FC2ブログ

映画の話 その90(沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇)

127スマル
クロード・シャブロル監督のサスペンス「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」です。
沈黙の女1
とても怖いです。
原作はイギリスの推理作家ルース・レンデルの小説「ロウフィールド館の惨劇」で傑作です。
あらすじは家政婦ソフィ(サンドリーヌ・ボネール)は、街外れの邸宅に住むルリエーブル家に住み込みの家政婦として雇われる。
会社を経営する父親ジョルジュ(ジャン=ピエール・カッセル)は大学生の娘メリンダ(ヴィルジニー・ルドワイヤン)を、画廊を経営する妻のカトリーヌ(ジャクリーン・ビセット)は高校生の息子ジルをそれぞれ連れて再婚した。
ソフィは、家政婦として家事は完璧だが、誰にも知られたくない難読症(健常者であるが字が読めない)を抱えており、この秘密がバレないようにありとあらゆる策を講じるのであった。
沈黙の女2
しかし、それが元で主のジョルジュと次第に関係が悪くなっていく。
そんなソフィと唯一親しくなったのが、街の郵便局に勤めるジャンヌ(イザベル・ユペール)。
ジャンヌにはよからぬ噂があり、ジョルジュは彼女を毛嫌いしていたため、ソフィと親しくしているのを知り、さらに2人の間の空気は悪化する。
沈黙の女4
一方のジャンヌも、ルリエーブル家に対し、裕福さへの羨望が高じた嫉妬と憎悪を抱いていた。
ジャンヌの噂とは娘殺しの嫌疑がかけられていたが、裁判では無罪になっているものの殺害したに違いないというもの。ソフィも実は父親殺しの疑いがある。
そんな関係から二人はますます親密になっていく。
沈黙の女3
ある日ソフィの難読症が娘のメリンダに見破られる。
ソフィはメリンダの秘密である妊娠を知っており、難読症のことは口外しないように脅迫する。
メリンダは全てを父親に告白しソフィはジョルジュの怒りを買い、解雇される。
そしてこれを機にソフィとジャンヌの行動は常軌を逸していく。
二人はモーツアルトのドン・ジョバンニがテレビ放映される日、一家4人がテレビの前でこのオペラをカセットデッキに録音しながら聞き入っている時に、屋敷に忍び込み、家の中をめちゃくちゃにし、家にある猟銃で4人を皆殺しにする。
沈黙の女5
そして何事もなかったように別々に屋敷を出る。
ジャンヌは自分の車で帰る時、自動車事故似合い即死。
ソフィは屋敷を出て歩いている時にジャンヌの事故現場を目撃する。
そこでは警官がジャンヌが虐殺現場から盗んで来たカセットデッキを見つけ再生し始めた。
沈黙の女6
テープの中にはドン・ジョバンニのオペラとともに二人の犯行を物語る会話が全て録音されていた・・・・・。
さすがシャブロルという映画です。
物語が進むにつれてソフィの恨みを買うルリエーブル家の人たちとソフィの心理状態がとても怖いです。
ソフィのサンドリーヌ・ボネールがとても良い演技をします。
そしてこの世で一番怖い女イザベル・ユペールとのコンビネーションが抜群です。
大好きなジャクリーン・ビセットはちょっと可哀想でした。
そしてエンディングが素晴らしい。
パトリシア・ハイスミスの「太陽がいっぱい」と争います。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その75(日向敏文)

ガンジーファ - 092
1985年に発売された日向敏文のファーストアルバム「Sarah's Crime」は衝撃的でした。
日向敏文1
当時私はそのような音を求めていたからです。
ロックやジャズから離れたいわゆるAmbient Musicのような音、しかしブライアン・イーノのような音ではなく、もっと汎アジア的なものを求めていたからです。
Ambient Musicは造る人のセンスが全てです。
それが聞き手のニーズに合うかです。
まさにツボにはまり毎日聞いていました。
その後私の人生でとても大事な経験をしました。
1988年のカンボジア旅行です。
憧れのアンコール・ワットにやっと行けたのです。
その辺のことは巡礼記の巡礼04カンボジアに詳しく書いてあります。
カンボジアから戻り写真の整理をしている時に写真をビデオに録画できるタムロンの機械「FOTOVIX フィルムビデオプロセッサー」が発売されました。
日向敏文2
アンコールワットの写真がテレビで見られるこの夢のような機械を購入しない手はありません。
この機械をビデオデッキにつなぎスライドを一枚一枚録画します。
もちろんフェードイン、フェードアウトも、ズームもできます。
録画の長さも調整できます。
そしてアンプに繋げば音も入るのです。
いまでいうスライドショウです。
1988年当時はチャーターした飛行機でしかアンコール・ワットのあるシェムリアップ空港に行けません。
したがってアンコール・ワットにいるのは乗客のわれわれ20数名だけです。
ビデオは誰もいないアンコールワットの参道のスライドから始まります。
日向敏文3
頭の中でなっている音楽はアルバム「Sarah's Crime」です。
1曲目「Sarah's Crime」がフェードインし参道のスライド映像もフェードインして始まります。
ゆっくり参道から第一塔門を通ります。
日向敏文4
いよいよ第一回廊です。
ここからは2曲目「Midsummer Night」にのって回廊の彫刻を見て回ります。
回廊の彫刻はメインなのでズームを多用します。
日向敏文5
サティのような「Premonition」はアプサラ又はデヴァター(天の踊り子)を見ながら階段を登るところで始まります。
日向敏文13
第二回廊は連子窓から入る光が美しい。
日向敏文6
デヴァターと光の競演です。
一度外に出て外壁のデヴァターを見ます。
壁の至る所で、1人で、2人で、3人で、5人で、腕を組んでこちらに微笑みかけます。
日向敏文7
ここは「Sarah(1.Adagio,2.Rondeau,3.Menuet)」で行きましょう。
音楽に合わせてデヴァターの乱舞です。
日向敏文8
いよいよ垂直にそびえる階段を上って第三回廊へ行きます。
日向敏文9
「Memories」に合わせて階段を上って行きます。
高所恐怖症の私にはこの「Memories」だけが頼りです。
日向敏文10
ついに震えながら第三回廊まで来ました。
「Memories」は続いています。
第三回廊はとても気持ちの良い風が吹き抜けます。
日向敏文11
この風に身を任せ第三回廊から見るジャングルは何物にもかえられない至福のときです。
周りには誰もいません。
日向敏文12
静寂の中「Chaconne」が静かに流れます。
そして画面はフェイドアウト、「Chaconne」もフェイドアウトでアンコールワットのビデオは終わるのです。
私の中ではアンコールワットと「Sarah's Crime」は完璧にシンクロするのです。
当然続編のアンコール遺跡のスライドを使ったビデオは続きます。
もちろん音楽は「Chat d'ete」「Story」「ISIS」と続くのは言うまでもありません。

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その79 カトマンドゥ盆地のガネーシャ

PANATA155.jpeg
今回はネパールのカトマンドゥ盆地のガネーシャ像を見ていきます。
カトマンドゥ盆地ではカトマンドゥを囲む4つの寺院信仰があります。
4つのヴィシュヌ寺院(NARAYAN)、4つのバラヒ寺院(VARAHI)、4つの観音寺院(MACHHENDRANATH)そして4つのガネーシャ(BINAYAK)寺院があります。
このガネーシャ寺院はカトマンドゥにあるASHOK BINAYAK寺院、
1ASHOK VINAYAK 1 2ASHOK VINAYAK 3
CHABAHILにあるCHANDRA BINAYAK寺院、
3CHANDRA BINAYAK 4CHANDRA BINAYAK2
BHAKTAPURにあるSURIYA BINAYAK寺院、
5SURIYA BINAYAK 3 6SURIYA BINAYAK
BUNGAMATIにあるKARYA BINAYAK寺院ですが、
7KARYA BINAYAK 8KARYA BINAYAK 2
CHOBARにあるJAL BINAYAK寺院
9JAL BINAYAK 10JAL BINAYAK2
を加える場合もあります。
BINAYAK寺院ではシヴァとナンディ(ウシ)のように寺院の前にガネーシャの乗り物のネズミが祀られています。
11-KARYA BINAYAK 11−1ASHOK VINAYAK 2
このネズミはトガリネズミだそうです。
11−2JAL BINAYAK 11−3SURIYA BINAYAK
カトマンドゥの寺院では入り口に本尊を彫ったトラナと呼ばれる半円形の板が掲げられています。
ガネーシャを祀ったBINAYAK寺院ではトラナはガネーシャが彫られています。
11−4CHANDRA BINAYAK 11−5CHANDRA BINAYAK2
ガネーシャは前回お話ししたように現生利益の神なので非常に人気があります。
ガネーシャ信仰が盛んでなこの街では至る所にガネーシャ像があり、ヒンドゥー教徒も仏教徒も通りがかりに手を合わせていきます。
若い人も、年寄りも男も女も熱心な人は御供えをして回ります。
お供えは花、特にマリーゴールドの花輪をかけます。
そして像に赤い粉TIKAを塗っていきますので本尊は真っ赤です。
ひどい場合にはもう形態もわからなくなり、ただの赤い塊になっている場合もあります。
カトマンドゥではカトマンドゥの名前の元になったKASTHAMANDAPの中にも4つのガネーシャ像が祀られています。
11KASTHAMANDAP5
KASTHAMANDAPとは「木の家」という意味で伝説によると、一本の沙羅の木から作られた寺院で12世紀に建てられたそうです。
12KASTHAMANDAP.jpeg 13KASTHAMANDAP2
14KASTHAMANDAP2 15KASTHAMANDAP4
ここにもひっきりなしに人々がお参りに来ます。
カトマンドゥ盆地で一番気に入ったガネーシャ像はVAJRA YOGINI寺院へ行く途中のSANKHUという所にあります。
小さなお堂になっており、屋根には木が生えています。
17VAJRA YOGINI
カトマンドゥの西にあるBANEPAの町にあるガネーシャ像も立派です。
18BANEPA.jpeg
カトマンドゥの南にあるGODAVARI KUNDAはカトマンドゥの街の貯水源でとてもきれいな水が沐浴場に流れ風光明媚な所です。
ここのガネーシャはそれとなく気品があります。
19GODAVARI KUNDA
PATANの王宮庭園SUNDARI CHOWKにあるガネーシャは3面10臂で獅子を踏みつけています。
PATAN SUNDARI CHOWK
そして横にはハスの台座に乗った神がいます。
カトマンドゥのガネーシャの人気はインドに勝るとも劣りません。

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その89(すべてをあなたに)

123ララサティ
 今回はトム・ハンクスの初監督作品すべてをあなたに(That Thing You Do!)で満を持しての登場です。
すべておあなたに1
音楽大好きのトムは脚本、出演、作詞、作曲までやってしまいます。
実はインドのホテルでMTVを見ていたら「That Thing You Do!」です。
とても気に入ってすぐに近くのCDショップに買いにいき、日本に戻ってDVDを買いました。
時代はビートルズが上陸した1964年、場所はペンシルベニア州エリーで結成されたバンドが地元コンテストに優勝し大手レコード会社の敏腕プロデューサーに見いだされメジャーデビューを果たします。
そしてデビュー曲はヒットチャートを登りつめるがよくあるバンド内のいざこざでと言う内容です。
主人公ガイは父の電気店を手伝っています。
この電気店が60年代アメリカホームドラマで育った私には最高の設定です。
当時まだ日本では珍しい電化製品が満載です。
仕事が終わると地下室で大好きなデル・パクストンに合わせてドラムの練習です。
ある時、仲の良い知り合いのバンドからケガをしたドラマーの代役を頼まれ大学のコンテストに出場します。
バンド「ワンダーズ」のメンバーは作詞作曲も手掛けるボーカル&サイドギターのジミー、リードギター&サイドボーカルのレニー、そしてベースプレイヤー。ジミーのガールフレンドのフェイも常にバンドと共に行動しています。
すべておあなたに2
演奏曲はバラードの「That Thing You Do!」でしたが、ガイはその場のひらめきでハイビートなリズムを刻むとこれが大ウケして優勝することになります。
1964年の卒業祝いのこのコンテストが当時のアメリカ音楽の状況を映します(女性4人のフォークグループや流行の衣裳に)。
レストランでのライブも決まり、すっかり地元の人気バンドになっていきます。
すべておあなたに5
面白いのはガイの電気店は当時拡大しつつあった大型量販店の脅威にどう対処するか悩んでいます(1964年ですよ)。
自信をつけたメンバーがレコードも自主製作する頃、評判を聞きつけたホレスがマネージメントを申し出てきます。
ホレスの売り込みで地元ラジオに曲のオンエア(初めてラジオオンエアーされるシーンは見もの)、ピッツバーグのロックイベントへの出演、そしてメジャーレーベルであるプレイトーンレコード会社の敏腕プロデューサー、ミスター・ホワイトへの紹介と続きホワイトに見込まれたワンダーズはレーベルからのレコード発売と、プレイトーンレコード所属のミュージシャン達と共に全米を廻るツアー参加します(ツアーが見物で当時の有名歌手や曲を連想させるトム・ハンクスの真骨頂です)。
ホワイトはステージでの立ち振る舞いや段取りの指導、お揃いの赤やゴールドの衣装を着させたり、ガイにサングラスをかけさせてトレードマークとされるなど、次々にバンドを改革していきます。
同時にレコードはヒットチャートでトップテンに入ります。
すべておあなたに6
しかしジミーは新曲のレコーディングをさせてもらえず、やっと出来たレコーディングはオリジナルは2曲だけ、ほかはすべてカバー曲です。
海兵隊に入隊予定のベースは海兵隊員と出かけたまま帰りません。
レニーはバンドよりも女性です。
全米放送のテレビに出演した後、ジミーはバンドを辞めワンダーズも解散です。
ジミーはフェイとも別れました。
ガイは憧れのデル・パクストンに会い、ロスで仕事をもらいます。
一人ぼっちでコーヒーショップにいるフェイに会ったガイはフェイを愛していることに気づきます。
フェイもガイを愛していることに気づきます。
トムのこの作品を考える上で対比されるのはクリント・イーストウッドです。
お互いに俳優から満を持して監督になり、自分の大好きな音楽映画を作ったことです。
すべておあなたに4
イーストウッドは大好きなジャズ、トムはロック、イーストウッドは1940年代、トムは1960年代、を舞台にしてイーストウッドは伝説のチャーリー・パーカーの伝記を、トムはビートルズに代表されるロックミュージシャンの夢を映像化しました。
従って両作品は音楽に対する愛情にあふれています。
この2人の映画に間違いはありません。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

石の巡礼 その27(庚申塔3湘南の庚申塔)

AA1_0291のコピー
茅ヶ崎を中心にした湘南地方にはとても古い形の青面金剛庚申塔が見られます。
庚申塔は室町〜安土桃山(第1期)にあらわあれますが、この時代は板碑に「申待供養」「庚申供養」などと刻む板碑時代です。
元和1615〜1623から延宝1673〜1680(第二期)は初期時代で発達、普及の時代です。
天和1681〜1683から天明1781〜1788(第三期)は青面金剛が現れ、最も充実して発展した時代です。
寛永1789〜1800以降(第四期)は文字塔が主体になります。
湘南地方の庚申塔は初めて青面金剛が現れた庚申塔と考えられています。
現在、承応2年1653年から明暦4年1658年までの7基が確認されています(湘南7庚申塔)。
共通するのは光背型塔(下大曲神社の庚申塔は笠付型)で四臂青面金剛と二猿で、青面金剛の四臂の持物は右上手に剣、右下手に宝棒、左上手に三叉戟、左下手に索を持ち、頭には三股冠とともに怒髪様のものを刻みます。
三頭身で小さな目と大きな鼻を持ちます。
食いしばった口には牙があります。
左右の猿は両膝を立てて正面を向いて座り、右猿は手を膝の上におき、左猿は膝上で手を結んでおり、三猿と異なり、目・耳・口いずれも押さえていません。
日輪・月輪、二鶏(下大曲神社の庚申塔は二鶏を刻む)は見当たりません。
素材は安山岩、制作年が近い、作風が似ているなどにより同一作者の可能性もあります。
一番古いものは下大曲神社庚申塔(1653年)のもので現在は寒川神社方徳資料館で保管されていますが一部の人にしか開放されてはいません。
1下大曲神社の庚申塔
この塔は特別で上部には笠が付き、下部には二鶏が掘られています。
笠はのちの補作としても二鶏は同時期に彫られたものです。
これ以降二鶏が無くなる説明がつきません。
顔は他の塔と比べて、鼻は小さくハンサムです。
次に古いものは茅ヶ崎市甘沼の八幡大神庚申塔(1654年)です。
2八幡大神の庚申塔
覆屋に安置されているので保存状態はかなり良いです。
惜しいことに頭部で破折して宝冠と顔の一部かかけています。
不動明王の様に下顎の牙がチャームポイントです。
猿の手が下大曲神社のものと左右逆の様な気がします。
基部には造立者10名の名前が刻まれています。
三番目は茅ヶ崎市行谷の金山神社庚申塔(1655年)です。
3金山神社の庚申塔
雨ざらしの割に保存状態が良い像で右下手の宝棒が剣の様に見えます。
典型的な青面金剛で鼻が大きいです。
願主の名前「野中十右衛門」と個人名になっています。
この像には「庚申供養」の刻銘があり、日本最古の「庚申供養」刻銘入青面金剛像と言われています。
四番目は藤沢市遠藤の御嶽大神庚申塔(1656年)です。
4御嶽大伸(藤沢)の庚申塔
残念なことに胸の部分で半分に破折しています。
また上部も欠損しています。
左側の猿が欠けているのが惜しまれます。
高座郡大庭庄遠藤村などの銘があります。
五番目は平塚市大島の正福寺庚申塔(1656年)です。
5正福寺(平塚)の庚申塔
保存状態が悪く白カビのため全貌がよくわかりません。
青面金剛の顔が二猿とよく似ているので大猿みたいです。
相州大島郷為寒念仏供□造立為浮図一基者也と銘があります。
六番目は茅ヶ崎市十間坂の神明宮庚申塔(1658年)です。
6神明宮の庚申塔
覆屋の中にあるため保存状態は良好です。
最後は平塚市札場町の長楽寺庚申塔です。
7長楽寺(平塚)の庚申塔
長楽寺の庚申塔は年銘がありませんがこの形態の塔が1653年から1658年に建立されているので同時期に建立されたと考えられます。
この像は口元の牙がないためとても穏やかな顔をしています。
刻銘は台部にあり、逆修供養のために造立されたことがわかります。
これら7つの庚申塔はとてもよく似ているので同時期の同系統の石工によって掘られたと思われます。
制作年も近いことから同一の石工の可能性もあります。
湘南の四臂青面金剛と二猿の庚申塔は全国でも青面金剛を刻像した最初期の石塔です。
湘南地区における17世紀中葉の民間信仰のあり方と全国に青面金剛と三猿が庚申塔の刻像として定型化していく祖型として貴重です。
この時期の庚申塔はどっしりして、おおらかで温かみを感じます。

ホームページ  www.ravana.jp

気になる話 その34 伊東忠太

33769735692_f22c58b1b5_k 2
伊東忠太に関しては[気になる話その13大谷光瑞]の中でお話しました。
大谷光瑞の住まいである「二楽荘」を一緒に作り上げたのです。
建設費は17万円、総敷地面積は24万6000坪でインド・イスラム風の外観を持ち、部屋はインド室、イギリス室、中国室、アラビヤ室など各国風に作られたユートピアです。
1二楽荘
どうしても「二楽荘」を考えるとき、江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」を思い出してしまうのです。
パノラマ島はM県S郡の小島に作られた理想郷ですが、「二楽荘」は神戸の山の中腹に実際に作られた理想郷です。
「二楽荘」へ行くには専用のケーブルカーに乗るしか方法はありません。
まさに陸の孤島です。
このユートピアにはなんとヨーロッパをはじめ中東、インド、東南アジアの国の人たちも働いているのです。
このとても不思議な大谷光瑞の理想を現実化した伊東忠太とはどんな人物なのでしょうか。
伊東忠太は1867年山形県米沢市で生まれました。
2伊東忠太
少年時代を東京、佐倉で過ごし、帝国大学工科大学(現工学部)を卒業して大学院に進みました。
そしてなんとこの時代に中国からギリシャの間を3年間かけて見て回るのです。
特に西安から雲南、ビルマ、インドへ仏教建築の源流を訪ねたのです。
さらにエジプト、トルコまで。大谷光瑞の大アジア主義に建築的な形を与えたのが伊東忠太なのです。
その後、東京帝国大学の教授になり、日本建築のオーソリティーとして靖国神社、明治神宮をはじめとする各地の国家神道建築、さらに朝鮮神宮、台湾神社を手がけます。
3朝鮮神宮 3台湾神社
私が伊東忠太に興味を持ったのはアジア的なものを建築に取り入れ、それはマクロ的なものだけではなく、ミクロ的に細部に施された特異な彫刻があるからです。
その元となったのは伊東忠太の子供時代にある物の怪、妖怪、幽霊などに対する興味です。
子供時代には誰でも持つ興味ですが、忠太の場合は一生持ち続けたのです。
明治の初めは今より、これら妖怪が今よりずうっと我々に近い存在でした。
いつも妖怪のスケッチをしていたそうですがそれが高じて、妖怪や怪獣などのイラスト集「怪奇図案集」や論文「化けもの」を発表するほどです。
5スケッチ 6スケッチ
もちろん3年かけて世界を回った建築旅行でも建築に施された、怪奇な彫刻はもとより、その国や土地に伝わる妖しいものもたくさんスケッチしてきました。
私もインドや東南アジアでそういうものを沢山見てきましたので共感を覚えるのです。
7スケッチ 8スケッチ
東京帝国大学の教授で、国家的建造物も作るかたわら、机の上で怪奇なイラストを描き、それを自分の建築作品に取り入れるとてもやんちゃで魅力的な人物です。
さらにそれを理解し依頼する施主も素敵です。
私が見た忠太のイラストや絵画の中でとても感動を受けたのは「釈迦降魔相」という色彩画です。
9gouma
この絵はブッダになる太子がビハール州のブッダガヤーの菩提樹の下で瞑想して悟りを開くところです。
瞑想している太子の周りには悟りを阻止しようとマーラ達が襲い掛かります。
まず美しく技に長けた3人の娘達を送り込みます。
しかし太子は数々の誘惑に屈しません。
次に恐ろしい形相の怪物達に太子を襲わせます。
しかし太子には近づけません。
今度はあらゆる武器を降らせ、周囲を暗闇で覆っても太子は動じませんでした。
最後はマーラ自身が巨大な円盤を振りかざして向かっていくが円盤は花輪となってしまい、マーラは敗北を認め太子は悟りを開いてブッダとなったという話です。
主人公の太子より周囲を取り囲む妖怪や魑魅魍魎への愛着があふれた伊東忠太らしい素晴らしい絵です。
妖怪達を見ていると時間の経つのを忘れてしまいます。
次回は建築作品を見ていきます。

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その88(デッドマン)

122ジュンクンマルデオ
ジム・ジャームッシュ脚本・監督による西部劇です。
デッドマン1
すぐにジャームッシュと解る映像です。
この映画はジャームッシュのキャスティングと俳優の演技と音楽から成り立ちます。
ジャームッシュはキャスティングを決めてから脚本を書くそうです。
それに応えたジョニー・デップ、ゲイリー・ファーマー、ランス・ヘンリクセンは見事です。
そして音楽です。
ニール・ヤングは倉庫を改造したスタジオでスクリーンを見ながらエレキギターだけで即興で曲を付けました。
これが素晴らしくスクリーンとシンクロするのです。
デッドマン
「パリテキサス」のライ・クーダに勝るとも劣らない出来です。
恥ずかしながらニール・ヤングにこんな素晴らしい感性があるとは思いませんでした。
会計士のウィリアム・ブレイク(ジョニー・デップ)は西部の町マシーンのディキンソン鉄工所に就職する予定だったが、到着すると職はなく、社長のディキンソン(ロバート・ミッチャム)にライフルで追い返される。
デッドマン2
ウィリアムは娼婦のセル(ミリ・アヴィタル)と出会う。
二人が寝ているとセルの元恋人が闖入、セルはウィリアムをかばって射殺される。
ウィリアムは偶然手にした拳銃を発砲、まぐれ当たりでチャーリーを殺して逃亡する。
気を失った彼は先住民の流れ者ノーボディ(ゲイリー・ファーマー)に助けられる。
デッドマン3
チャーリーはディキンソンの息子で、父は三人の殺し屋コール(ランス・ヘリクセン)、トゥイル(マイケル・ウィンコット)、キッド(ユージン・バード)に息子の仇を追わせる。
ノーボディは白人の教育を受けた文学通で、ウィリアムのことを同姓同名の英国の大詩人ブレイクだと思い込む。
ノーボディと別れたウィリアムは詩を口ずさみながら拳銃をぶっ放す凄腕のガンマンに変貌、
だが体の方は徐々に衰弱していた。
ウィリアムはノーボディと再会する。
交易所で、ウィリアムは自分が有名犯罪者になっていることを知り、経営者の人種差別的な宣教師を射殺する。
デッドマン4
ここからは河をカヌーで旅するが、ウィリアムが乗る直前に撃たれる。
舟の上で彼の意識は次第に薄れ、先住民の村に到着すると意識を失う。
気がつくと、彼は死に装束で葬儀用のカヌーに横たわっていた。
ノーボディは微笑みながら、これからすべての魂の故郷に帰るのだという。
水面に押し出されるカヌー。
デッドマン6
ウィリアムは薄れゆく意識のなかで、ノーボディと殺し屋コールが相撃ちで倒れるのを見る。
カヌーはそのまま大海原を漂っていく。
ジャームッシュらしい素晴らしいシーンが沢山あります。
機関車の車輪と列車内を交互に映し、列車内の人物かどんどん変わることによって時系列を実に上手に使っています。
殺し屋のコールが仲間のトゥイルを殺し、トゥイルの手を食べている所、ウイリアムが殺した保安官の頭を踏みつけてつぶす所が好きです。
デッドマン5
撃たれた子鹿に添い寝するシーン、葬儀用のカヌーに横たわって海にでるシーンも忘れられません。
特に葬儀用カヌーは熊野灘から補陀落浄土に渡海する舟に重なります。
とにかくジャームッシュ監督のセンスに脱帽です。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp