FC2ブログ

寺院の彫刻 その80 東南アジアのガネーシャ

PANATA157.jpeg
今回は東南アジア地域のガネーシャを見てみます。
ガネーシャは東南アジアにも広がりました。
プノンペン国立博物館には2臂で牙とお菓子の入ったお椀を持っている7世紀のガネーシャ坐像と
1ガネーシャ7世紀8(P)2
前アンコール期の立像があります。
2前アンコール期(P)
とても写実的な像です。
そのほかに10世紀後半と思われる座像があります。
3ガネーシャ10世紀後半
寺院彫刻はありませんが東メボン寺院(10世紀)の楣に可愛いガネーシャが彫刻されています。
4E-MEBON074 2
正面の神はインドラ神で神象のアイラーヴァタに乗っています。
ガネーシャはネズミではなく馬に乗っています。
これと同じ楣がタイのMUANG KHAEK寺院(10世紀)に残っています。
ガネーシャは単独で彫刻されることはあまりなく、シヴァ神の楣に彫刻されていることが多いようです。
PREAH PITHU寺院(12〜13世紀)の楣にもナタラージャとともに彫刻されています。
5PITHU041
それはタイのクメール寺院でも同じです。
ベトナムのダナンにあるチャム歴史博物館にはミソン遺跡で発掘された7世紀の素晴らしい立像があります。
6MYSON E-1 7C
8世紀の坐像もあります。
7ミソンE−18世紀
アンコール遺跡やチャンパ遺跡では思ったほどガネーシャはでてきませんでした。
それに比べるとインドネシアには沢山のガネーシャ像があります。
ドゥルガーのところでお話ししたようにインドネシアの初期寺院では東正面左右には門神ドゥパラパーラが、南面にはグル(シヴァ自身)、西面にはガネーシャ、北面にはドゥルガーが壁面に彫刻されていたので寺院の西面の壁龕にガネーシャが残っています。
8世紀に建立されたゴドン・ソンゴ寺院の第3寺院の西面のガネーシャです。
 8ゴドンソンゴ
9世紀前半のサンビサリ寺院西面のガネーシャは保存状態がとても良いです。
9SANBISARI015 2
LOROJONGGRANG寺院(9世紀)のシヴァ堂西面のガネーシャも内部に安置されているので保存状態は最高です。
10LOLO057.jpg
8世紀のディエン高原の遺跡群に付属している博物館があります。
この遺跡から出土した石像を展示しており、その中にガネーシャ像もあります。
11DIENG068 2
ジャカルタ国立博物館には中央ジャワのマゲランと
12マゲラン9〜10
スマランから出土した9〜10世紀の魅力的な像が展示されています。
13スマラン9〜10
東ジャワには傑作がたくさんあります。
ブリタール市近郊のボロ寺院(13世紀)は現在何もありませんが素晴らしいガネーシャ像1体が残っています。
裏面の彫刻がとても凝っています。
14BORO002.jpg 15BORO009.jpg
東ジャワの彫刻には表と裏が全く違う彫像が多く見られます。
SINGOSARI寺院(13世紀)にあった像も素晴らしい出来です。
16GANESA(SINGOSARI) 2
東ジャワのガネーシャはドクロが好きで基壇もドクロです。
日本にもガネーシャは伝わりましたが、形態が違います。
ガネーシャは仏教(密教)に取り入れられ大聖歓喜天としてチベット経由で伝わったようです。
その過程で象頭人身の男女が抱き合う双身像として入りました。
17大聖歓喜天
なぜ抱擁像なのかと言いますと、毘那夜迦(ビナーヤカ)の王である歓喜王が衆生に害を及ぼそうとした時、観音菩薩が大慈悲心をおこして毘那夜迦(ビナーヤカ)婦女の身となり、歓喜王の欲望をおこさせ、毘那夜迦婦女の身体に触れるためには、未来の世が尽きるまで仏法を守護すること、修行者達を守護すること、今後衆生に対して悪事を働かないこと等の約束を取り付けたうえで抱きあったとの物語が伝えられています。
この大聖歓喜天は仏教を守護し財運と福運をもたらす天部の神として全国に広まりました。
18鳥見神社(歓喜天)
全国の聖天様はこの神を祀っていますが、抱擁像のため秘仏になっています。
インドで生まれたガネーシャがそれもパールヴァティーの垢から生まれたガネーシャが日本で聖天様になっているなんてとても面白いですね。

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話(エンニオ・モリコーネに捧ぐ)

ガンジーファ - 001
1963年、小学生だった僕はラジオから流れるジャンニ・モランディのサンライト・ツイストに夢中であった。
なんてカッコいい曲なんだろう。
太陽の下の18才
時代はツイストブーム。
このころの音楽はアメリカよりもイタリアの音楽が好きだった。
この曲が好きで、後に映画「太陽の下の18歳」の主題歌であることがわかり、映画を見てカトリーヌ・スパークに一目惚れした(ツイストがメチャメチャカッコよかった)。
そしてこの曲がエンニオ・モリコーネであることがわかったのはさらに後のことであった。
次に名前を知ったのはマカロニ・ウエスタンのはしりセルジオ・レオーネ監督の「荒野の用心棒」である。
モリコーネ3
主演のクリント・イーストウッドもカッコ良かったが、テーマソングの「さすらいの口笛」がまたマカロニ・ウエスタンを盛り上げていた。
それからはもう名画のクレジットにはほとんどエンニオ・モリコーネの名前があると言っても過言ではない。
モリコーネ4
その中でもジュゼッペ・トルナトーレとのコンビは素晴らしい。
「ニューシネマ・パラダイス」を始め「海の上のピアニスト」「マレーナ」など映画と音楽は切り話せない。
面白いエピソードがある。
スタンリー・キューブリックの「時計じかけのオレンジ」は始めモリコーネが音楽を担当するはずで、何度も打ち合わせを行ったが、セルジオ・レオーネ監督の横槍が入り、幻に終わってしまったそうだ。
もしモリコーネが音楽を担当していたらどんな映画になっていたか興味が尽きない。
モリコーネ2
あまりにもセルジオ・レオーネ監督の「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続夕陽のガンマン」が有名なためマカロニ・ウエスタンの印象が強かったので、フェリーニ監督とニーノ・ロータのように深い作品とは真逆の音楽と思っていた。
なんと言っても口笛にビヨ〜ンビヨ〜ンにホラガイである(実に映像に合っているが)。
モリコーネ1
今もう一度作品と音楽を聴いてみると、どんな監督の作品にも答えて、映像に合った素晴らしい楽曲を作っていたことを改めて感じる。
私のイタリア映画音楽の3大巨匠は、エンニオ・モリコーネ、ニーノ・ロータ、カルロ・ルスティケッリ である。
この三人の音楽で私は育った。
今は三人ともいない。
合掌

ホームページ  www.ravana.jp



映画の話 その93(海の上のピアニスト)

132シティスンダリ
今回は「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の「海の上のピアニスト」です。
1海の上1
大西洋の豪華客船ヴァージニアン号の黒人機関士ダニーは船内で赤ん坊を見つけます。
ダニーは自分で赤ん坊を育てることを決め、その子に自分の名前、捨て置かれていた箱の名前、生まれた西暦などから「ダニー・ブードマン・T.D.(Thanks Danny)レモン・1900」と名付けて大切に育てます。
2海の上6
黒人機関士ダニーは事故で命を落としますが皆が育てていきます。
3海の上1
ダニーは類希なピアノの才能を表します。成人しても船から降りようとはしないダニーは船の中でピアノを弾いて生活します。
ある嵐の日ダニーはトランペット吹きのマックスと会い、友情を深めます。
5海の上4
船で演奏しているダニーの評判は広まり、ジャズピアニストの先駆者ジェリー・ロール・モートンが挑戦状を叩きつけるのです。
始めは圧倒されていたダニーですが、天才的な演奏で負かします。
6海の上1
船を降りないダニーにレコード会社は機材を持ち込み船内で録音を始めます。
そのとき窓の外にいる少女に一目惚れをしてしまいます。
8海の上1
少女と言葉を交わし、ニューヨークに住む少女に会いにいくために、初めて下船しようとタラップまで行くのですが、戻って来てしまいます。
7海の上3
親友のマックスも船を降ります。
そしてある日老廃化したヴァージニアン号が爆破されることを知ります。
会社の人間は誰も残っていないと言いますが、マックスはダニーが残っていることを確信しています。
船内を探しまわりついにダニーに会います。
マックスは下船を進めますが、ダニーもマックスもダニーは船の上でしか生きていけないことが解っています。
マックスは一人船を下り、船は爆破されてしまいます。
この映画の主役は間違いなくエンリオ・モリコーネの音楽です。
エンリオモリコーネ
彼の音楽はニーノ・ロータと共にイタリアの宝です。
映画はマックスの回想で始まります。
移民達が甲板で自由の女神を見つけてアメリカ!と叫ぶシーンも素敵です。
ジュゼッペ・トルナトーレ監督のユーモアも見逃せません。
ダニーとマックスが出会う嵐のシーンは永久に記憶に残る名シーンです。
ピアノの固定装置を外し、ピアノの椅子に一緒に座り、船の揺れとともにダンスをするようにピアノと一緒に船内をエンリオ・モリコーネの音楽とともに動き回るのです。
ジェリー・ロール・モートンとの対決のシーンも面白いです。
ダニーのマックスの演奏でピアノ線が熱を帯び、ライターの代わりにピアノ線で火を付けるのです。
最後のシーン「僕は船を降りられない」「だから人生を降りるほかない」「僕は誰にとっても存在しない人間だ」とマックスに語るシーン。
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の映画に対する愛情を感じる作品でした。

エンリオモリコーネに合掌

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

旅の話 その11(サトウキビジュース)

33769749752_51d44f11da_k 2
私はサトウキビジュースが好きです。
遺跡巡りで疲れた身体には最適です。
6サトウキビ
しかし喉がからからな時にはお水(ミネラルウォーター)が一番美味しいです。
サトウキビジュースはインド・東南アジアで普通に飲まれています。
日本では沖縄・奄美地方で飲めます。
サトウキビはイネ科の植物で砂糖の原料です。
4サトウキビ
細い竹の様に節があり中は空洞ではなく糖分を含んだ髄になっています。
高さは3mにも達し葉はトウモロコシのようです。
1サトウキビ
インドネシアのジョグジャカルタの寺院BANYUNIBOへ行った時は驚きました。
周りが全て2m以上丈のあるサトウキビなのです。
3サトウキビ
サトウキビ畑の中に寺院があるのです。
子供達は外側の硬い皮を歯で剥き、中の白く糖分に富んだ部分を咬んで汁を飲みます。
一般には路上で搾汁機(手動)を使ってジュースにします。
お店の場合は電動の搾汁機を使います。
皮を剥ぎ数本を搾汁機に通し、最後の一滴まで搾るので数回通します。
少し青臭いですがやみつきになります。
2サトウキビ
とても甘いので甘さを押さえるのと青臭さをなくすために少量柑橘系を少量入れます。
とても美味しかったのがカンボジアのコンポントムの近くにあるハンチェイ寺院の境内で飲んだサトウキビジュースです。美人姉妹が作るサトウキビジュースはオレンジが微妙に入っていて最高でした(美人姉妹の味か)。
一般にはライムやカラマンシーを入れます。
南インドカルナータカ州のマハークータ寺院の門前で飲んだサトウキビジュースも美味しかったです。
ライムの他に、ジンジャーが入っていました。
5サトウキビ
みんな自分の味を作ります。
先日沖縄の首里城を隅から隅まで見学し、疲れたので売店でサトウキビジュースを飲みました。
これが大はずれでおそらくサトウキビの缶ジュースに氷を入れただけのもので、変な甘さが残り最低でした。
搾汁機があるかないか確かめなかった自分の責任です。
ここで沖縄の名誉挽回です。
今帰仁グスクで飲んだサトウキビジュースは搾汁機で搾られたサトウキビに、とても良い具合にシークワーサーが入っていてとても美味しかったです。
7サトウキビ
サトウキビ畑があればサトウキビジュースです。
どんな味かとても楽しみです。

ウージの畑で ざわわ ざわわ

ホームページ www.ravana.jp

食べ物の話 その27 (琉球料理)

131アビマニュ
沖縄が大好きです。
沖縄料理も大好きです。
沖縄旅行の楽しみの半分以上は食事です。
ソーキそばとうちなー弁当はお昼にぴったりです。
定番のゴーヤチャンプルーを始め、各チャンプルー、本土では見かけない地の野菜、グルクンの唐揚げなどの魚料理、アグー豚や石垣牛などのブランド物、アメリカ牛のステーキなど枚挙にいとまがありません。
そんな中で必ず食べに行くのがうるま市の栄料理店のテビチと
栄
南城市のチャーリーズレストランのチャーリーステーキです。
チャーリーズ
今回は以前から気にはなっていたのですが、あまりにも美味しいものがいっぱいあるので行きそびれていた琉球宮廷料理に行きます。
そのお店「美栄」は県庁のそばのオフィス街のど真ん中にある木造2階建ての民家です。
美栄1
ここだけ完全にタイムスリップしています。
行ったのはランチです。
門をくぐり、打ち水された石畳を通り、玄関からよく磨き抜かれた板張りの階段を上がって二階の和室に案内されました。畳の上にテーブルと椅子が置かれ、足の悪い私達には助かりました。
美栄2
インテリアや使われている食器のセンスはとても良いです。
特にナプキンが入っているコップは最高です。
美栄3 美栄4
メニューはコース料理のみです。
まずは小さな入れ物に入っている豆腐餻と白あえです。
美栄5
次はとても面白い「ポーポー」です。
美栄6
ポーポーは沖縄版クレープで小麦粉の生地でアンダンスーと言われる味噌餡を巻いたものです。
次は「なかみの吸い物」です。
美栄7
「なかみ」とは豚の胃と腸のことです。
大変手間のかかるお吸い物です。
次は「みぬだる・田芋から揚げ・地漬け」の三点盛りです。
美栄8
「みぬだる」は黒ごまをすりつぶしたものを砂糖、泡盛、醤油でのばし、これに豚ロース肉の薄切りを浸しておき、肉に味が浸みたころ、ゆっくり蒸します。
地漬けは大根、瓜を黒砂糖で漬けます。
壺のなかで黒砂糖はアルコールに変わり、瓜、大根にひなびた風味を与えます。
次はピーナッツ豆腐の「地豆豆腐」です。
美栄9
次は真打ち登場「らふてい」です。
美栄10
いつも食べてるものと違いとても上品でさっぱりしています。
ここまでは漆器に盛られてきました。
ここからはやちむん(焼物の器)に変わります。
ミミガーの「耳皮さしみ」です。
美栄11
次は「昆布いりち」です。
美栄12
昆布と豚の三枚肉を炒め、薄揚豆腐とカマボコを加えたものです。
最後は「豚飯」で小さく切った肉、人参、カステラカマボコなどを炊き込んだご飯に、汁をかけて食べます。
美栄13
デザートは「黒糖寒天」です。
美栄14
全ての料理がとても手間暇かけたものだということがよくわかりました。
そして食事は器と雰囲気が大事だということがよくわかります。
沖縄のまた違った面に触れた貴重な時間でした。
また沖縄が好きになりました。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp



映画の話 その92(バッファロー'66 )

130バゴン
公開当時、映画を観終わって1日頭の中が真っ白になっていました。
ヴィンセント・ギャロが監督・脚本・主演・音楽全てを行いました。
1buffalo.jpg
『5年の刑期を終え、刑務所から釈放されたビリー・ブラウン(ヴィンセント・ギャロ)は、ニューヨーク州バッファローの実家に戻ろうとするが、長年の溝がある両親には電話で刑務所にいたことは話しておらず、電話で「政府の仕事で遠くまで行っていた」と偽る。
2buffalo.jpg
さらに勢いで「フィアンセを連れて帰る」と嘘を並べてしまう。
フィアンセどころかガールフレンドもいないビリーは、トイレを借りた建物の中のダンス教室でレッスン中だった少女レイラ(クリスティーナ・リッチ)を拉致し、自分の妻のふりをするよう脅迫する。
そしてビリーには実家に戻るだけでなく、バッファローでの真の目的もあった。
3buffalo.jpg
ビリーの実家であるブラウン家を訪れたふたりだが、ビリーの父ジミーも母ジャンも、息子のことを大して気にかけてはおらず、ビリーは子供のころから両親から愛情を受けてこなかったことが判る。
特にジャンはひいきにしているアメフト・チームのことで頭がいっぱいで、最後にチームが優勝した1966年は、ビリーの出産のために優勝試合を観戦できなかったことを未だに愚痴る始末。
4人はギクシャクしたまま、気詰まりで時に険悪な時間を過ごすことになったが、レイラの気遣いで多少は和やかになり、ふたりはブラウン家を去ることができた。
4buffalo.png
横暴で癇癪持ちで気難しいビリーに反発していたレイラだったが、ともにいるうちにビリーの純粋さや繊細さ、優しさを理解し、次第に愛情を抱くようになる。
ビリーの昔馴染みのボウリング場に寄り、ふたりきりでモーテルで過ごすころには、ビリーもレイラの愛情に、かたくなな心をほぐされていった。
5buffalo.jpg
それでも真の目的を果すために、夜中にモーテルから出かけようとするビリーに不安を感じたレイラは、必ず戻って来てくれるように訴えた。
レイラの感じたとおり、ビリーは危険を冒そうとしていた。
彼が刑務所に入るはめになったのは、ノミ屋との賭け試合に負けた埋め合わせに他人の罪を被ることになったためだったのだ。
ビリーは自分が負けたのはチーム・バッファローのキッカーだったスコットが八百長をしたせいだと思い込んでおり、その復讐を密かに誓っていたのだ。
引退したスコットが経営するストリップ劇場に銃を持って入るビリー。
そこでスコットを射殺し、自らも自殺してしまおうと覚悟を決めようとした。
しかし死んだ後も何も変わらず、自分の墓の前に座って話している両親のことを想像して馬鹿馬鹿しくなり、実際に引き金を引くことなく劇場を後にする。
ビリーはレイラに対する愛情を確信して優しい気持ちになり、レイラの元へと戻り、ふたりは抱き合って眠るのだった。』というビリーが出所した日の出来事です。
7buffalo.jpg
映像の美しさ、キャスティングの素晴らしさ、(クリスティーナ・リッチがいければ成り立ちません)、音楽の素晴らしさは特筆ものです。
レイラがボーリング場でタップダンスをするシーンで流れるKing Crimson の「Moonchild」は美しくて涙がこぼれます。これほど映像と音楽がシンクロしている映画は知りません。
まるで天使が踊っているようです。
6buffalo.jpg
復讐のためにトップレスバーに入ります。
その時流れるのはイエスの「Heart Of The Sunrise」です。
トップレスダンサーの動きとChris Squireのベースがシンクロして最高潮に達します。
この二つのシーを見るだけでこの映画を観る価値があります。
エンディングにもイエスの「Sweetness」が流れますが、これはどうでもいいです。
クリスティーナ・リッチとヴィンセント・ギャロに乾杯。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

プロフィール

ravana

Author:ravana
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR