寺院の彫刻 その27(クリシュナ−4)

PANATA124.jpg
東南アジアにおけるゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナの彫刻を見てみましょう。
1ゴーヴァルダナ山
プノンペンの国立博物館に素晴らしい像があります。
ギリシャローマの影響を感じる像です。
1クリシュナ(P博物館)
  プノンペン国立博物館 6〜7世紀            
  TA KEOのVAT KORで見つかったこの像は
  補強のために石柱を彫った高浮彫り
  同時代の例外的な作品















アメリカのクリーブランド博物館にもあります。
こちらは初期クメール彫刻の特徴を持っています。
2クリシュナ7世紀(CLEVDRLAND MUSE)
  クリーブランド博物館 7世紀
  プノン・ダから発見されたラーマ像に
  良く似ている




















この2つの像で当時のクメール石工の技量がわかります。
アンコールのプリヤ・カーン寺院の破風に見つかります。
破風の形を上手く利用して3段に彫られています。
1KHAN172
  PREAH KHAN寺院 12世紀
  破風を三段にして一番上にクリシュナ
  2段目にひざまずくウシ
  3段目に立っているウシを配置






もう一つ破風に彫られています。
こちらは動物が沢山集まっています。
2KHAN180
  PREAH KHAN寺院 12世紀
  破風は3段ですがクリシュナとバララーマ
  を2段使って大きく彫り、下の2段は、
  ひざまずくウシを彫刻
  






楣にも見つかります。
3KHAN167
  PREAH KHAN寺院 12世紀
  カーラの上にクリシュナ
  右にバララーマ
  左右にリシ







プリヤ・カーン寺院はとても大きな寺院で敷地は56haで寺院としては最大規模を誇ります。
仏教寺院としてジャヤヴァルマン7世が建立しましたが、王はヒンドゥー教も受け入れ、ヴィシュヌ、シヴァ両神も祀られた複合的な宗教施設であった様です。
なんと僧侶、奉公人、舞姫を含め9万7840人が住んでいたと言われています。
同じくアンコールのバンティアイ・サムレ寺院の破風にも彫られています。
4SAMURE113
  BANTEAY SAMRE寺院 12世紀
  クリシュナとバララーマとウシ
  ゴーヴァルダナ山の彫刻が良い
  







この寺院も彫刻で有名です。
アンコールワットを建立したスーリヤヴァルマン2世が建てました。
王はヴィシュヌ神を信仰していたため、
ヴィシュヌの彫刻が沢山あります。
王宮前のプリヤ・ピトゥ寺院では彫りかけの楣が見られます。
6PITHU039
  PREAH PITHU寺院群 13世紀
  カーラの上にクリシュナ
  作業過程が見られておもしろい







ロリュオスのバコン寺院のピラスターに彫刻されています。
この寺院は9世紀にインドラヴァルマン1世が建立しましたが、その後12世紀に改修されています。
この彫刻もそのときのものです。
5BAKON128
  BAKON寺院 9世紀
  ピラスターに彫刻
  ピラスターにはクリシュナの彫刻が
  いろいろ彫られている。
  クリシュナと足下に動物












タケオ州のプノム・チソール寺院の楣にとてもユニークなゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナの彫刻があります。まるで首が曲がったおじさんみたいです。7CHISSOR027
  PHNOM CHISSOR寺院 11世紀
  ここの彫刻は個性的
  
  







タイのクメール寺院PRASAT BAN PHLUANGにとても美男子のクリシュナがいます。
スマして右腕をあげています。
8PRASAT BAN PHLUANG
  BAN PHLUANG寺院 11〜12世紀
  独得の表情のクリシュナ















この寺院は動物の彫刻が素晴らしく、種類も豊富です。
PRASAT PHNOM RUNGには沢山の彫刻があります。
破風にゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナの彫刻があるのですがとても見にくい場所です。
9RUNG112
  PRASAT PHNOM RUNG寺院 12世紀 
  クリシュナの足下で怯えている人々の
  表情が良い
  ゴーヴァルダナ山の動物も良い






本殿は12世紀の建立ですが境内に10世紀のものと思われる建造物があります。
その破風に薄肉彫りで彫られています。
とても小さくカーラの上に載っていますが周囲の文様と一体化しています。
RUNG122.jpg
  
  PRASAT PHNOM RUNG寺院 12世紀
  周囲の文様と一体化しているので解りづらい













すぐ近くのPRASAT MUANG TAMにも可愛らしクリシュナがいます。
12TAM066_1.jpg
  PRASAT MUANG TAM 11〜12世紀
  この寺院の彫刻も独得で面白い
  







この寺院は4つの鍵型の池で囲われた面白い平面を持つ寺院です。
カンボジアでもそうですがタイでもパプーオン時代の彫刻はとても可愛いのが特徴です。
タイとカンボジアの国境にあるPREAH VIHEAR(Khao Phra Wihan)の破風にありますが、撮影時霧がひどく、又彫刻自体もカビがひどいのでよい写真が撮れませんでした。
13VIHEAR081.jpg
  PREAH VIHEAR寺院 9〜12世紀
  白カビで覆われ、良く解らないが
  彫刻はしっかりしている
  破風全体に彫らないのが特徴か






その他ベトナムのチャンパ博物館で見つかりました。
ゴーヴァルダナ山にも沢山の動物がいます。
とても珍しい意匠だと思います。
クリシュナはチャンパ的です。
14チャンパ
  チャム彫刻博物館
  とても変わった意匠
  クリシュナが踏ん張っている
  動物の描写が良い







「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」の彫刻は東南アジアでも好まれたモチーフです。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント