FC2ブログ

食べ物の話 その24(牡丹鍋)

127スマル
私は猪鍋が大好きです。
12月から3月にかけては特に美味しくなります。
6牡丹鍋
イノシシに肉は硬い、くさいなどと言われますが、それは新鮮でないイノシシだと思います。
新鮮なイノシシは臭みはありません。
硬くはなく適度な弾力はあります。
豚肉程度に。
牛肉と比較して低カロリー、高タンパクで鉄分が多いのが特徴です。
また血中コレステロール値を上げる飽和脂肪酸の含有量が牛肉の半分以下で、血液をサラサラにする多価不飽和脂肪酸は1.5倍含んでいます。
でもそんなことより、美味しいから食べるのです。
12イノシシ
ここで注意しなければならないのはブタにイノシシを掛け合わせたイノブタです。
イノブタはそれはそれで美味しいのですが、脂肪が少なくあっさりしているので豚肉に近く物足りません。
肉の美しさも違います。
牡丹鍋と言われるように、脂身と赤身のバランスが絶妙でお皿に盛るととても綺麗で食欲をそそります。
特に花のように盛り付けると最高です。
1牡丹鍋
いまでは日本全国、ジビエブームで野生のイノシシを食べさせるお店がいっぱいあります。
特に兵庫、京都、岐阜、神奈川、伊豆などが力を入れております。
わたしは東京に住んでいるので神奈川の大山の方に食べに行きますが、イノブタが多いです。
牡丹鍋は新鮮さが決め手なのでできれば猟師さんの民宿とか猟師さんから直接買っている民宿、旅館がオススメです。
関西の方では高級料理店でも出しますが、サービス料を15%もとる一流の店は敬遠です。
鍋は仲居さんにしてもらうのではなく、みんなで突っつきあって食べるのが最高です。
3牡丹鍋
鍋は味噌か醤油ベースで食べます。
どちらも美味しいです。
味噌は赤でも白でも合わせでも美味しいです。
猟師さんの民宿ではイノシシの骨で出汁を取るので特に美味しくなります。
野菜は何でも良いのですが、根菜の、ゴボウ、人参、大根、ネギ、白菜、春菊、水菜、エノキ、椎茸、コンニャク、トウフなどです。
5牡丹鍋
卵をつけて食べるところもあります。
締めの第一弾は残ったスープにうどんを入れてまず食べます。
第二弾はご飯と卵を入れ、オジヤにするか卵とじの状態でご飯にかけるかです。
これでもうお腹いっぱいです。
冬、旅行する機会があったらそこの旅館か民宿で牡丹鍋をやっているか調べます。
また牡丹鍋を食べさせる料理屋がある場合はビジネスホテルに泊まり食べに行きます。
牡丹鍋が食べたくなったら伊豆へ行きます。
天城には猟師さんがやっている民宿があるので一泊で温泉に入り、たらふく牡丹鍋を食べて帰ります。
中伊豆は楽しい所で、イノシシだけではなく、素晴らしい温泉があります。
修善寺や湯ヶ島など歴史のある温泉場は雰囲気が素晴らしく、散歩をするのに最適です。
湯ヶ島は井上靖が少年時代を過ごした所で「しろばんば」の舞台です。
いまでも小説になった場所が保存され、モデルコースもあるので巡るのも良いでしょう。
修善寺は老舗高級旅館がひしめき合い、散策するのが楽しい場所です。
ここでとても特徴のある屋根が見えます。
修善寺ハリストス正教会・顕栄聖堂です。
11イノシシ
一見の価値があります。
冬の温泉と牡丹鍋、最強の組み合わせです。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント

プロフィール

ravana

Author:ravana
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR