FC2ブログ

寺院の彫刻 その58(シヴァ8 三都を破壊するシヴァ)

PANATA117.jpg
今回は三都を破壊するシヴァ(TRIPURANTAKAMURTI)の彫刻です。 
『神々に滅ぼされた巨人魔族のターラカ王には3人の息子がいた。彼らは魔族の復活を願って激しい苦行を行い、満足したブラフマー神は彼らの望みをかなえてやることにした。3兄弟は不死を望んだがそれはかなえられず、かわりに「3兄弟がそれぞれの都市の王となり、その世界を支配出来るよう望む。そして三都を一矢で突き抜けさせる強弓の引き手のみが征服者となりうる不滅の都市が欲しいのです」と望み、かなえられた。3兄弟は天界に黄金の都市、空中に銀製の都市、地上に鉄製の都市をそれぞれ造った。3人の魔王はあっという間に三界を征服し、世界中の人々に対して圧政を行った。
見かねたインドラ神はこれらの都市を攻撃したが3魔王は強かった。インドラ神はブラフマー神に相談した。
ブラフマー神は「三都を一矢で貫通させる力を持つのはシヴァ神のみである」と語ったので、神々はシヴァ神に三都の破壊を依頼した。シヴァ神は「あの3兄弟は何としても滅ぼさなければならない。私の力だけでは及ばないのですべての神々の力を半分ずつ私に貸してほしい」と述べた。同席した神々は了承しこのとき以来シヴァ神はマハーデーヴァと呼ばれるようになった。
シヴァ17
三都攻撃の準備は着々と進められ、大地はシヴァが乗る戦車に、太陽と月は戦車の車輪に、4っのヴェーダは4頭の馬に、ブラフマーは御者に、メール山は弓に、海は矢筒に、そしてヴィシュヌは矢に姿を変えてシヴァを援護した。シヴァ神が三都に向かうと、三都は合体して堅牢無比なひとつの城になった。しかしシヴァ神が渾身の力を振り絞り弓を引くと、放たれた矢は見事に三都を貫通し、3人の魔王もろとも砕け散った』という話です。
彫刻をみてみますと、典型的な形は戦車に乗り、巨大な弓を引き、御者はブラフマーです。
もう一つの形はBRIHADISHVARA寺院(TANJAVUR)の二階の壁龕全てに彫刻されている巨大な弓を持つ単独の立像です。4臂で弓、矢、三叉戟を持ちトリバンガの姿勢で描かれます。
南インドエローラのCAVE-16窟(8世紀中頃)の壁面の彫刻です。
ELLORA CAVE-16
1エローラ16
戦車に乗り、巨大な弓を引き、御者のブラフマーの典型的な像です。下部は崩壊していますが上部にはアプサラ、ガンダルヴァ、ナンディなどが彫刻されています。
もう一つELLORA CAVE-15にあります。
ELLORA CAVE-15
2E-CAVE15019
完璧な彫刻ですが真っ暗の中なので、綺麗に写真が撮れませんでした。
南インドのKANCHIPURAMのKAILASANATHA寺院(8世紀初め)です。
KAILASANATHA寺院
4KAILASANATHA
寺院の境内の外壁に沿って作られた小部屋にある彫刻です。漆喰が剥がれています。
南インドALAMPURのSVARGABRAHMA寺院(689年)です。
SVARGABRAHMA寺院
5svargabrahma
下部は崩壊していますが、戦車とブラフマーの御者で「三都を破壊するシヴァ」である事がわかります。
南インドのMAMALLAPURAMの海岸寺院(8世紀初め)です。
SHORE TEMPLE 
6SHORE TEMPLE
海岸に建ち、外壁に彫刻されているが風化がひどい。
南インドPATTADAKALのKASHIVISHVANATHA寺院(8世紀後半)です。
KASHIVISHVANATHA寺院
7KASHIVISHVANATHA2
内部の柱の彫刻です。忠実に彫られています。
南インドMAHAKUTAのMAHAKUTESHVARA寺院(7世紀後半)です。
MAHAKUTESHVARA寺院
8マハークータ
基壇は細かい神話の彫刻で埋め尽くされています。その中におそらく「三都を破壊するシヴァ」と思われる彫刻があります。
南インドTANJAVUR のBRIHADISHVARA寺院( 1010年)上部壁龕全てに彫刻されている巨大な弓を持つ単独像です。
BRIHADISHVARA寺院
11BRIHADISHVARA(TANJAVUR)2
12BRIHADISHVARA(TANJAVUR)2
13BRIHADISHVARA(TANJAVUR)2
全て少しずつ違いますが共通するのは4臂で弓、矢、三叉戟を持っている事です。
南インドCIDAMBARAMのNATARAJA寺院です。
14CIDAMBARAM.jpg
ゴープラム(楼門)の壁龕に彫刻されています。両脇に女神を載せています。
VIJAYANAGARAのVIRUPAKSHA寺院(13〜17世紀)の天井に描かれています。
VIRUPAKSHA寺院
16ハンピ2
マンダパの天井にはヴィシュヌの化身、方位神、シヴァ神話、ラーマーヤナなどの天井画が描かれている。
デリー博物館にもあります。
デリー博物館
15、10世紀デリー博
典型的な彫刻です。

東南アジアでは見つかりませんでした。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント