FC2ブログ

気になる話 その30 機那サフラン酒本舗の鏝絵蔵

27sannti.jpeg
今回は新潟県の長岡市に鏝絵(こて)を見に行きました。
鏝絵とは左官が壁を塗る鏝で絵を描いたものです。
江戸時代中期から徐々に盛んになり、静岡県松崎町出身の名工、入江長八が鏝絵として芸術の域にまで昇華させました。
もとは財を成した豪商や網元が母屋や土蔵を改築する際、富の象徴として外壁の装飾に用いたものです。
題材は福を招く物語、花鳥風月が中心です。
戦後、在来工法の衰退と共に腕利きの左官職人が減少し一時は幻の技巧となりましたが、近年、建築の分野で再評価が進んでいます。
静岡県松崎町や大分県安心院では町のいたるところで鏝絵が見られます。
今回の機那サフラン酒本舗の鏝絵は保存状態も良くその美しさで日本一の鏝絵と言われています。
1safuran
機那サフラン酒は明治時代、養命酒と人気を二分した薬用酒でサフラン、はちみつ、桂皮、丁子、甘草などが入っています。
2サフラン酒
このサフラン酒で巨万の富を得た吉澤仁太郎が鏝絵で飾られた蔵を広大な敷地に建てたのです。
そして知人の伊吉を左官職人にして富士に修行に出し、蔵の鏝絵を任せました。
伊吉は期待に応え、蔵の扉に十二支、鳳凰、麒麟、大黒、恵比寿など縁起物で飾りました。
それが素晴らしい出来なのです。
それでは見学します。
3safuran.jpg
まず目につくのは2階の窓の左右の鳳凰です。
4鳳凰1 5鳳凰2
珍しいのはその上の軒下にも左右に龍が彫られています。
6屋根
1階には麒麟と亀と亀です。
7キリン 8カメ
側面に回ります。
9側面
2階は窓が3つあり左右は片開きで真ん中は観音開きです。
左の窓はイノシシです。
10イノシシ
植物はよくわかりませんがガマの穂にも見えます。
中央観音開きの左側は虎と竹、右はネズミです。
11トラ 12ネズミ
右の窓は牛と梅です。
13牛
1階は左の窓が観音開きで左側は馬と桜、右が犬と牡丹、
14ウマ 15ネコ
右の片開きは羊です。
16ヒツジ
入口の2階です。
17入り口
観音開きは左に鶏に菊、右側はウサギと松です。
19トリ  18ウサギ
1階は母屋とつながっているので屋内です。
右側の観音開きの窓の左側には鶴と亀、左側には鶴と松です。
20ツルカメ 21ツルと松
蔵の入口の扉左側は恵比寿、右は大黒です。
22恵比寿 23大黒
蔵の中には創業当時から現代にいたるまでの関連商品が展示されています。
当時の広告やポスターがあり、近年は同郷の三波春夫を宣伝に使っていたようです。
24三波春夫
吉澤仁太郎はその財力で日本中から貴重な石や木材を取り寄せ、素晴らしい庭園や日本家屋を建てました。
全く手入れをしていなかったのでかなり痛んでますが、現在地元のボランディアの方々が修復をしています。
26母屋
機那サフラン酒本舗の鏝絵蔵は吉澤仁太郎の財力と伊吉の感性と技が生み出した日本が誇る文化です。
度重なる地震に耐え今も誇らしげに立っています。
しかし屋外にあるため保存が心配です。

ホームページ  www.ravana.jp


コメント

非公開コメント