音楽の話 その9(THE DOORS)

ガンジーファ - 064
ヤングラスカルズ、スペンサーデーヴィス、プロコルハルムの後に来たのはロスのドアーズです。
「ハートに火をつけて」を聞いた時、まさに彼らの名の通り私の知覚の扉が開かれたようでした。
「ハートに火をつけて」は名曲ですが曲が長過ぎるのでシングル盤では間奏部分がカットされました。
レコード会社は何を考えているのでしょうか。
この間奏があって「ハートに火をつけて」なのです。
レイ・マンザレクのオルガンとロビー・クリーガーのギターが素晴らしいのです。
3分は全く飽きさせません。
ジム・モリソンのボーカルは無敵です。
(カバーはホセ・フェリシアーノが一番です)
51rHAXLSVKL.jpg

このデビューアルバムには大好きな「水晶の舟」が入っています。
シーナアンドロケッツも名曲「ユー・メイ・ドリーム」の歌詞の中に取り入れているくらいです。
「アラバマ・ソング」も楽しい曲です。
有名な「ジ・エンド」はライブで聞きたかった。
映画「地獄の黙示録」ではとても上手に使われていました。
次の「まぼろしの世界」が私は一番好きです。
ジャケットが素晴らしく、中身を期待させる出来です。
ジャケットの写真は有名なJoel Brodskyの作品でフェリーニから影響を受けたそうです。
Strange20Days20-2040th20Anniversary20Mixes201967-300x300.jpg

インナースリーブの写真も素晴らしい。
中身も期待を裏切らず、統一感のあるアルバムです。
「People Are Strange」が大好きですが、10分を越える「音楽が終わったら」もスリリングで聞きごたえがあります。
doors_wallpaper____by_Ticketless_Aplause-600x440.png

その後も次々にアルバムを出しますが、どれも高水準です。
ヒットした「ハロー・アイ・ラヴ・ユー」「タッチ・ミー」は名曲です。
ジム・モリソンの音楽は深い孤独感が漂っています。
とてもまじめで音楽に対し真摯に向かい合っているのが解ります。
彼の澄んだ瞳はとても魅力的です(ただし薬物をやっていない時)。
もうこのようなミュージシャンは現れないでしょう。
カリスマ ジム・モリソンは27歳で亡くなりました。
27歳はロックミュージシャンの鬼門です。
ジャニス、ジミヘン、ブライアンみんな27歳でなくなりました。
みんなでジャムセッションをしているかもしれませんね。

Ωベストアルバム 「まぼろしの世界」


8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント