寺院の彫刻 その4(門神2)

PANATA070.jpg
KARNATAKA州PATTADAKAL のKADASIDDHESHVARA寺院です。
PATTADAKALは8〜10世紀の北型の寺院と、南型の寺院がまとまって保存されている世界遺産です。
入口両側にとても立派なドヴァラパーラが彫刻されています。
KADASIDDHESHVARA.jpg
  KADASIDDHESHVARA TEMPLE
  8世紀
  








中インドのDEOGARHにあるDASHAVATARA寺院のドアーフレイム下部です。両側に女神やガナを引き連れたドヴァラパーラが彫刻されています。
DASHA022.jpg
  DASHAVATARA TEMPLE 6世紀


DASHA021.jpg
  





  
  DASHAVATARA TEMPLE 6世紀










ドヴァラパーラも次第にドアーフレイムの下部に彫刻されるようになります。
ORISSA洲BHUBANESHWARにある7世紀初めの初期の3寺院です。BHARATESHWAR寺院、LAKSHMANESHWAR寺院、SATRUGHNESHWAR寺院のドアーフレイムに彫刻された左右のドヴァラパーラはオリッサ独特の意匠です。
SATRG004.jpg
  SATRUGHNESHWAR TEMPLE 7世紀初め
















SATRG005.jpg
  SATRUGHNESHWAR TEMPLE 7世紀初め
  四臂で三叉戟と数珠を持っている。
  上部左右にいる天人が可愛い。














SATRG006.jpg
  SATRUGHNESHWAR TEMPLE 7世紀初め
  四臂で数珠と花と三叉戟をもっている。
  顔の破損が惜しまれる。
















LAKS004.jpg
  LAKSHMANESHWAR TEMPLE 7世紀初め
  右手に花を持ち、三叉戟に寄りかかっている。
  右の大きなイヤリングからコブラ。
  髪や衣装が素晴らしい。













LAKS003.jpg
  LAKSHMANESHWAR TEMPLE 7世紀初め
  四臂で右上の手に三叉戟を持っている。
  左上の手には数珠を持っている。
  第三の眼を持ち、大きなイヤリングを付けている。
  注目は衣装で国東半島の仁王像と似ている。













BHARA004.jpg
  BHARATESHWAR TEMPLE 7世紀初め
  二臂で左手に三叉戟を持っている。
  大きなイヤリングを付けている。
  典型的なスタイル。















BHARA003.jpg
  BHARATESHWAR TEMPLE 7世紀初め
  顔面が破損しているのが惜しい。
  典型的なスタイル。













同じBHUBANESHWARにある中期のBRAHMESHWAR寺院です。この寺院は五堂形式の寺院で四隅に小祠堂が建つ。その小祠堂のドアーフレイムです。
BRAHME002.jpg
  BRAHMESHWAR TEMPLE 1060年










KARNATAKA州MAHAKUTAの境内にある7世紀の寺院です。BADAMIから13kmの森の中にあり、とても不便なところですが参拝者が沢山来ます。
AA1_0072.jpg

  MAHAKUTA TEMPLE 7世紀
  ドアーフレイム上部にガルーダの彫刻。
  従ってヴィシュヌ神を祀った寺院であるので
  内部のリンガは後世持ち込まれたと思われる。














MAHAKUTA3.jpg
  MAHAKUTA TEMPLE 7世紀

















MAHAKUTA2.jpg
  MAHAKUTA TEMPLE 7世紀

















TELANGANA州ALAMPURのPAPANASI GROUPの寺院です。最初の寺院は本尊が七母神、なので門神はDVARAPALIKAですが、次の寺院の本尊はリンガが祀られているのに門神はDVARAPALIKAです。おそらく以前は女神が祀られていましたがあとからリンガに変えられたと思われます。
PAPANASI GROUP
  PAPANASI GROUP 10〜11世紀
  内部には七母神が祀られている。
  左右のDVARAPALIKAは払子を持っている。















PAPANASI GROUP2
  PAPANASI GROUP 10〜11世紀
  内部のリンガは後世に持ち込まれたもの。
  DVARAPALIKAは払子をもっている。














RAJASTHAN洲MENALのMAHANALESHWAR寺院です。2階建ての楼門と堀で囲まれ、境内には珍しいヒンドゥー教の僧院があります。
MAHANA002.jpg
  MAHANALESHWAR TEMPLE 
  11世紀後半
  珍しい二階建ての楼門。








MAHANA006.jpg
  MAHANALESHWAR TEMPLE 11世紀後半
  四臂でコブラ以外わからない。
















MAHANA004.jpg
  MAHANALESHWAR TEMPLE 11世紀後半
  四臂で三叉戟とコブラをもっている。
  イヤリングが良い。
















ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント