音楽の話 その18(Je t'aime... moi non plus)

ガンジーファ - 053
中学時代までしか買わなかったシングル盤を久しぶりに買いました。
セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンのシングル「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」です。
どこで聞いたか忘れましたが、とにかく美しく衝撃的でした。
すぐにシングル盤を購入しました。
ジュテーム

セルジュ・ゲンスブールに関しては敬愛する作家ボリス・ヴィアン関係で知っていました。
ジェーン・バーキンはモデルとして、女優として売り出し中で、アントニオーニの「欲望」で知っていました。
「ナック」にも出ていたそうですが覚えていません。
とにかくメロディがよく、ギター、ベース、ドラム、ハモンドB−3のセンスがよく、ゲンスブールとバーキンのボーカルが印象的です。
ヨーロッパで大ヒットしましたが、淫靡なためフランスなどで放送禁止になりました。
もちろん日本でも。
「B面のジェーン・B〜私という女」を聞いて、またまた感激しました。
原曲はたしかショパンのプレリュードだと思いましたが、そこにゲンスブールが歌詞を付けてバーキンが頼りなく歌います。
とても美しい曲でバーキンにぴったりです。
バーキン

ジェーン・バーキンは不思議な女性でわからない事だらけです。
特に綺麗ではなく、演技もうまくなく、歌もうまくないのに、二十歳そこそこで映画音楽界の重鎮となるジョン・バリーと結婚し、世紀のプレイボーイセルジュ・ゲンスブールと事実婚の関係となり、ポストヌーヴェルバーグの監督ジャック・ドワイヨンと結婚し、同じ飛行機に乗り合わせたエルメスの社長に特別に作ったバックを贈られたなどなどです。
外見からはわからない素晴らしい女性なのですね。
どうしてもスウィンギングロンドン同年代のマリアンヌ・フェイスフルとかさなってしまうのです。
マリアンヌ

なんとマリアンヌ1946年12月29日ロンドン生まれ、
ジェーン・バーキン1946年12月14日ロンドン生まれ!
さらにジェーン・アッシャー1946年4月5日ロンドン生まれ!!
ジェーンアッシャー

少し先輩にパティ・ボイド!!!
パティボイド

どうなっているんだ ロンドン!!!!

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

ホームページに沖縄をアップしました。

コメント

非公開コメント