FC2ブログ

気になる話 その15 腹の虫(針聞書)

サンチ−2塔029
以前、新聞に九州国立博物館所蔵の「針聞書」のことが載っていました。
おそらく修理が終了したとか、そんなことだと思います。
そして「針聞書」の写真が載っていました。
その写真を見て愕然とし、頭から離れなくなりました。
すぐにアマゾンで調べましたら、2冊の本が出版されていました。
「戦国時代のハラノムシ」と「虫の知らせ」です。
もちろんすぐに購入です。
「針聞書」とは400年前の戦国時代に大阪の茨木あたりに住んでいた二介という人物によって書かれた鍼(針)の秘伝書です。
内容は病気別に治療法として、鍼、灸の位置や打ち方、漢方薬の種類を細かく記しています。
何よりユニークなのはその病気の原因を不思議な虫で表しているのです。
その数63あります。
今でこそ我々はレントゲン、CT、MRI、体内カメラで病気の状態、顕微鏡で病気の原因を知ることができますが、何もない400年前の人達の病気に対する考えを垣間見ることができる、貴重な書です。
それでは一部を紹介します。
1肺積
 肺積(はいしゃく)
 棲息域 肺。右の肺に生まれて胸先へと
      移動する。
 特徴  右向きの小さい方が幼虫で、
      大きな方が成虫
 病状  匂いを嫌がるが、生臭い悪臭は
      好む。性格は悲観的になる。
 治療  鍼術はこの上なく柔軟に浅く刺す。

 





2腎積
  腎積(じんしゃく)
  棲息域 腎臓。ヘソの下。
  特徴  イノシシに似ている。
       体内を猪突猛進する。
  病状  顔や体が黒く、塩辛いものを好む。
       口臭はひどく腐敗臭が漂う。
  治療  鍼術のコツは色々あり、ひとことでは
       伝えきれない。



   




3肝積
  肝積(かんせき)
  棲息域 肝臓。左の脇腹に生まれて
       頭突起をしながら攻め登る。
  特徴  女性の乳のような形をしていて、
       2本の長いヒゲをはやしている
  病状  怒りで顔が青ざめ、すぐに
       人を怒鳴りつける。
  治療  鍼は左わき腹の本体に刺し、
       そのあと背骨を刺す。









4脾の聚img074
  脾の聚(ひのじゅ)
  棲息域 脾臓
  特徴  岩石のような格好、口がでかい。
  病状  この虫が体内を転げまわると、
       足元がぐらつき転倒する。
  治療  鍼術のコツは口づてに教える。









5肺虫
  肺虫(はいむし)
  棲息域 普段は肺にいるが、たまに体外に
       飛んでいく。
  特徴  真っ赤な顔は3つの股の口で舌の
       ような尻尾がある。
  病状  肺から抜け出し迷子になって
       帰ってこないと、とりつかれて
       いる人は死ぬ。







6陰虫
 陰虫(かげむし)
 棲息域 男女の陰部
 特徴  男女和合の時突然、男女のそれ
      ぞれの隠部に湧いて出る。
      女性は赤い経血を出し、男性は
      白い精液を出すが、ともに虫が
      口から 吐き出したものである。
      和合の際、男の虫と女の虫が
      ハリガネのような足でお互いに
      絡みつき離れなくなる。
 病状  しょっちゅうインランな気持ちが
      起こり、いつもムラムラしている。
 治療法 口づてに教える。


7蟯虫
 蟯虫(ぎょうちゅう)
 棲息域 男女の和合で幼虫が宿るので
      陰部と推定される。
 特徴  申の夜、ヒトの体内から抜け
      出し、閻魔大王に悪行を報告する。
 病状  庚申の夜に男女のちぎりを交わ
      すと、この虫の幼虫を宿して
      しまう。すると天罰の病を患い
      死んでしまう。
 対処法 徹夜で庚申待をして虫の脱出を防ぐ。
      その晩はちぎりを控えて幼虫を宿さ
      ないように予防するしか方法は無い


8悪虫
  悪虫(あくちゅう)
  棲息域 脾臓
  特徴  凶悪な虫で、鋭利な6本の爪で
       取り付いた人の脾臓に
       しがみつく。
  病状  取り付いた人のご飯を横取りし、
       とりつかれた人は「痩せの
       大食い」になる。
  治療法 木香の根を内服する。 







9陰の亀積
   陰の亀積(いんのかめしゃく)
   棲息域 腹部。
   特徴  亀の様な体に白蛇状の虫が
        まとわりついている。
   病状  取り付いた人を死なせた後、
        長い時間が経ってから
        腹の内部から這い出す。
   治療法 箒草を食事にあえて食べる。








10耳虫
   耳虫
   棲息域 耳と心臓を行ったり来たりする。
   特徴  長い耳があり、蛇の様な胴体で
        クネクネ移動する。
   病状  水と冷たいものを好み、湯と温か
        いものを嫌う。
   治療法 キク科のオケラの根茎とサルノ
        コシカケの菌茎で消滅する。







11脾臓の笠虫
 脾臓の笠虫(ひぞうのかさむし)
 棲息域 脾臓
 特徴  頭に真っ赤な笠をかぶり、胴体
      には毛が生え、尾は二股。
 病状  虫の笠が食べ物の通りを邪魔する
      ため、血色は悪くなり、激痩せ、
      激太りになる。
 治療法 セリ科のアギとウコンの茎根を
       服用する。








12腰抜の虫
   腰抜の虫(こしぬけのむし)
   棲息域 腰
   病状  激痛で腰が抜け、冷や汗を垂らす。
   治療法 木香と甘草を内服する。













13気積img097 2
   気積(きしゃく)
   棲息域 胃袋と推定される。
   特徴  顔は三つ股の口で、尻尾が生えて
        いる。油物が大好きである。
   病状  精力絶倫となって色事を好む
        様になる。
   治療法 虎のハラワタを食らう。








この書は当時の人々が人間の心と体を支配する病魔をイメージした病魔を絵にし、その解説と治療法を記した医学書なのです。
14.jpg
このイメージは単なる想像上の産物ではなく、当時の誰しもが本当に存在すると信じていたことです。
そしてその想像力の素晴らしさに脱帽です。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント