば誰でも見れる。
熱狂する女の子の後ろで冷静に見ていた僕ら。
特にスパイダーズが好きでよく見に行った。
後楽園球場はその後、有名ミュージシャンがステージに立った。
記憶にあるのはグランドファンク・レイルロードとエマーソン・レイク・アンド・パーマーである。
あまり人は知らないが後楽園は隠れたロックの聖地である。
♣︎5のコピー

ホームページ www.ravana.jp

コメント

非公開コメント