FC2ブログ

映画の話 その55(パリ、テキサス)

85ドルストジュムノ
ヴィム・ヴェンダース監督のロードムービーの傑作と言われた作品です。
パリテキサス1
当時はジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」もあり、甲乙つけがたい作品です。
モノクロ対カラー、ジョン・ルーリー対ハリー・ディーン・スタントン、ライ・クーダ対スクリーミン・ジェイ・ホーキンス、ニューヨークの下町エスター・バリント対テキサスの砂漠です。
私としてはジャームッシュの勝ちです。
しかし「パリ、テキサス」は名画です。
4年前に妻子を捨てて失踪した兄のトラヴィス(ハリー・ディーン・スタントン)がテキサスの砂漠で行き倒れていたという連絡を受けたウォルト(ディーン・ストックウェル)は病院に引き取りに行く。
パリテキサス3
トラヴィスは口をきかないため、記憶があるのかないのか、何を考えているのかまるでわからない。
自分の家に連れて帰ろうとするが飛行機に乗ることは拒絶する。
仕方がないのでレンタカーで妻とトラヴィスの息子が待つカリフォルニア州ロサンゼルスへと向かう。
当初、全く喋らなかったトラヴィスだが、やがて自分がテキサス州のパリスへ行こうとしていたことを明かす。
トラヴィスによると、パリスは彼らの両親が初めてセックスをした土地であり、それ故トラヴィスはパリスに土地を買ってあるのだという。
ウォルトはロサンゼルスに住んでいて、妻のアン(オーロール・クレマン)と共に8歳になるトラヴィスの息子ハンターを我が子のように面倒を見ている。
再会したもののぎこちないトラヴィスとハンターではあるが、5年前にトラヴィス、トラヴィスの妻ジェーン(ナスターシャ・キンスキー)、ハンター(ハンター・カーソン)、そしてウォルトとアンヌの5人で撮影した8ミリフィルムを見たときから少しずつ二人の関係は変わっていく。
パリテキサス2
アンヌは最初はハンターをとられてしまうのではと思い不安になっていたが、ハンターの様子を見てやはり本当の親にはなれないと理解した。
そこでトラヴィスに「ジェーンがヒューストンの銀行から毎月送金してくる」ことを教えた。
トラヴィスは中古で車を買い、ハンターにジェーンを探しに行くと告げると、ハンターも自分も行きたいと言い出し、そのままヒューストンへ旅立つ。
銀行の駐車場で見張っているとジェーンらしき人物がのった赤い車を見つける。
パリテキサス4
二人は車を追うが不思議な建物に入る。
トラヴィスはハンターを車に残して建物に入った。
そこはいわば「のぞき部屋」でブースの中にはマジックミラーをつけていて、客からしか見えないようになっている。
ジェーンを呼んでその姿を確認したが、トラヴィスは黙って出て行った。
翌日、トラヴィスはハンターにテープレコーダーで別れを告げて再度のぞき部屋へ行く。
再びジェーンを呼び、自分の気持ちを語る。
パリテキサス5
姿は見なくてもそれがトラヴィスであることを知ったジェーンも自分の気持ちを語った。
最後にハンターのいるホテルのルーム・ナンバーを告げ、トラヴィスは去った。
ホテルで一人でいるハンターの前にジェーンが現れた。
寄り添う二人の影を確認して、トラヴィスは闇の中に去って行く。
ベランダに靴を並べるシーン、ハンターとトラヴィスが打ち解けてくるシーン、覗き部屋の二人、見どころ満載です。
ドイツ人が作ったアメリカ映画の傑作です。
ジョンルーリーもチョイ役で出ているよ。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp



コメント

非公開コメント