FC2ブログ

寺院の彫刻 その71 (シヴァ21ソーマスカンダ)

PANATA136.jpg
シヴァファミリーの像は、シヴァ、パールヴァティー(ウマー)、ガネーシャ、スカンダ、ナンディです。
前回お話しした「ナンディに乗るシヴァとウマー」はその名の通り3者が彫られていますが、他にシヴァ、ウマー、スカンダを彫った像があります。
1Somaskanda.jpeg
「ソーマスカンダ」と言い、南インドのタミルナード州にあるパッラヴァ王朝の建造物に彫られた独特の彫刻です。
シヴァ寺院のリンガを祀る祠堂の奥の壁にシヴァとウマーの間に幼いスカンダが彫られているのが一般的です。
そしてその上方にはブラフマーとヴィシュヌが彫刻されています。
この像はパッラヴァ朝のラージャシンハ王が8世紀の初めに作らせたと言われています。
おそらくラージャシンハ王が自分をスカンダ(戦闘の神)に見立て、父親のパラメーシュヴァラヴァルマン1世をシヴァ神に見立てて、正当な継承者であることを広く世に知らしめたと考えられます。
まずはタミルナード州のMAMALLAPURAMにあるATIRANACHANDAマンダパ(石窟寺院)へ行きます。
1ATIRANACHANDA MANDAPA1のコピー 2ATIRANACHANDA5のコピー
このマンダパの特徴はシヴァリンガが祀られた祠堂の入り口の左右と祠堂の奥のに「ソーマスカンダ」が彫られていることと(普通は奥の1面)、ラージャシンハ王のよるこの祠堂の造営目的の碑文があることです。
3ATIRANACHANDA2のコピー 4ATIRANACHANDA3のコピー
5ATIRANACHANDA4.jpg
6ATIRANACHANDA MANDAPA5
このマンダパはMAMALLAPURAMの観光名所から少し離れているため、観光客はほとんど訪れませんが、とても静かで素晴らしいマンダパです。
有名な海岸寺院の祠堂の奥壁にも「ソーマスカンダ」はあります。
7SHORE TEMPLE 8SHORE TEMPLE2
とてもはっきりしておりシヴァ、スカンダ、ウマーの衣装や顔の表情もよくわかります。
奥のブラフマーとヴィシュヌもはっきりわかります。
海岸寺院にはこの他沢山のソーマスカンダが彫刻されています。
MAHISHAMARDHINIマンダパの「ソーマスカンダ」も出来が良いです。
9MAHISHAMARDHINIM1 10MAHISHAMARDHINIM2
足元にはナンディがいます。
その上にシヴァとウマーは足を乗せています。
DHARMARAJA RATHAの3階にも「ソーマスカンダ」があります。
11DHARMARAJA RATHAのコピー 12DHARMARAJA RATHA2のコピー
このパネルではブラフマーとヴィシュヌは両脇に立っています。
同じくMAMALLAPURAM のMUKUDANAYANAR 寺院の奥の壁にも彫刻されています。
13MUKUDANAYANAR TEMPLEのコピー 14MUKUDANAYANAR TEMPLE2のコピー
パッラヴァ朝の首都KANCHIPURAMへ行きます。
KAILASANATHA寺院にはいくつかの「ソーマスカンダ」があります。
15KAILASANATHA.jpg 16KAILASANATHA2
同じ時期のMATANGESHWARA寺院でも見つかりました。
17MATANGESHWARA.jpg 18MATANGESHWARA2
南インドではブロンズ像もたくさん作られました。
19Somaskanda.jpg
「ソーマスカンダ」は南インド独特の彫刻です。
シヴァ寺院にお参りした時、リンガの奥の壁に彫られたソーマスカンダ像があると、とても心が安らぐのです。

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その71(アリス)

113アリムビ
今回はルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」をヤン・シュヴァンクマイエル監督が映画化した「アリス」を見ようと思います。
子供の頃はディズニーの「不思議の国のアリス」に夢中でした。
中学に入りルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」を読んで、ディズニーのアリスは違うと思い始めました。
ジョン・テニエルの挿絵も素晴らしく、アリスは可愛い女の子ではないぞと思い、もっとズルイこまっちゃくれたワガママな子であると考えるようになったのです。
すると益々アリスが面白くなりました。
いろいろな監督がアリスの映画に取り組みましたが、私はヤン・シュヴァンクマイエル監督のアリスが原作にも近く、最高だと思っています。
1アリス
とてものどかな小川で姉は本を読んでいます。
隣で不機嫌そうなアリスは小石を集めて、川に投げつけているところから始まります。
すると突然アリスの口元が超アップになりアリスのナレーションが始まります。
この映画には会話はなく、全てアリスのナレーションで進行し、その度にアリスの口元がアップになるのです。
それも歯の間から唾液が糸を引いて。
3アリス
次はアリスの部屋のアップでオモチャや食べ残しのクッキーやかじったリンゴ、蜂の死骸、裁縫箱、瓶に詰めた果物のシロップ漬け、インク、壁に貼られたうさぎと狼の挿絵、操り人形、ねじ式の人形、飲みかけの紅茶、アリスそっくりの衣装を着た人形、などをアップで映し出します。
私は感じ取りました。
これらは全てこれから始まる物語の主人公だと。
そして物語は全てアリスの家の中で起こると。
4−1アリス
すると穴ウサギの剥製が入っているガラスで囲まれたジオラマが映ります。
私はだいぶ昔にデパートの骨董市でこのようなジオラマを見たことがあります(欲しくてたまりませんでした)。
なんとこの穴ウサギが自分で固定されている釘を抜き動き始めるのです。
そしてケースの中の土の中に隠された秘密の箱から洋服、帽子、手袋を取り出し身に着けガラスケースを割って飛び出します。
4アリス
ベッドから見ていたアリスも後を追っていきます。
ウサギは机の引き出しに入ります。
アリスも後を追って、引き出しの中に入り、バケツのエレベーターで4階から1階まで降りていきます。
1階にある広口ビンに入っているホルマリン漬けの訳のわからない魚やカエルなど、昆虫や動物の剥製、骨標本などが不気味です。
インクを飲むとアリスは小さくなります。
小さくなったアリスは人形のストップモーションで不気味です。
5アリス
大きくなるのにはクッキーです。
ネズミがアリスの頭の上でオジヤを作るシーンも面白いです。
6アリス
ウサギがホイッスルを吹くと現れる馬車が好きです。
馬車から出てくる骨だけの魚や鳥、ワニが良いです。
まるでヒエロニムス・ボスの絵画のようです。
8アリス
出てくるものは全て骨だけです。
これらが小さくなったアリスを襲います。
9アリス
アリスは襲われミルクの中に落ちます。
そこで大きくなるのですが、巨大な人形の不気味なアリスになります。
10アリス
この巨大な人形の中から本物のアリスが出てくるシーンはハイライトのひとつです。
11アリス
そこでは卵から骨のヒヨコがかえり、バゲットからはたくさんの釘が出てきて、生肉は動き出し、缶詰を開けるとゴキブリのようなフナムシが沢山這い出します。
他の部屋では沢山の靴下が蛇のように穴から穴にのたうち回ります。
13アリス
操り人形の帽子屋と車椅子で移動するネジ巻き三日月ウサギのお茶会も不気味です。
12アリス
「首をはねて」が口癖のハートの女王も好きです。
14アリス
アリスが引っ張ると必ず取れてしまう机などのノブ、穴ウサギが懐から懐中時計を取り出すと必ず体に詰めてあるオガクズがボロボロこぼれるシーンのしつこい繰り返しがたまりません。
妙に色っぽいアリスのおかげでロリータコンプレックスになりそうです。
恐ろしやヤン・シュヴァンクマイエル!
そうそうこの映画は子供に見せてはダメですよ。
必ずトラウマになります!

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

石の巡礼 その18(福昌寺十大弟子)

AA1_0294のコピー
今回は釈迦十大弟子を見てみます。
町田にある福昌寺は、高洲快天和尚が永禄11年(1568年)に創建したといい、徳川家康の遺骸を久能山より日光へ移送の際には休息所となったといいます。
ここに昭和54年と新しい造立ですが十大弟子の彫像があります。
釈迦には非常にたくさんの弟子がおり、その中には様々な人物がいました。
彼らの中でも、とりわけ有能で、釈迦の信頼が厚かったと思われる10人の直弟子は、しばしば「十大弟子」と呼ばれています。
現在、十大弟子として広く知られているものは「維摩経」というお経の弟子品における記述にもとづいています。
木造では興福寺の乾漆十大弟子立像(国宝)が有名です。
興福寺十大弟子
それでは福昌寺の石像を見てみます。
1)舎利弗 しゃりほつ シャーリプトラ(Śāriputra) 智慧第一
1舎利弗 1-2舎利弗
舎利弗(サーリプッタ)と目連(モッガラーナ)を特に二大弟子と呼ぶ。
釈迦の弟子のアッサジ(阿説示)比丘と出会い、アッサジを通じて釈迦の教えの一部[3] を聞いたとたんに預流果(悟りの最初の段階)に達したと伝えられる。目連を連れて釈迦に弟子入りすると、サンジャヤの他の信徒250人も、彼ら二人に従い、サンジャヤ教団を離れ釈迦に弟子入りした。その後すぐに最高の悟りを得た舎利弗は釈迦の信任も厚く、時には釈迦に代わって法を説くこともあったという。釈迦の実子である羅睺羅(ラーフラ)の師僧(和尚)にもなった。
2)摩訶目犍連 まかもっけんれん マハーモッガラーナ (Mahāmoggallāna)神通第一
2目連 2-1目犍連
一般に目連(もくれん)と略称される
舎利弗とともに懐疑論者サンジャヤ・ベーラッティプッタの弟子であったが、ともに仏弟子となった。中国仏教では目連が餓鬼道に落ちた母を救うために行った供養が『盂蘭盆会』(うらぼんえ)の起源だとしている。
3)摩訶迦葉 まかかしょう マハーカッサパ(Mahākassapa)頭陀(ずだ) 第一。
3摩訶迦葉 3-1摩訶迦葉
大迦葉とも呼ばれる。
釈迦の死後、その教団を統率し、第1結集では500 人の仲間とともに釈迦の教法を編集する座長を務めた。禅宗は付法蔵 (教えの奥義を直伝すること) の第2祖とする。
4)須菩提 しゅぼだい スブーティ(Subhūti)解空第一 無諍第一
4須菩提 4-1須菩提
須菩提はもとは粗暴で短気な性格だったともいわれるが、後に外道から非難や中傷・迫害を受けても決して言い争うことなく円満柔和を心がけたといわれ、このため弟子中で無諍第一といわれ、また多くの人々から尊敬せられ限りなく供養を受けたので被供養第一ともいわれている。
5)富楼那弥多羅尼子 ふるなみたらにし プンナ・マンターニープッタ(Puṇṇa Mantānīputta) 説法第一
5富楼那 5-1富楼那
略称として「富楼那」
釈迦とは生年月が同じで、幼くして既に聡明で、バラモンの四ヴェーダ(聖典)と五明(声・因・医・工・内)に通じていたが、世塵を厭うて雪山(ヒマラヤ)に入山学道し、苦行を重ねて四禅定と五神通を得たが、釈迦の成道を聞き、波羅奈(パラナシー)国の鹿野苑へ同朋と赴き仏弟子となった。
6)摩訶迦旃延 まかかせんねん マハーカッチャーナ(Mahākaccāna)論議第一
6迦旃延 6-1迦旃延
彼がいつ仏教教団に入ったかはわからないが、初期の仏教伝道において重要な働きをした。子供の頃より聡明で、一度聞いた内容は忘れず良く理解したと言われる。それでも難解で理解できないことがあり、釈迦に教えを請うことになり、これがきっかけで弟子となったとされる。
7)阿那律 あなりつ アヌルッダ(Anuruddha) 天眼第一
7阿那律 7-1阿那律
釈迦の従弟。阿難とともに出家した。仏の前で居眠りして叱責をうけ、眠らぬ誓いをたて、視力を失ったがそのためかえって真理を見る眼をえた。釈迦仏の最後の布教の旅にも同行し、釈迦仏入滅において慟哭し悲嘆する弟子たちを慰め励ました。釈迦仏入滅後、阿難陀(アーナンダー)に指示してクシナガラのマッラ族に葬儀の用意をさせたともいわれる。
8)優波離 うぱり ウパーリ(Upāli)持律第一
8優波離 8-1優波離
もと理髪師で、階級制度を否定する釈迦により、出家した順序にしたがって、貴族出身の比丘の兄弟子とされた。下層のシュードラの出身で、カピラ城で釈迦族の諸の王子の理髪師だった。釈迦が悉多(シッダルタ)といわれた太子の頃に執事だったともいう。
9)羅睺羅 らごら ラーフラ(Rāhula)密行第一
9羅睺羅 9-1羅睺羅
釈迦の長男。釈迦の帰郷に際し出家して最初の沙弥(少年僧) となる。そこから、日本では寺院の子弟のことを仏教用語で羅子(らご)と言う。20歳にして具足戒を受け比丘となった。舎利弗に就いて修行学道し、当初は仏の実子ということもあり特別扱いを受ける事もあったが、その分を弁えてよく制戒を守り多くの比丘にも敬われるようになったという。彼は不言実行を以って密行を全うし、密行第一と称せられたが、釈迦仏より、多くの比丘衆でも学を好むことで、学習第一とも称せられた。
10)阿難陀 あなんだ アーナンダ(Ānanda)多聞第一
10阿難陀 10-1阿難陀
釈迦の従弟。nandaは歓喜(かんぎ)という意味がある。出家して以来、釈迦が死ぬまで25年間、釈迦の付き人をした。第一結集のときアーナンダの記憶に基づいて経が編纂された。120歳まで生きたという。王舎城・七葉窟にて行われた第1回の経典結集に晴れて参加した阿難は、記憶に基づいて釈迦の教えを口述し、経典が編纂されたという。漢訳経典の冒頭の「如是我聞」という定型句は、「我は仏陀からこのように聞いた」という意味であるが、この「我」とは多くが阿難であるとされる。
「二菩薩 釈迦十大弟子」 棟方志功
十大弟子は本来インド系の人たちですが既に奈良時代の興福寺「乾漆十大弟子立像」を見ると既に顔立ちは日本人です。この福昌寺の十大弟子もどちらかというと中国系の顔立ちです。あまりそういうことにこだわらないのが日本人です。

ホームページ  www.ravana.jp











音楽の話 その66(ユーミン 荒井由実)

ガンジーファ - 019
私の音楽人生に多大な影響を与えた荒井由実ことユーミンのお話です。
それは洋楽ばかり聴いていた私がはっぴいえんどにのめり込んだ時です。
はっぴいえんどが解散しバッキング/サウンドプロデュースを行う演奏家集団キャラメル・ママが誕生しました。
彼らがバッキングと編曲を担当したので購入した訳で、荒井由実に関してはほとんど知りませんでした。
購入したアルバムはクラシックの楽譜の表紙のようでとても硬い感じがします。
ユーミン1
しかしセンスは悪くありません。
A面に針を落とします。
ピアノにかぶりオルガンが入りアルバムタイトル「ひこうき雲」です。
ドラム、ベースが入ります。
ユーミンのボーカルです。
この瞬間只者ではないことはわかりました。
でもこれはキャラメル・ママのセンスかなとも思いました。
ボーカルは決して上手ではありません。
大好きなプロコルハルムのパクリとも違います。
詞はとても良いのですが、こういうシリアスなものを歌にするのは抵抗がありました。
ユーミン9
2曲目の「曇り空」は曲、詩、アレンジも素敵です。
ユーミンの声もあっています。
3曲目の「恋のスーパーパラシューター」はとてもポップな曲です。
「空と海の輝きに向けて」はスローテンポのシリアスな曲です。
5曲目「きっと言える」は名曲です。
ユーミン3
キャラメル・ママのアレンジも良いです。
B面1曲目の「ベルベット・イースター」は初めはあまり興味はなかったのですが、聞くにつれてだんだん好きになってきた曲です。
今ではかなり好きです。
キャラメルママのアレンジは控えめで好きです。
ユーミン5
「紙ヒコーキ」はカントリーぽい出だしです。
「雨の街を」はこのアルバムの中で一番好きな曲です。
歌詞が素晴らしく、ユーミンの繊細な感性が感じられます。
声も淡々とした歌い方も曲にマッチしています。
この曲でユーミンのファンになった人が沢山いると思います。
「返事はいらない」はデビュー曲です。
ユーミン8
いい曲なのですがあまり売れそうもない曲です。
キャラメルママがとても良いと思います。
「そのまま」はとても印象の薄い曲。
最後に「ひこうき雲」が一瞬戻ってきてトータル感を持たせます。
はっぴいえんど以前にはあまり歌詞に重きを置かなかった私が、ユーミンの歌詞で曲を聴くようになりました。
特に「雨の街を」「ベルベット・イースター」「曇り空」の歌詞の新しさに感動しました。
同じ時代、同じような体験から近親感が持てたことも関係していると思います。
表には出てきませんが、ユーミンのベースも僕のベースもブリティッシュ・ロックがあるのです。
当時の女性シンガーといえば、ローラ・ニーロかキャロル・キングです。
この二人の影響を受けても良いと思うのですが、ユーミンは全く別の世界を作り上げました。
良い意味で日本なのです。
アメリカでもなくヨーロッパでもなく日本なのです。
ユーミン6
とてもユーミンが気になり、紀伊国屋ホールへコンサートを聴きに行きました。
記憶が定かでありませんが、席は半分ぐらい入っていたと思います。
バックバンドはキャラメル・ママではありませんでした。
ボーカルもけっして上手ではありませんでしたが、弾き語りで歌う「雨の街を」に感動したことを覚えています。
少なくてもこのアルバムには原石の輝きがあります。
そしてこの原石とこれから長い付き合いが始まるのです。

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その70(ザ・コミットメンツ)

112ガトゥコチョ
今回はアラン・パーカー監督の音楽映画「ザ・コミットメンツ」です。
ロディ・ドイルの小説「おれたち、ザ・コミットメンツ」の映画化です。
コミットメンツ9
もちろん原作も何回も読み直しました。
私の再生回数1番のDVDです。
ちなみに2番は「ブルース・ブラザース」、3番は「インド夜想曲」、4番は「すべてをあなたに」です。
コミットメンツ10
ダブリンでバンドを作りマネージメントをしたいと考えていたジミーの選択はR&Bのソウルバンドです。
海賊版のビデオやCDを売りながらメンバーを捜します。
まず仲間のアウトスパン(ギタリスト)、デレク(ベーシスト)、ビリー(ドラマー)、スティーヴ(ピアニスト)、イメルダ、ナタリー、バーニー(コーラス、ボーカル)など集め、結婚式の会場でデコ(リード・ヴォーカリスト)を見つけます。
新聞広告をだして本物のR&Bプレーヤーで有名人のバックで何枚ものレコードに参加しているジョーイ(トランペッター)とディーン(サックス・プレイヤー)を見つけます。
始めはめちゃくちゃですが、ジョーイの指導とジミーの熱意でバンドは次第にまとまっていきます。
コミットメンツ6
有能なマネージャーのジミーは楽器の調達やステージの契約を取ってきます。
徐々に名前が売れはじめステージも次第に大きくなっていきます。
そして音楽雑誌の記者やレコード会社の人達もライブにやって来ます。
しかし人気とは裏腹にバンド内はぐちゃぐちゃになっていきます。
コミットメンツ8
ジョーイは女性コーラスの3人と関係を持ち、ディーンはジャズに傾向していき、デコはみんなから嫌われています。
レコード会社との契約が決まったとき、バンドは解散してしまいます。
まずR&Bが大好きで、アイルランドが大好きで、青春ものが大好きな私にはたまらない映画です。
おそらくアラン・パーカー監督も同じく楽しんて作った感が伝わって来ます。
コミットメンツ1
Roy Headの「Treat Her Right」がオープニングです。
ダブリンの町を写すシーンではAnn Peeblesの「I Can t Stand the Rain」です。
新聞広告で集まった若者のシーンはアラン・パーカーの好みがよく解ります。
ジミーはバンドのメンバーにジェームスブラウンのビデオを見せ言います「アイルランド人は欧州の黒人、中でもダブリン子は黒人の中の黒人だ」。
初めて全員がそろいました。
電車の中で全員で歌う「Destination Anywhere」は最高です。
ついにみんなで初めての曲「Mustang Sally」を演奏します。
全くあいません。
最低です。
コミットメンツ4
教会でスティーヴがパイプオルガンで弾く青い影にジミーが一緒に歌うシーンはなかなか良いです。
いよいよ公民館でコンサートです。
一曲目はオーティスの「Mr. Pitiful」です。
2曲目はナタリーの歌う「Bye Bye Baby」、そこでデレクが感電して病院に運ばれます。
そして少し大きな会場で「Take Me To The River」です。
だいぶまともになって来ました。
デコの歌う「The Dark End of the Street」は素晴らしいです。
バックもしまってきました。
コミットメンツ7
敬虔なスティーブが教会で懺悔をします。
その時マーヴィン・ゲイの「男が女を愛するとき」と言ってしまい、神父にパーシ−・スレッジと訂正される所は笑えます。
バンドはどんどん上手になってきます。
その間ドラムがローディー兼用心棒のミッカーにかわります。
イメルダの歌う「Chain of Fools」も良い出来です。
「Mustang Sally」は見違える出来です。
アレサの「I Never Loved A Man」を歌うナタリーは素敵です。
そしてみんなの魂が一つになった「Try a Little Tenderness」はふるえが来ます。
コミットメンツ3
これをライブで撮ったアラン・パーカーに拍手です。
そして「In the Midnight Hour」です。
レコーディングの話もありますが、この「In the Midnight Hour」を最後にバンドは解散です。
関係者に認められ、これからレコーディングという時に仲間割れでジミーはくさります。
そんなジミーにジョーイは言います「お前は何かを成し遂げたはずだぞ、バンドの成功などなんだ」「お前はみんなの新たな地平を開いた」バックにはサックスが奏でる「Try a Little Tenderness」が流れます。
最高です。
コミットメンツ5
ジミーの最後の言葉はなんと青い影の一節です。
We skipped the light fandango
turned cartwheels 'cross the floor
I was feeling kinda seasick
but the crowd called out for more


8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

気になる話 その25 ペトロ・カスイ岐部

33541844810_b78eb80bf8_k 2
ペトロ・カスイ岐部(ペトロ岐部)のお話です。
ペトロ岐部に興味を持ったのは大分県国東半島の石仏めぐりをしている時です。
国見町にある道の駅の前にある公園に立っている銅像を見てからです。
1ペトロカスイ岐部
彼の経歴を知ってから私の尊敬する人の一人になりました。
1587年、豊後国国東郡の岐部で、父・ロマーノ岐部、母・マリア波多の元に生まれます(天正遣欧少年使節が出航した2年後)。
父・ロマーノ岐部は、豊後国の戦国大名大友氏の重臣で、大分県国東半島北部の岐部を本拠とする豪族岐部氏の一族。母・マリアの実家は、大友氏の重臣波多氏で宇佐神宮の神官をしていました。
キリスト教徒の両親の間に生まれたペトロ岐部は、13歳で有馬のセミナリヨ(初等教育機関の神学校)に入学しました。
1614年、江戸幕府によるキリシタン追放令によってマカオへ追放された岐部は、司祭(神父)になるべく同地のコレジオでラテン語と神学を学びます。
11ペトロ
しかし、マカオの上長の日本人への偏見から司祭叙階がかなわないことを知ると、独力でローマのイエズス会本部を目指すことを決意し、マンショ小西、ミゲル・ミノエスとともにコレジオ(高等教育機関の神学校)を脱出して渡航します。
マカオからマラッカ、ゴアへは船で渡り、そこから岐部はなんと1人で陸路インドからペルシャを経てヨーロッパを目指すのです。
2ペトロの道
ホルムズ、バグダードを経て、日本人としてはじめてエルサレム入りを果たしました。
ローマにたどりついたのは出発から3年が経った1620年のことです。
ローマでイエズス会士による審査を受けた岐部は、司祭にふさわしい適性と充分な学識を備えていることを認められ、1620年11月15日、サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂で32歳で司祭に叙階されました。
さらにローマのイエズス会聖アンドレ修練院で2年間イエズス会士としての養成を受け、リスボンに赴いて同地で誓願を宣立しました。
1623年、20人のイエズス会士とともに、インドを目指す旅に出て、はるか喜望峰を回り、翌1624年ゴアにたどり着きます。
3ペトロ岐部と187殉教者
岐部は殉教を覚悟して日本への渡航を希望しますが、そのころの日本では弾圧が強化され、宣教師の入国は厳禁されていたため、司祭を乗せる船はありませんでした。
そのため岐部は日本への足を求めて東南アジア各地を回ります。
やっと1630年にマニラから日本に向かう船に乗り込むことに成功。
難破しながらも何とか薩摩の坊津に到着しました。
日本を出てから16年ぶりの帰国です。
岐部は潜伏し、激しい迫害と摘発を逃れながら、長崎から東北へ向かいつつ、信徒たちを励まします。
1639年に仙台にあるキリシタンの家にかくまわれていたところを密告され逮捕されてしまいます。
6ペトロと井上筑後守政重
江戸に送られ、激しい拷問を受けても棄教せず、最後は、浅草待乳山聖天近くの明地で穴吊りにされます。
7穴吊り
そのさなかにも隣で吊られていた信徒を励ましていたため、穴から引き出され、1639年7月4日に腹を火で炙られ殺されました。
享年52歳です。
彼の信仰の強さはどこから来るのでしょう。
ゴアから陸路でローマを目指すのですよ!
徒歩で時には商隊と一緒に砂漠を抜けてエルサレムですよ!
ローマとリスボンで司祭になるための修練を3年間続けます。
ゴアに戻り、日本に戻れば殺されることがわかっているのに6年間もチャンスを待っていたのですよ!
鹿児島に上陸して迫害と摘発を逃れながら東北まで布教を続けるのです。
そして捕まり、最も苦しい穴吊りの刑ですよ!
内蔵が下がってすぐ死なないように体を縄でぐるぐる巻きにし、頭に充血するのを防ぐため、小さい穴をあけておきます。そして穴の中には汚物を入れておき、ここに首までつけるのですよ!
これでほとんどの人は棄教します。
4ペトロ岐部と187殉教者2
なんと彼はその最中、隣で吊られていた信徒を励ましていたのですよ!
もう1人天正遣欧少年使節の中浦ジュリアンもこの拷問に耐え、「私はローマを見た中浦ジュリアン司祭である」と言って殉教しました。
8中浦ジュリアンの殉教図
この2人は2007年6月、ローマ教皇ベネディクト16世によってペトロ岐部と187人の殉教者として福者に列せられました。
ああ良かった!
ペトロとジュリアンと186人に神の御加護を。

ホームページ  www.ravana.jp