FC2ブログ

気になる話 その13(大谷光瑞)

サンチ−2塔027
今回は西本願寺第22代門主大谷光瑞のお話です。
とても興味のある人物です。1大谷光瑞
『大谷光瑞は1876(明治9)年西本願寺の第21代門主明如上人の長男として生まれる。
9歳の時に得度、23歳の時に大正天皇の皇后の姉、九条籌子と結婚する。
2大谷籌子
学校で受けた教育は1886年から1890年の4年間だけでほとんど側近者(前田慧雲)による家庭教育と読書勉学である。
28歳の時父光尊の死去により、本願寺住職、管長、家督を相続し、爵位を継いだ。
1899年から海外旅行が始まる。
中国、スリランカ、インドを経て1900年イギリスに到着。
宗教制度並びに宗教伝道事業を研究する為にロンドンに留学。
3大谷光瑞
同行の僧もケンブリッジやベルリン大学に留学させた。
ちょうどその頃ヨーロッパでは中央アジアブームが起こっていた。
ロシアやイギリス、スエーデンの探検家が続々新発見をする。
大谷光瑞はこれら西欧の遺物や古文書の収集には疑問を持ち、仏教人の立場から仏教的探検を志す。
5大谷光瑞
そうして帰途を利用して第一次西域探検隊(大谷探検隊)を結成して自らも参加し、1903年に帰国する。
その後も1914年まで3回にわたり行われた。
4大谷光瑞
1908年六甲山麓に伊東忠太設計の二楽荘を建て、探検収集品の公開展示・整理の他、英才教育のための私塾である武庫中学園芸試験場、測候所、印刷所などを設置。教育・文化活動の拠点とした。
9大谷光瑞
法主としては教団の近代化に努め、日露戦争には多数の従軍布教使を派遣し海外伝道も積極的に進めたが、このことにより強度の神経衰弱になる。
静養のためインド・ヨーロッパ旅行へ出かける。
6大谷光瑞
第三次大谷探検隊をはじめとする教団事業の出費がかさみ、大谷家の負債が表面化するとともに、教団の疑獄事件のため法王を辞任し大連に引退する。1945年膀胱癌に倒れ、入院中にソ連軍に抑留された。
1947年帰国し、翌年別府にて逝去。
当時西本願寺は末寺13000、信徒1000万人、この頂点に君臨し全国から優秀な人材を集め探検隊を組織する。
またアジア各地に別荘を建てた。
7大谷光瑞
二楽荘の他、大連(浴日荘)、上海(無憂園)や台湾の高雄(逍遥園)、インドネシア(環翠山荘、耕雲山荘)などに別荘を設け、そこを拠点として農園経営や子弟教育など数々の事業を手がける。
西本願寺の一年分の予算が京都市の予算と同じぐらいで、その20数年分を浪費してしまう。』
私が大谷光瑞に興味を持ったのは大谷探検隊と二楽荘です。
丁度河口慧海の「チベット旅行記」に夢中になっている時で、中央アジアにも関心があった時です。
そして写真で見た二楽荘です。
16大谷光瑞8
懇意の建築家の伊東忠太と作り上げた傑作です。
伊東忠太も最高の施主を持ち最大限実力を出し切ったと思われます。
建設費は17万円、総敷地面積は24万6000坪でインド・イスラム風の外観を持ち、部屋はインド室、イギリス室、中国室、アラビヤ室など各国風に作られ、そこに探検で持ち帰った品、ヨーロッパから持ち帰った品などが飾られていました。
10大谷光瑞9
11大谷光瑞10
12大谷光瑞11
13大谷光瑞12
別荘までの斜面にはケーブルカーを設置し、温室、果樹園、私塾の学校(現甲南大学)、印刷所、測候所なども造らました。
15大谷光瑞14
チベット人の僧正、モンゴル人の学者、中国人のコック、英国人のボーイを雇い住まわせました。
この自然の中で独特の教育と事業を試み、世界を語る大谷光瑞は二楽荘そのものでした。
8大谷光瑞


ホームページ  www.ravana.jp


コメント

非公開コメント