FC2ブログ

食べ物の話 その3(ジンギスカン)

25タリ
私はジンギスカンが大好きです。
ジンギスカン

昔から東京のジンギスカン屋を調べては食べにいきました。当時はとても少なかったのです。
お肉も輸入冷凍のマトンがほとんどでした。しかし工夫を凝らしたタレに付けて食べるマトンはそれなりにとても美味しかったのです。
札幌でジンギスカン三昧もしました。
記憶に残っているのは蔵王で食べた生のラム肉でした。世の中にこんな美味しいものがあるのかと思いました。
その後、旅行で高原に行った時には必ずジンギスカンの看板を探しました。
特に高原で食べるジンギスカンはどんな肉でも最高です。
マザー牧場のジンギスカンもいけます。
そんなある日、ジンギスカンというより羊肉のブームがやってきました。
おかげで沢山のジンギスカン屋が出来ました(潰れたお店も沢山ありますが)。
生のラム肉も気軽に食べられるようになりました。
羊の肉は世界中で一番ポピュラーな肉で、フランス料理、イタリア料理、インド料理、トルコ中近東料理、中華料理など美味しい料理方法は沢山ありますが、私はジンギスカンです。
まずジンギスカンという名前の響きが最高です。ジン、ジン、ジンギスカン♫♬♫
ジンギスカン鍋はグッドデザインです。
付け合わせの野菜は、タマネギ、モヤシ、キャベツがレギュラーでサブは人参、ピーマン、変わったところで行者ニンニクなどです。
肉はラムが一般的ですがマトンの甘さも捨てがたいのです。
ラムチョップは邪道です。
肉はタレに付け込んであってもかまいませんが、生肉を焼いてタレに付けて食べてもかまいません。
この時塩、胡椒で食べるのは感心しません。 それは焼肉(韓国焼肉ではない)です。
サフォーク種のラムやラムチョップを備長炭などの遠赤外線効果のもとで網焼きにして、表面はカリッと中はジュ−シーな状態でヒマラヤ岩塩やカンボジアの胡椒で食べればまずいわけがありません。最高です。
サフォーク3

しかしそこには技がありませんし、ジンギスカンとは呼べません。
タレに付けて食べるのがジンギスカンなので、タレが命です。
タレにその店のすべてが凝縮されているのです。
そんなジンギスカン屋が何件も集まっている夢の様な場所があるのです。
次回はまさに夢の話をいたします。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント