FC2ブログ

映画の話 その57(キリングフィールド)

87サクトレム
アンコールワットに行きたい症候群に罹患していた私にとって、映画のキリング・フィールドは喉から手が出るほど見たい作品でした。
キリングフィールド6
1986年当時カンボジア入国は夢のまた夢でした。
1970年代カンボジアを支配していたポルポトのクメール・ルージュが1978年にベトナムに侵入し、バチューク村の住民を虐殺したことにより、始まったカンボジア・ベトナム戦争は、圧倒的な力を持ったベトナム軍がカンボジア領内を進み、わずか半年でプノンペンを占領し、1979年にポルポト政権を追放しました。
そして親ベトナムのヘンサムリンが誕生するのです。
キリングフィールド2
ところが問題はさらに複雑化して反ベトナム派の人たちが出てくるのです。
もともとカンボジア人のベトナム人に対する感情は良くありません。
そしてベトナムのバックにはソ連、カンボジアのバックにはアメリカがいるので大変です。
さらにゲリラ化したクメール・ルージュをタイが後押しするため、めちゃくちゃです。
そんな状態なのでアンコールワットなどに構ってはいられません。
しかし新ベトナム政権が続くうちにカンボジア人のアイデンティティーであるアンコールワットを目玉に、昔のように観光国家を築こうと思い始めます。
キリングフィールド3
それには遺跡の修復と安全を確保しなければなりません。
こうして遺跡周囲のクメール・ルージュ一掃作戦が始まりますが、タイ政府をバックにしたクメール・ルージュはなかなか引き下がりません。
しかし1987年ごろから安全が一部確保されたため観光再開が始まりました。
そして1988年に日本でも団体旅行に限り、観光が許されます。
そして1988年末に私の夢のカンボジア旅行が決まったのです。
詳しくは巡礼その4カンボジアに書いてあります。
キリングフィールド4
前置きが長くなってしまいましたがキリング・フィールドはニューヨーク・タイムズ記者としてカンボジア内戦を取材し、後にピューリッツァー賞を受賞したシドニー・シャンバーグ(Sydney Schanberg)の体験に基づく実話を映画化したものです。
時期はクメール・ルージュが全土を支配し、プノンペンに入ってくる少し前です。
アメリカ人ジャーナリストのシドニー・シャンバーグと、現地の新聞記者であり通訳でもあるディス・プラン(カンボジア人)はカンボジア内戦を取材しています。
キリングフィールド5
しかし、カンボジア内戦はポル・ポト率いるクメール・ルージュが優勢となり、アメリカ軍が撤退を開始します。
この時、シャンバーグはプランの一家をアメリカに亡命させようとしますが、プランは仕事への使命感から妻子のみをアメリカに逃がし、自分はカンボジアに残ることを決意するのです。
そして、シャンバーグとプランは取材活動を続けていきます。
やがて、カンボジアは完全にクメール・ルージュに支配され、シャンバーグたちはフランス大使館に避難します。
シャンバーグや他社の記者は、外国人であるから帰国により逃れることができるが、カンボジア人であるプランは逃げることができません。
そこで、シャンバーグらはパスポートを偽造してプランをアメリカに亡命させようと画策しますが、粗悪な印画紙に焼き付けたため、偽造パスポートの写真の画像が消えてしまい、プランを逃すことに失敗します。
そのためプランはフランス大使館を出ることを余儀なくされ、クメール・ルージュの支配する集団農場サハコーへと移送されてしまいます。
ここからクメール・ルージュの支配下の信じられない生活が始まります。
そして奇跡的に脱出をしてタイの難民キャンプに保護されます。
一方シャンバーグはアメリカに戻り、ピューリッツァー賞を受賞しますが、プランを捨てたと自責の念に駆られます。
そしてあらゆる情報を使ってプランを探し、ついに難民キャンプで再会するのです。
初めから終わりまで息もつけないスリルの連続です。
私が初めて行った88年のプノンペンの街は静かで、車はほとんど走っていません。
オートバイもです。
プノンペン008
オープンエアーの食堂に入ると地雷で手足を無くした若い物乞いがたくさん集まってきます。
それでも市場は活気があり、子供の澄んだ美しい瞳に救われる思いでした。
この映画は私たちの知らない時期のカンボジアの状況を克明に教えてくれます。
クメール・ルージュの殺戮によって殺害されたカンボジア人は120〜170万人と言われています。
プノンペン066
当時彼らの政府「民主カンプチア」を日本だけでなく欧米も支持したのです。
政府だけでなくマスコミ全てが支持をし、全貌が明らかになって驚愕したのです。
中国の文化大革と全く同じです。
しっかりしろよ日本!
当時のカンボジア旅行は巡礼04カンボジアでご覧ください。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp


コメント

非公開コメント