寺院の彫刻 その26(クリシュナ−3)

PANATA124.jpg
今回は「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」のお話です。
「ヴリンダーヴァンでは、牛飼いたちが例年のように、天界の王で雨を司るインドラ神に供養する準備をしていた。
そこにクリシュナが来て、インドラよりも自分たちや牛に縁の深い山や川、森などを崇めるよう、特にゴーヴァルダナ山に供養するように勧めた。
クリシュナの養父で牛飼いの長ナンダと養母ヤショーダをはじめ里人たちがこれに従って、牛たちとともに集まりゴーヴァルダナ山に供物を捧げた。
ゴー1
これを知ったインドラ神は、クリシュナによって自分への信仰を奪われ、名誉を傷つけられたと激怒し、自身の乗物である白象アイラーヴァタに乗って現れると、配下の雲の軍団を呼び、この里に大雨を降らせるよう命じた。
たちまち土砂降りの雨が降りだし、村は大洪水になり、牛たちは恐れおののいた。
これを見たクリシュナは、いきなりゴーヴァルダナ山を引き抜くと、片手で頭上に差し上げ、大きな雨傘のようにして牛飼いやその家族、牛の群などを避難させた。
クリシュナは7日間もこうして山を支えていたので、インドラ神は驚いて下界に下りてくると、クリシュナを宇宙の父として拝し、許しを乞うた。
クリシュナは山を元の所におろした。
Krishna_Holding_Mount_Govardhan.jpg
インドラの妻インドラーニはクリシュナに息子アルジュナの友になってくれるように頼んだ」というお話です。
ヴェーダ時代の最高神インドラが時代が下るにつれてその地位が低下し、プラーナ時代にはヴィシュヌ(クリシュナは地上におけるその化身)が神の中の神として信奉されていった事実を反映しているといわれています。
まずは南インドマハバリープラムの石窟KRISHNA MANDAPAです。
この石窟はナンダのところで牛飼いをしていたクリシュナの彫刻が全面に彫られています。
中央に「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」です。
クリシュナのもとに集まった牛飼い達や動物が彫られています。
ほぼ等身大の像は迫力があります。
ゴー2KRISHNAM007
  KRISHNA MANDAPA 7世紀
  とても面白いマンダパで立体的な牛の
  乳搾りや人の顔のライオン、など厚肉彫り
  の素晴らしい窟







KANCHIPURAMのKAILASANATHA寺院の像です。
パッラヴァ朝のシンボルである獅子の柱が印象的です。
ゴー3KAILASA007
  KAILASANATHA TEMPLE 8世紀
  シヴァ神話やヴィシュヌ神話の彫刻が
  一面に彫られている。








MATANGESHWARA寺院にもあります。
マンダパの壁に彫られています。
ゴー4MATANGE014
  MATANGESHWARA TEMPLE 8世紀中頃
  こじんまりした寺院であるが彫刻が良い















BADAMIにあるUPPER SHIVALAYA寺院の像です。
動物達が沢山集まってきたとても良い意匠です。
ゴー5SHIVALAYA034
  UPPER SHIVALAYA TEMPLE 8世紀
  基壇にはクリシュナやラーマーヤナの彫刻がある
  ここからの眺望が素晴らしい













西インドのKIRADUにあるSOMESHWAR寺院の壁面に彫られていました。
このパネルには隣にケーシンを退治するクリシュナが彫刻されています。
ゴー6SOME040
  SOMESHWAR TEMPLE 1020年
  柱や壁面の高密度な彫刻装飾がよい









ホイサラ寺院では特に好まれたようで、沢山見つかります。
HalebiduのHOYSALESHWARA寺院(12世紀)の彫刻です。
ゴーヴァルダナ山や動物が細かく彫刻されています。
ゴー7ホイサレー
  HOYSALESHWARA TEMPLE 12世紀
















SomanathapuraのKESHAVA寺院(13世紀)です。 
細いパネルにクリシュナの生涯が彫られています。
ゴー8KESHAVA
  KESHAVA TEMPLE 13世紀
  基壇の装飾帯に細かく彫刻されている









LAKSHIMINARAYANA寺院(13世紀)の彫刻です。
デザイン的に面白い彫刻です。
ゴー9L.NARAYA009
  LAKSHIMINARAYANA TEMPLE 13世紀
  ホイサラ朝の寺院にしてはシンプル














博物館には素晴らしい像があります。
ベナレスのヒンドゥー大学には4〜6世紀の「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」像があります。
ゴー10Benares Hindu University.4-6世紀
  ヒンドゥー大学
















マトゥラーの博物館には7世紀の彫刻があります。
ごー11マトラー七世紀
  マトゥラー博物館
















同じマトゥラー博物館の19世紀のクリシュナはとても可愛い像です。
ゴー12マトゥラー19世紀
  マトゥラー博物館
















クリシュナはラーマと共にインドでは特に人気があります。
この二人の彫刻はインド全土で見つかります。 

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント