FC2ブログ

音楽の話 その57(ジミ・ヘンドリックス)

ガンジーファ - 078
ジミヘンとの最初のコンタクトは? おそらくジュークボックスから流れる「Purple Haze」です。
R&Bに浸かっていた60年代後半、どんな音とも違うジミヘンのサウンドに戸惑いを覚えました。
とても不思議なメロディに大音量で歪んだギターです。
ジミヘン7
ベースもドラムもとても荒っぽい演奏です。
そして「Hey Joe」や「Burning Of The Midnight Lamp」「Foxy Lady」もジュークボックスから流れました。
ギターテクニックの凄さに脱帽です。
特に感動したのが「The Wind Cries Mary」です。
とても美しいメロディに呟く様なジミの歌です。
ジミヘン6
ただの大音量で弾きまくるギタリストではないことがわかります。
当時もっと興味のあるミュージシャンが沢山いたので深入りはしませんでした。
私は本質的にギターをメインにしたバンドはあまり好きではありません。
白人3大ギタリストも興味がありませんでした。
大事なのはテクニックではなく感性エモーションです。
クラプトンのクリーム時代の「White Room」、ベックとロッドスチュワートの「I've Been Drinking」(この曲はロック史上に残る名曲です)などがギターの神髄だと思っています。
ブルースよりR&Bの方が好きなのです。
親しくなった友人達がジミフリークでいつもジミヘンを聞いていました。
特に「Rainbow Bridge」と「The Cry of Love」を良く聞いていました。
ジミヘン2
ある日突然ジミのギターが語りかけてきました。
この日を境に積極的に聞くようになりました。
「The Cry Of Love」に入っている「Angel」がフェイヴァリットナンバーになりました。
ジミヘン3
そして買ったのが「Electric Ladyland」です。
アルバムジャケットが最高です。
A面に針を落とすと訳のわからない「And the Gods Made Love」、「Have You Ever Been」、ジミ全開の「Crosstown Traffic」、有名なブルースナンバー「Voodoo Chile」スティーヴ・ウィンウッドのB3が最高、ジミのギターに勝るとも劣らない大バトル。
もしかするとジミとスティーブは感性が同じなのかもしれません。
ジミヘン4
B面はノエル・レディングのポップな「Little Miss Strange」、バックコーラスが面白い「Long Hot Summer Night」、「Come On」、「Gypsy Eyes」、大好きな「Burning of the Midnight Lamp」で終わります。
C面はテナーサックスとオルガンが面白い「Rainy Day, Dream Away」、とてもユニークでアバンギャルドな大作「A Merman I Should Turn to Be」、実験的な「Moon, Turn the Tides...Gently Gently Away」で終わります。
D面はジミ全開の「Still Raining, Still Dreaming」、「House Burning Down」、有名なディランの「All Along the Watchtower」、「Voodoo Child」に戻り終わります。
嬉しいことにゲストでトラフィック、アル・クーパーが参加しています。
ジミヘン1
ジミは不世出のミュージシャンです。

Ωベストアルバム 「Smash Hits」 

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント