FC2ブログ

映画の話 その82(かくも長き不在)

109ノゴギニ
マルグリット・デュラス脚本、アンリ・コルピ監督の「かくも長き不在」です。
デュラスが大好きで、原作だけでなく脚本を担当した「Hiroshima mon amour 」、「Moderato cantabile」、「Mademoiselle」などの映画はデュラス色が出た素晴らしい作品でした。
今回もアンリ・コルピ監督との関係が素晴らしく名画になりました。
かくも長き不在
物語はパリ祭の日、パリでカフェを営むテレーズ(アリダ・ヴァリ)の店はいつものように常連客がツールドフランス、アルジェリア、バカンスをどうするなど話し合っている。
テレーズは結婚したが16年前にゲシュタポに夫を連れ去られてしまい消息不明で、手伝いのマルティーヌと店を切り盛りしている。
トラック運転手のピエールが恋人である。
翌日、薄汚れたホームレス風の男(ジョルジュ・ウィルソン)が「セビリアの理髪師」の「陰口はそよ風のように」を口ずさみながら通り過ぎる。
かくも長き不在2
その男を見てテレーズは顔色が変わる。
ゲシュタポに連れ去られた夫に瓜二つだった。
ホームレスの後をつけセーヌの辺りのバラックに住んでいることを突き止める。
しかし男は記憶喪失で過去のことは全く覚えていない。
かくも長き不在4
テレーズは男を店に誘う。
店には夫の叔母と甥を呼んでおいて、確かめてもらうがはっきりしない。
しかし彼女は確信する。
かくも長き不在3
今度は食事に誘う。
そこで彼女はいろいろ昔のことを聞き出すがホームレスは記憶にない。
しかし好物のチーズは同じだった。
食事が終わり、二人はオペラを聴き一緒に歌う。
そして踊った。
かくも長き不在5
その時彼女の手が彼の頭に触る。
そこにはとても大きな傷跡があった。
ゲシュタポの拷問の跡。
たまらず彼女は「あなたは私の愛した人にそっくりなのよ」と言ったが男は困ったような顔をして帰り支度を始め、彼女と握手をして店を出ていく。
店の外では、常連客がテレーズの様子を伺っていた。
彼らは出てきた男に「アルベール!」と彼の本名を呼ぶ。
テレーズは我慢できなくなり、大声で「アルベール・ラングロワ!」と叫ぶ。
男は反射的に立ち止まり、両手をあげる。
かくも長き不在6
戦争時の恐ろしい記憶が蘇った。
その直後、男は全速力で走り出し、トラックの行き交う道路へ飛び出していく。
そしてアベールはまたいなくなってしまった。
テレーズは「冬を待ちましょう」と寂しげに呟く。
冬になって行くあてがなくなれば、彼はきっと帰ってくると。
かくも長き不在7
空き地を歩くホームレスの男から始まります。
「陰口はそよ風のように」を歌いながら。
パリ祭のシーンが入り、花火そして彼女のカフェです。
まずモノトーンがとても美しい映画です。
忙しく働くテレーズの脇の下の汗が印象的です。
ジュークボックスが重要な役割を果たします。
鏡の使い方も上手です。
ホームレスのバラックの前を流れるセーヌ川の中洲にはなんと昔はルノーの工場があったんですね。
ホームレスが食事に招待され、用意した個室に入ろうとした途端の拒否反応、鏡に写る頭の傷跡、最後に呼び止められたときの手のあげ方に戦争の恐怖を感じます。
古きパリの人々の生活が垣間見られます。
いいですね。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp










石の巡礼 その24(鮭立磨崖仏)

AA1_0299のコピー
東北地方に磨崖仏はあまりありませんが、福島県だけは磨崖仏の宝庫です。
浜通りには平安後期の磨崖仏が、中通りには鎌倉時代の磨崖仏が見られます。
また県内には江戸時代に流行した西国三十三観音を彫った磨崖仏がいたる所に見られます。
今回訪れる磨崖仏は江戸時代のものですがとても変わった磨崖仏です。
場所は南会津の只見川のほとりにある銀山町横田にある鮭立という集落にあります。
ここに行くのはかなり大変です。
私は会津方面から南下して只見線に沿って行きました。
とても景色が素晴らしいところです。
鮭立14
只見線は2011年の新潟・福島豪雨災害でズタズタになりその後復旧しましたが、未だ横田を含む会津河口から只見の間は不通です。
鮭立磨崖仏は集落の南西の山麓にあります。
この辺りは日本一美味しい金山赤カボチャの産地で磨崖仏の周りはカボチャ畑です。
鮭立2
滅多に手に入らないのでお土産に買って帰りましょう(重くて邪魔になるが)。
鮭立1
この磨崖仏は天明の飢饉や天保の飢饉の惨状を見て、現在の岩淵家の祖先である修験者の法印宥尊とその子の法印賢誉が五穀豊穣と病魔退散を祈って彫ったと伝えられています。
鮭立3
石工が彫ったものでは無いのでとても稚拙ですが、それがとても良い味を出して不思議なムードを醸し出しています。
そこは浅く細長い洞窟で、中央部の壁面は壁全体が奥まった形に掘りこまれていて、その左面と正面に40体ほど像が刻まれています。
鮭立4
鮭立5
鮭立6
鮭立7
総数は51体です。
この辺りは豪雪地帯なので雪よけの覆いが前面にかけられています。
修験道の主尊の不動明王を中心に如来菩薩明王天部の各尊像が配置されています。
正面の中央には不動明王が龕の中に彫られており、左右には矜羯羅童子と制咜迦童子が彫られています。
鮭立8
その上下に摩滅が進んでわかりにくいのですが、他の6童子が彫られています。
左側には飯豊山神社を祀る祠になっていて龍頭観音・牛頭天王・梵天・釈迦三尊などが並んでいます。
鮭立9
左面の岩には鬼子母神・湯殿権現・深沙大将・九頭竜権現の比較的大きな像が並んでいます。
鮭立10
その右には、風神と雷神が並び、その右は4段に分かれて、荼枳尼天・淡島様・愛染明王・聖観音・渡唐天神・弁財天など諸像が所狭しと彫られています。
鮭立11
左面の右端は摩滅が進んだ尊名不明の像と飯綱権現が上下に並んで彫られています。
鮭立13
右側の岩には青面金剛・大黒天・水神・地天などが彫られていますが、中央の諸像よりは摩滅が進んでいるのでよくわかりません。
鮭立12
この磨崖仏は修験道で信心されていた尊像を数多く彫刻したもので、他では見られないものがあります。
所々彩色が残っているので当時はとても華やかだったと想像できます。
そして何より庶民の願いをこめた信仰の磨崖仏です。
このことが他の磨崖仏との大きな違いで、人々の祈りの声が聞こえてきそうです。

ホームページ  www.ravana.jp

MEMORIES 1967秋

思い出表紙のコピー2
僕は渋谷のジャズ喫茶にいる。
流れているのはリー・モーガンのサイドワインダー。ブルーノートの好きなアルバムである。
僕は時々ここに来る。
ここ「スウィング」は百軒店の一番奥にあるお店で、ジャズ喫茶の中ではとてもゆるいお店で居心地が良い。
スィング
他の老舗などはハードなジャズファンが多く、とてもギスギスしていて敷居が高い。
コーヒー1杯で2時間ぐらいは聞いている。
この店は水槽でヤマメ(岩魚?)を飼っているのが面白い。
さらにウェイトレスのお姉さんが魅力的だ。
当時流行っていたボサノバやJacques Loussier「Play Bach」、Dave Brubeck「Time Out」などを聞いていた僕が初めてジャズに興味をもったのはMJQ「THE COMEDY」というアルバムのジャケットがあまりにも素敵だったのでジャケ買いしてしまった時からだ。
MJQ.jpg
MJQがクールジャズを代表するバンドでリーダーのジョン・ルイスが西洋音楽にインスパイアされて作られた意欲作というのは後で知ったことで、ミルト・ジャクソンのバイブの美しさにこれがジャズかと思った。
しかしメインストリームのジャズは全く違うものだった。
僕はビートルズ・R&B世代でジャズに違和感はなく、特にリクエストではあまりいい顔されないファンキーなJimmy SmithやRamsey Lewisが好きだ。
ジャズ喫茶ではいけないことだが体が動いてしまう。
次第にメロディアスな曲、Cannonball Adderleyの「Mercy, Mercy, Mercy」、Herbie Hancock「Maiden Voyage」、Mal Waldron「Left Alone」、Miles Davis「アランフェス協奏曲」などが好きになり、John Coltraneの「My Favorite Things」を聞いてジャズの素晴らしさを認識する。
そして「 A Love Supreme」でJohn Coltrane信者になってしまう。
もう一人ジャズの素晴らしさを教えてくれたのがThelonious Monkだ。
「Round About Midnight」を聞いて心が洗われる。
楽器ではピアノとサックスが好きになったのでロックを聴く時もサックスが入っていると笑みがこぼれる。
トラフィック、マザース・オブ・インヴェンション、ブラッド・スウェト・アンド・ティアーズ、などは最高だ。
ジャズを聴いていたからかどうかわからないがプログレも好きになった。
その後ジャズ喫茶にはいかなくなり、家でレコード(ロック)を聴く時間が長くなった。
今思うと、渋谷のそれも道玄坂にある百軒店はとても特殊な場所で、魑魅魍魎が蠢く異界であった。
その奥のどん詰まりのところにあるドアーを開けた自分の好奇心に驚いている。
この店はずいぶん前になくなってしまったが目を閉じて扉を開けるといつも大きな音でCharlie ParkerがSonny RollinsがJohn Coltraneがそして大好きなCharles Lloydのサックスがスウィングしている。
♣︎13のコピー


ホームページ www.ravana.jp










映画の話 その81(ビギナーズ)

104ドルパディ
 監督のジュリアン・テンプルはセックス・ピストルズ、ローリング・ストーンズ、デビッド・ボウイなど多くのミュージシャンのミュージック・クリップを手掛けたことで知られています。
舞台はすでにアメリカで現れた大人でもなく子供でもない世代「ティーンエイジャー」という概念がイギリスにも伝わった1958年のロンドンのホーソーです。
ビギナーズ
とても興味深いのはスウィンギング・ロンドンの始まりだからです。
物語はある夏の熱帯夜、ソーホーの街は、いつものように青春を謳歌する若者たちの熱気でむせかえっている。
カメラマンの卵コリン(エディ・オコーネル)、その恋人でデザイナー志望のスゼット(パッツィ・ケンジット)も、彼らの仲間だ。
ビギナーズ2
しかし、ひょんなことから喧嘩してしまい、スゼットはファッション界の大物デザイナー、ヘンリー(ジェームズ・フォックス)に惹かれてゆく。
いつも約束に遅れるコリンに愛想をつかして、すべてを満たしてくれそうなヘンリーの誘いにのり婚約してしまうスゼット。
がっかりしたコリンは、ふとしたことで広告業界のやり手、ベンディス(デイヴィッド・ボウイ)と知り合う。
ビギナーズ4
コリンの写真に注目したベンディスは、彼に仕事を与え、売れっ子カメラマンとなるコリン。
スゼットを振り向かせようとテレビ出演をするがテレビ界の汚ないやり方に嫌気がさし、ショーを目茶目茶にしてしまう。その日はスゼットとヘンリーの結婚式の日。
諦めきれない気持ちでテレビに映るコリンを見つめるスゼット。
一方、アパートに戻ったコリンはアパートのあるリトル・ナポリ(ノッティング・ヒル)の土地をめぐって陰謀を企むファシストに操られた一団がヘンリーとグルになっていることを知る。
そして黒幕はベンディスなのであった。
一団と黒人達が遂に衝突した夜、スゼットがヘンリーのもとを脱出、黒人クラブで偶然コリンと再会する。
若者たちによって一団が一掃され、降り出した雨の中、コリンとスゼットは愛を確かめ合うのだった。
ミュージカルの形態をとっていますが、沢山のMTVの集合体あるいは107分のプロモーションビデオとも見られます。
出演者と音楽が最高です。
やはりデイヴィッド・ボウイでしょう。
ビギナーズ5
オープニングとエンディングで流れる主題歌「Absolute Beginners」、ピアノの上で踊る「That’s Motivation」、それに対抗するのがキンクスのレイ・デイヴィス「Quiet Life」思った通りの役どころでした。
そしてエキゾチックでミステリアスなアシーニ・ダンキャノン(シャーデー)「Killer Blow」、スタイル・カウンシル「Have You Ever Had It Blue?」もとても良い曲です。
ビギナーズ6
ここで注目したいのが音楽のギル・エバンスです。
編曲者としてビッグバンドに革命をもたらし、マイルス・デイヴィスの知恵袋と言われています。
そのギル・エバンスが沢山の曲を提供しています。
もう一つの注目はその時代です。
テディボーイのロッカーと出始めたモッズです。
彼らはモダンジャズやR&Bを愛し、スクーターを乗り回します。
スカートもミニになっていきます。
ビギナーズ7
この年代の自動車もかっこいいですね。
特にメッサーシュミットには痺れます。
私が子供の頃は東京でも見られました。
何も考えず1958年のロンドンを楽しみましょう。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp




気になる話 その31 蝉

セミ0
今住んでいる自宅が公園の前にあるので夏の朝は蝉の声で起きます。
だいたい6時頃かな。
天気の悪い日には鳴かないので天候もわかります。
7月の終わりから8月の初めはミンミンゼミです。
<ミンミンゼミ>
セミ3
その後アブラゼミになりとてもうるさくなり騒音です。
蝉の幼虫もたくさんいて、時々道路で潰されています。
以前は駐車場にいるのをよく捕まえて、観察していましたが飽きました。
私は昆虫少年でしたので、夏休みになると蝉を捕まえに行きましたが、家の周りには木があまりなく、公園や東大の構内へ行きました。
近くではありませんが腐るほど蝉がいる場所がありました。
それは千鳥ヶ淵、北の丸公園です。
桜の木が多くそれもあまり大きくないので取り放題です。
ここへ行くには御茶ノ水から国電(古い)に乗り、飯田橋から歩いていきます。
同じコースを都電(古い)でも行くことができます。
ちょっとした遠出です。
<ニイニイゼミ>
セミ1
特に多かったのがニイニイゼミです。
あれだけいたニイニイゼミが最近、家の前の公園には1匹もいませんし、近くで鳴いている声も聞きません。
その代わり昔はいなかったクマゼミの鳴き声をよく聞くようになりました。
1番最後に現れるツクツクボウシも聞かれなくなりました。
もちろん夕方から鳴き始めるヒグラシなどはほとんど聞いたことがありません。
子供の頃、夏休みに田舎へ行くのは最大の楽しみで、1日中虫取りをしていましたが、地元の友達は蝉をとるのに、トリモチ(鳥黐)を使うのです。
釣竿のような竿を先にチューインガムのようなトリモチをつけ木に止まっている蝉につけるのです。
捕まえた蝉はとりもちがついてベタベタして好きではありませんでした。
最近石仏を見たり、温泉に入ったりして地方に行くと、まだたくさんの蝉がいます。
旅館でヒグラシの声を聞くととても嬉しくなります。
<アブラゼミ>
セミ4
いままでで蝉が一番多かったのは、島根県の隠岐島です。
ここの神社には高い木はありません。
低い木にそれこそ隙間がない程びっしり蝉がついているのです。
会話ができないほどうるさいのです。
それが通年のことなのか、異常発生なのかわかりません。
一本の木を試しに蹴ってみました。
それはもう想像にお任せします。
ボブ・ディランの「新しい夜明け」というアルバムに「せみの鳴く日 - Day of the Locusts」という曲が入っています。
セミ2
And the locusts sang off in the distance
Yeah, the locusts sang such a sweet melody

すると遠くで蝉たちが歌った
うん、蝉が歌ったんだ
とても優しいメロディー

この曲は1970年にプリンストン大学から名誉学位が授与されることになり、その授与式でのことを歌った曲です。
その名誉な式より蝉の鳴き声に心を奪われたなんてディランらしくていいですね(Locustsは普通イナゴを指すらしい)。
蝉はうるさいですが、蝉がいなくなったら夏もいなくなってしまいます。
蝉は良い奴です。

ホームページ  www.ravana.jp


旅の話 その10(ケチャ KECAK)

サンチー
インドネシアのバリ島を訪れた人は、必ずと言っていいほどケチャを鑑賞します。
耳にハイビスカスをさした半裸のバリニーズが「チャ・チャ・チャ」と大合唱するあのダンスです。
夕暮れ時に松明をともし、屋外あるいは屋内で演じられるケチャは魅力的です。
ケチャ1
ケチャの内容は寺院の建築でお話ししたヴィシュヌの化身ラーマの物語「ラーマーヤナ」の森林の巻(寺院の彫刻その32その33その34)を題材にして作られています。
ストーリーを簡単に説明しますと「国を追われたラーマ・シーター・ラクシュマナはダンダカの森に入り、そこで生活します。魔王ラーヴァナはシーターに一目惚れし、部下のマーリーチャが魔法を使って黄金の鹿に変身し、ラーマとラクシュマナが黄金の鹿を捕まえにいく間にシーターをさらう計画を立てました。
シーターは黄金の鹿が欲しくなりラーマに捕まえてくれるように頼みます。
ケチャ5
ラーマはシーターとラクシュマナを残してシカを追っていきます。
するとラーマの助けを呼ぶ声が聞こえます。
シーターは心配し、ラクシュマナを行かせます。
ラクシュマナは魔法の結界を作り、この線から絶対外へ出ないように言って助けにいきます。
シーター1人になったのを確認し、ラーヴァナは僧侶に変身して、食べ物を求めます。
ケチャ4
信心深く優しいシーターは僧侶に食べ物を渡すために結界から出てしまいます。
すぐさまラーヴァナはシーターをさらいランカ島に連れ去ります。
ラーマとラクシュマナはハヌマンをはじめとするサル軍の力を借り、ランカ島に渡りシーターを救出します」という話です。
ケチャ7
ケチャの歴史は新しく、1930年代、バリ人と共にバリ芸術を発展開花させたドイツ人画家、ヴァルター・シュピースの提案によるものでした。
ケチャ8
呪術的な踊りサンヒャンを基に、男声合唱を使って「ラーマーヤナ」のストーリーを組み込んだ観賞用の舞踊を作りました。
上半身裸で腰布を巻いた数十人(百人を超えることもある)の男性が、幾重にも重なった円陣を組んであぐら座りをし、身振り手振りを使ってサルの鳴き声を合唱します。
楽器は使用しません。
円陣の中央では主人公達が次々と登場し舞踊劇の様式で物語を進行させます。
バリは舞踊が盛んでいろいろな種類の舞踊があります。
そして舞踊に欠かせないのがバリの民族音楽ガムランです。
ヴァルター・シュピースのセンスはバリ舞踊に必須のガムランを使用しないで男声合唱のみで作り上げたことです。
そのため逆に素晴らしい迫力を生み出します。
ウブド村に在住したヴァルター・シュピースは絵画や音楽などバリ芸術に深くかかわり、世界にバリ芸術を紹介しました。
ケチャ9
バリを深く愛しバリニーズを深く理解しなければ出来ない作品です。
最近は主に海岸にある寺院で行われているようです。
私個人としては森の中の寺院で見たいものです。
月と松明で照らされた野外で見るケチャは南国特有の湿気を含んだ重い空気とほのかに香るクローブの香りでバリでしか味わえないエキゾチックな世界へ連れて行ってくれます。

ホームページ  www.ravana.jp