FC2ブログ

映画の話 その102(狼の時刻)

150パルグナディ
イングマール・ベルイマン監督の68年度の作品です。
幻想的な中にホラーが入っています。
いつもどおり、とても美しいモノクロ映像です。
狼の時刻1
北海の小島で暮らす、画家のユーハン・ボイル(マックス・フォン・シドー)とその妻アルマ(リヴ・ウルマン)。
ある日、ユーハンが忽然と姿を消してしまった。
彼の日記帳を今も大切に保管するアルマが、当時の事情について静かに語り始めるところから始まります。
画業がうまくゆかないユーハンは、仕事中も奇妙な幻に話しかけられ、悩んでいました。
彼はその幻たちに”鳥人間”や”人食い人種”などと名前をつけ、まるで実在の人物のように語ります。
不眠症もひどくなり、精神的に追い詰めらてゆくユーハンに対し、アルマはそばで慰めるしか出来ません。
狼の時刻2
ある日、洗濯を始めたアルマの前に1人の見知らぬ貴婦人が現れ、ユーハンの日記の場所を教え、「読みなさい」と命じます。
その命令通り日記を読んだアルマは、ユーハンが”鳥人間”たちばかりでなく、以前の恋人・ヴェロニカ・フォーグレル(イングリット・チューリン)の幻も見ていることを知るのです。
狼の時刻5
やがて、2人はバルトルム島の所有者だという男爵から招待を受け、その城を訪れます。
男爵の一族と食事を取った後、男爵夫人は自分が購入したというユーハンの絵を2人に見せます。
狼の時刻4
それはヴェロニカ・フォーグレルを描いたものでした。
城からの帰路、アルマはヴェロニカへの嫉妬で泣き出し、ユーハンを責め始めます。
それからしばらく経ち、眠れないままにユーハンは自分の過去の経験をアルマに告げます。
海岸で釣りをしていた彼はある少年と出会い、ちょっとしたいさかいからその少年を殺してしまったというのです。
アルマはその話にショックを受けますが、それが本当かどうかはハッキリしません。
そして男爵の一族のひとりがユーハンの家にやってきて、またパーティに誘います。
出席者の中にはヴェロニカ・フォーグレルも含まれると告げ、なぜかピストルを残して去ってゆきます。
ヴェロニカのことで喧嘩になるユーハンとアルマ。
ユーハンは手に持ったピストルでアルマを撃ちます。
そのままユーハンは男爵の城へゆき、化粧を施されて全裸で横たわったヴェロニカに再会。
狼の時刻6
しかし、彼女を抱きしめた彼は男爵の一族に笑われ、侮蔑の対象となるのです。
一方、撃たれたもののかすり傷しか負わなかったアルマはユーハンを探して森の中へ。
そこでぼんやり座り込んでいた夫を見つけ、抱きしめます。
狼の時刻9
しかし、そこへまた男爵の一族が襲ってきて、ユーハンは姿を消します。
一体何が現実で何が幻なのか分かりません。
「夫と長年暮らしてきたせいで自分も幻を見たのだろうか?」と問いかけ、アルマは話を終えます。
出だしはいつものベルイマンですが、40分ほど経ったところで狼の時刻とタイトルが出ます。
ここからホラーになっていき2度目の男爵からの招待から一気に異次元の世界に入っていきます。
狼の時刻7
「逆さまになって天井を歩く男」「顔に皮膚を剥がし目玉を取り出す老婆」「死化粧をされたユーハン」「鳩だらけの回廊」「死体のヴェロニカ(美しい)の笑い」「二人の情事を見つめる館の人々」「しつこくユーハンを襲う少年」「海に沈む少年の遺体」「人形劇魔笛」など盛りだくさんです。
狼の時刻8
これは現実、ユーハンの幻想、アルマの幻想、あるいは二人の幻想、吸血鬼など色々考えさせられる作品です。
タイトルの狼の時刻というのは、夜と朝が交錯する時間帯のことで、子ともが生まれたり、病人が死んだりする時間帯と信じられています。
日本では丑三つ時のことです。
そういえば日本映画「丑三つの村」は怖かった。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp


気になる話 その39 久高島2

33797083521_0714e9757e_k 2
いよいよ村落に入ります。
琉球王朝時代に定められたノロ制度(琉球王国による宗教支配の手段として地域の祭祀を取りしきり、御嶽を管理する女性の祭祀を各地に配置した)のもと、公式指名を受けたのが外間家、島のノロとして指名されたのが久高家です。
そして、それぞれに設置された祭祀の場が外間殿と久高殿で久高島にはこの二つの祭祀場があります。
まずは外間殿へ行きます。
<外間殿とアサギ家>
1外間殿
今でも正月をはじめとする島の行事のほとんどはここで行われます。
外間殿には、天頭神(天の神の総帥)、玉礼乃神(太陽神)、松乃美神(月の神)、ニレー大主神(竜宮神)、アマミキヨ神(国造りの神)百畑地方照乃神(植物の神)、梁万神(健康の神)などが祭られている島でも重要な場所です。
隣の建物は西威王(英祖王統(1260~1349年)五代目の王が生まれた「アサギ家」です。
拝殿の前庭を挟んで向かい側に「火ぬ神」が祀られています。
<火ぬ神>
2外間殿2
ガジュマルの緑に覆われ、周囲は石囲いで、中央に香炉が一基置かれています。
すぐそばにアマミキヨが腰かけ休息したという石(テーブル珊瑚)があると西銘さんが教えてくれました。
<アマミキヨの石>
3アマミキヨの石
説明書きも看板もないので通り過ぎてしまいます。
もう一つの祭祀場久高殿へ行きます。
こここそがイザイホーが行われる祭祀場です。
ここには三つの建物があり、向かって左にタルガナーと呼ばれるイラブー(海蛇)の燻製小屋、神アシャギ(神を招き祭祀を行うお座敷)、シラタル拝殿と並んでいます。
<イラブー(海蛇)の燻製小屋>
4久高殿2
<神アシャギとシラタル拝殿>
4久高殿
神アシャギはイザイホーの時にはビロウ(クバ)で壁が作られます。
5カミアシャギ
イザイホーは久高島で生まれたナンチュと呼ばれる30歳から41歳までの女性がノロを頂点とする祭祀集団に加入して神女になる儀式で4日間にわたって行われます。
5イザイホー5
ナンチュは唱え詞(となえことば)をしながら祭場の拝殿を 7度回り,神アシャギの前に作られた「七つ橋」と呼ばれる仮設の橋(現世と来世をつなぐ象徴)を渡って祖霊が佇むイザイヤマ(奥の森)に入ります。
そして森に作られた「七ツ屋」という小屋で「夜篭」を経て神人となって翌日外界に登場します。
<七ツ屋>
8七ツ屋
そして数々の祭祀を行い、最終日には,神女全員が男性と綱引きをして東方の海上にあるとされる異郷,ニライカナイの神を迎えてまつり,最終的に神女としての資格を得るのです。
9イザイホー9
なお1ヵ月前から祭祀の主宰者であるノロや先輩格のヤジクが,今度初めて祭りに参加するナンチュを率いて島内の聖所を巡拝する〈御願立(おかんだて)〉の行事をすませます。
12イザイホー
シラタル(白樽)とは玉城百名村(今の南城市玉城百名)の住人で、妻は玉城按司(領主)の娘だと言われています。
白樽夫婦は戦乱の続く世を嫌い、小舟をあやつって東の海の彼方に浮かぶ久高島へ逃れてきて、シキイ浜で五穀の種子の入った壺を掬い上げた人物で久高家の先祖と言われています。
8イザイホー8のコピー
燻製小屋は海蛇の燻製を作るところ、琉球王国時代には王家御用達の品で、久高家はその採取権を持っていたからで現在も使用されています。
久高島の御三家は外間家、久高家、大里家です。
一番古い大里家は典型的な琉球の古民家で母屋と拝殿が建っています。
<大里家>
9大里家
大里家にも久高殿と同じような「五穀の壺」伝承が残っています。
イシキ浜に流れて来た壺を拾い上げたのは、久高殿ではシラダルになっていますが、大里家では、その昔、大里家に住むシマリバー(女性)とアカツミー(男性)という男女として語り継がれています。
もう一つの大里家の伝承は、琉球王朝第一尚氏最後の17代尚徳王が大里家の美しい神女クニチャサ(ノロ)と恋仲になり、政治を省みず久高島にいる間に城内で反乱が起きて王位を退けられてしまい、絶望した王は帰途の船から海に飛び込んで、自らの命を絶ってしまいました。
クニチャサもこれを聞き悲しみにくれ、この家の前にあるガジュマルの木で首を吊って死んでしまいましたという話です。拝殿には火ぬ神が祀られていて、かまどを設え、その上にお釜が載せられていました。
<大里家拝殿>
11大里家拝殿
庭には拝所もあります。
イチャリ小はアマミキヨが島を創った際に使われたとされる棒(シマグシナー)を祀ってある拝殿です。
<イチャリ小>
12イチャリ小
アマミキヨが仮住まいしたところとも言われています。
中に新しいものですが、棒が立て掛けられていました。
<イチャリ小内部>
13イチャリ小2
ウプンシミと案内板だけが立っている家がありました。
西銘さんの説明では、大里家の美人ノロ、クニチャサの後継者のノロの家だということです。
<ウプンシミ>
14ウプンシミ
ハンチャタイは集落の中心にあるただの空き地ですが片隅に石やサンゴが積まれています。
神の畑という意味で積まれている石は天と地をつなぐ場所とされています。
<ハンチャタイと村落の石垣>
15ハンチャタイ
そのほか村落の家に積まれた石垣はとても立派でグスクと同じ作りで、カーブか強調された美しいものです。
しかし近年はブロック塀になり時代の流れを感じます。
3時間という短い時間でしたが、西銘さんのとても詳しい説明を聞き、島を感じとても有意義に過ごしました。
イザイホーはとても残念ですが、どうにもならない問題です。
他にも問題は山積していると思いますがいつまでも神の島でいてもらいたいです。
10イザイホー10
久高殿の御殿庭(ウドゥンミャー)にボーと立っていると、何回もYouTubeで見たイザイホーのナンチュたちの掛け声「エーファイ!エーファイ!」が頭の中をグルグル回ります。

ホームページ  www.ravana.jp













気になる話 その38 久高島1

33769781872_779accbcee_k.jpeg
以前からどうしても行きたかった久高島の話です。
久高島は琉球の創世神アマミキヨが天からこの島に降りてきて国造りを始めたという、琉球神話最高の聖地です。
琉球王朝時代に沖縄本島最高の聖地とされた斎場御嶽は、この久高島に巡礼する国王が立ち寄った御嶽(琉球の信仰における祭祀などを行う施設)であり、久高島からの霊力(セジ)を最も集める場所と考えられていました。
<斎場御嶽から久高島を望む>
1斎場御嶽から久高島を望む
斎場御嶽は久高島に向いています。
私が一番興味を持ったのは琉球王朝に作られた神女組織「祝女(ノロ)」制度を継承し、12年に一度行われる秘祭イザイホーでした。
<イザイホー>
2イザイホー1
3イザイホー2
4イザイホー3
午(うま)年の旧暦11月15日からの6日間、島の30歳から41歳までの女性がナンチュという地位になるための儀礼として行われ、それにより一人前の女性として認められ、家族を加護する神的な力を得るとされる秘祭です。
しかし残念ながら後継者の不足のために1978年に行われた後は行われていません。
島内には御嶽、拝み所(うがんしょ)、殿(とぅん)、井(かー)などの聖地が散在しており、イザイホーが行われた場所も確認したく、朝一番8時のフェリーで安座真港から出港です。
<安座真港>
5安座真港
7時半には港に着きましたが、なんと駐車場はいっぱいです。こんなに多くの人が久高島へ行くはずがないと思って切符売り場へ行くとほとんどの人が釣り人でした。
観光に行く人は我々を含めて10人程度でした。
このような聖地には沢山の決まりごとがあり、また説明を聞かなければわからないことがあるのでガイドをお願いしました。
当日は快晴無風でフェリーは20分で徳仁港に着きます。
<徳仁港>
6徳仁港
下船するとガイドの西銘さんがワンボックスカーで待っていてくれました。
久高島は周囲8kmのとても小さい島で自転車でも歩いても回れます。
西銘さんは三線の名手で琉球の世界遺産の専門ガイドです。
ユーミンや池上彰さんをはじめテレビなどの取材ガイドも沢山している物静かな人です。
まずは島の一番北から見学します。
島の真ん中の道は舗装されていますが、神が通るとされる道は舗装されていません。
突端のカベール岬はアマミキヨが降臨、あるいは上陸した聖地で岩の間に猫の額のようなきれいな砂浜があります。
まさにここに最初に降り立ったのです。
<カベール岬>
7カベール岬
とても美しいところですがなんとペットボトルが2、3本落ちているではありませんか。
私が憤慨していると西銘さんは「これは韓国製でよく流れ着くのですよ」と微笑んでいました。
そばにハビャーンと呼ばれる祈りの場所があります。
<ハビャーン>
8ハビャーン
この辺りは原生のクバ(ビロウ)の木が生い茂る森があり天然記念物の植物群落になっています。
この植物群落の中にロマンスロードと呼ばれる遊歩道が作られ、東屋もあり、ここから美しいグラディエーションの海が見渡せます。
<ロマンスロード>
9ロマンスロード
10ロマンスロード2
次は沖縄で一番重要な聖地クボー御嶽です。
アマミキヨが最初に作ったと言われている御嶽です。
<クボー御嶽>
11クボー御嶽
イザイホー6
イザイホーが行われる重要な場所で、かつては男性禁制の聖地でしたが、今では女性も立ち入り禁止です。
中に入ることができるのは神女のみで、しかも大事な島の祭事の時だけです。
入り口でお祈りをして次の聖地イシキ浜へ行きます。
<イシキ浜>
12イシキ浜
イシキ浜は、ニライカナイ(海のかなたにある神の世界)といわれる理想郷から五穀の種が入った壺が流れ着いたとの伝説が伝わる「神の島」の中でも特に神聖な場所で、この種子が琉球の農耕の始まりになったと言われています。
「その昔、白樽という夫婦が伊敷浜に参詣し、神に食物豊穣と子孫繁栄を祈ったところ、沖から白い壺が流れて来た。
拾い上げようとしたが、壺は沖へ流れて行ってしまう。
再び壺が流れて来たので、掬い上げようとするが、上手く取れない。
その様子を見ていた白樽の妻は何かを悟り、ヤグルガー(井泉)へ走り、身を洗い清め、白衣を着けて伊敷浜に引き返し、両手の袖を広げて壺のかかるのを待った。
流れて来た白い壺は、難なく白衣の袖で掬い上げることができたという。
壺を開けると、麦、粟、キビ、小豆の種子が入っていて、この種子は「ハタス」と呼ばれる畑に植えられ、やがて島中に広まって行ったのである」という話です。
島の伝承では流れ着いたのは壷ではなく瓢箪です。
西銘さんが砂浜で珊瑚の上に石が3個乗っているのを見つけ、年始に男子一人につき伊敷浜の石を三個拾い、お守りとして家に置き、年末に浜に戻す儀式があることを教えてくれました。
13イシキ浜2
もちろん浜に出る前に祈りの場所の御嶽があります。
ここに流れ着いた五穀を蒔いた場所がハタスです。
<ハタス>
14ハタス
普通の畑ですが、香炉が置かれています。
わずかに石垣の跡があると西銘さんが教えてくれました。
また五穀の入った壺を拾い上げるために、禊を行なったヤグルガーという井戸は立ち入り禁止で行けませんでした。
<ヤグルガーへの道>
15ヤグルガー

次回は村落の中に入ります。

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その101(聖なる酔っぱらいの伝説)

148アスウォトモ
エルマンノ・オルミ監督の「聖なる酔っぱらいの伝説」です。
1聖なる酔っぱらい
セーヌ川の橋の下でホームレスとして暮らすアンドレアス(ルドガー・ハウアー)はある日、不思議な紳士(アンソニー・クェイル)と出会い、彼から200フランの金を与えられる。
紳士は聖テレーズの本を読んでから、奇跡が起きるようになったと言う。
ただし、日曜日の朝に聖テレーズ像のある教会でミサの後に神父に金を返すという条件が付いていた。
3聖なる酔っぱらい
それからというもの、彼の身には、引越しの手伝いの仕事が見つかったり、買った新品の財布に金が入っていたり、ギャビーという若いダンサーとのつかの間の情事を楽しんだりと、奇妙な出来事が続く。
そして迎えた約束の日曜日、教会へ足を運んだアンドレアスは、そこでカロリーヌ(ソフィー・セガレン)という女性と出会う。
実はアンドレアスはカロリーヌとは旧知の仲であり、彼女をめぐって誤って友人である彼女の夫を殺し、投獄され国外追放の身になっていた。
アンドレアスは彼女と久々の愛を楽しみ、例の約束をほごにしてしまう。
その夜不思議な夢を見る。
彼の前に少女が現れ、なぜ日曜日に会いに来なかったのかと咎められる。
聖テレーズは次の日曜日に教会で待っているから、必ず来るようにと言うのだった。
4聖なる酔っぱらい
ある日パブへ行き壁に貼られたポスターを目にし、同級生の親友がボクサーのチャンピオンになっていることを知る。
親友と再会すると親友は大喜びで夕食に招いてくれ、スーツをプレゼントしてくれると言う。
正直に浮浪者であることを明かすと、ホテルの部屋まで取ってくれた。
そのホテルに泊まっている踊り子のギャビー(サンドリーヌ・デュマ)に一目惚れしい2日間の逢瀬を楽しむが、洗面の間にギャビーにお金をすられてしまう。
5聖なる酔っぱらい
しかし返済用にとっておいた200フランは無事だった。
翌週の日曜日、アンドレアスは再び教会へ足を運ぶ。
そこで今度は幼なじみのヴォイテク(ドミニク・ピノン)と再会、彼はまたしても約束をほごにしてしまう。
おまけにヴォイテクに返済の200フランを貸してしまう。
そしてその次の日曜日、教会の前のカフェでヴォイテクと待ちあわせをしていたアンドレアスは、そこで1人の少女を見る。
その少女は前夜夢枕に立った聖テレーズと瓜二つだった。
名前を聞くとテレーズであった。
彼は泣きながら、テレーズへと感謝を述べ借金を返そうとしたが、少女は受け取らず教会へ行ってしまう。
次の瞬間、アンドレアスは昏倒してしまう。
6聖なる酔っぱらい
教会へ運ばれた彼は薄れる意識の中テレーズを見つけ、200フランを渡そうと手を差し伸べ、そのまま息を引き取るのだった。
セリフは少なく、演出と俳優の演技、映像で見せます。
さすがゴダールが絶賛した監督です。
真っ黒なクレジットからセーヌの川の音とストラビンスキーが流れます。
良い映画の予感です。
2聖なる酔っぱらい
街の音とストラビンスキーがとても効果的に使われます。
不思議な紳士(アンソニー・クェイル)が現れます。
何処かで見たような人です。
そうですエリック・クラプトンにそっくりなのです。
7聖なる酔っぱらい
そしてアンドレアス(ルドガー・ハウアー)です。
ブレードランナーのレプリカントです。
この二人から映画は始まります。
映画の中でアンドレアスはワインばかり飲んでいます。
ほとんどアル中です。
お金の支払いや両替などのシーンが他の映画よりも圧倒的くとてもリアルです。
貧乏人がよく食べるスープのような煮込み料理もよく出てきます。
アンドレアスの入浴シーンは最高です。
あんなに楽しそうにバスに入る人はいません。
エンディングのテレーズとアンドレアは素晴らしい酔っ払いと天使です。

神よ 全ての酔っ払いに美しい死を与え給え

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

MEMORIES 1971年夏

思い出表紙のコピー
僕は今、軽井沢の友人の別荘にいる。
Kと一緒にKの友人の別荘に泊まっている。
去年の冬に親しくなったKとはカフェ水野で待ち合わせをしてKの家に行く。
レコードを聴いたり、お互いに好きな本を読んだり、Kの母親のTと麻雀を良くやった。
当時は二人ともロレンス・ダレルの「アレキサンドリア・カルテット」に夢中だった。
Kの友達が色々なレコードを持って来て好きだ、嫌いだと議論しあうのも楽しかった。
ジミヘンの偉大さを教わる。
初めてのクラシックのコンサートにもTに連れて行ってもらった。
ウラディーミル・アッシュケナージのリサイタルで上野の文化会館へ行った。
あまり感激はしなかったが、ロビーで叔母が私とTが一緒にいたので驚いていたのが面白かった。
楽しかったのはTのレッスンをそっと見ることである。
ピアノ科の教授なので日本全国から中学生や高校生がレッスンを受けにくる。
Tのレッスンは煙草を吸いながらとても厳しい(Tはヘビースモーカーでポール・モールが放せない)。
時々寝てしまうこともあるが。
僕自身クラシックは聞かないがピアノの小作品がすきである。
ショパンやドビッシー、エリック・サティなど。
ある日Tにどんな作品が好きかと聞かれた。
僕はショパンのプレリュード第4番ホ短調が大好きですといったら、Tは楽譜を探して、僕のために弾いてくれた。
鳥肌が立つほど感激した。
Kは離婚した父親とよく食事に行った。
僕も何回か連れて行ってもらった。
飯倉の「キャンティ」、六本木の「香妃園」、赤坂の「シド」や「四季」などへ連れて行ってもらった。
そうこうするうちに夏休みになった。
カフェ水野へ通うようになって、水野さんと仲良くなり、カフェ水野は夏の間、軽井沢でも営業しているので、アルバイトで行くことになった。
Kの友達の別荘が軽井沢にあり、そこへ泊まってアルバイトする。
当時は関越自動車道などはなく、国道254をひたすら走り、碓氷峠を登っていく。
カフェ水野ではKは水野さんといるし、アルバイトの様なお客の様な微妙な立場である。
Kの友人の別荘は万平ホテルのそばにあり、十畳の部屋が3つつながってふすまを開けると一部屋になる。
男4人女人5人で泊まっている。
朝は僕がトースト、オムレツ、サラダの朝食を作る。
スーパーマーケットがあるので何でもそろう。
夕食は友達の1人が赤坂の中華料理店の息子で、やはり夏に軽井沢にお店を出すので、みんなで、そこへ行って中華三昧である。
夜はトランプや色々なゲームをする。
その中でメクラ鬼と言うゲームが大好きであった。
全てのふすまを開け一部屋にする。
鬼は部屋から出て外で3分待つ。
雨戸を閉めて全ての電気を消してみんな部屋の中に隠れる。
鬼が入って来て何も見えないので触って誰だかあてる。
あたった人が鬼になる。
たわいもないゲームだが少しエロティックで楽しい。
僕は1人で庭に出て高原の冷たいが、重くしっとりした空気を吸う。
星が沢山瞬いている。とても感傷的になり、今読んでいるヘッセの「荒野の狼」を思いうかべる。
星の間を流れ星が流れていった。

♥︎4


ホームページ  www.ravana.jp