FC2ブログ

音楽の話 その53(エミット・ローズ)

ガンジーファ - 082
エミット・ローズをご存知ですか? 
私は知っています。
ラジオ局に勤める友人にもらったアルバム「Emitt Rhodes」は強烈な印象を私に与えました。
エミット・ローズ
「え、なにこれ、ポール?」と耳を疑いました。
その年はポールのソロアルバム「McCartney」がリリースされた年です。
「McCartney」は大好きなアルバムですがビートルズとは違うポールのプライベートな感じのアルバムでした。
「Emitt Rhodes」はまさにビートルズのポールのアルバムの様です。
Emitt Rhodesは何者か調べました。
エミット・ローズ5
ハイスクール時代にバンドを始め、最初はドラマーでした。
幾つかのバンドを経てギタリストになりボーカルも担当します。
作詞作曲も始めバンド「Merry-Go-Round」を結成します。
A&Mレーベルと契約し、67年にデビュー。
2枚のシングルと1枚のアルバムを残します。
エミット・ローズ2
しかしバンドメンバーとのいざこざから解散、人間関係に疲れ果てたエミットはソロをめざします。
ベースやキーボードもマスターしマルチプレイヤーになります。
自宅のガレージを改良してレコーディングスタジオを作ります。
4トラックのレコーダーを購入していよいよ本格的なレコーディングです。
ドラム、ギター、ベース、キーボード、ボーカル、コーラスとすべての楽器を一人で多重録音し、さらにプロデュース、アレンジ、エンジニアなど全てを一人でこなしました。
そしてできたアルバムが「Emitt Rhodes」です。
それでは一曲目から聞いてみます。
とても軽快で楽しい「With My Face On The Floor」は一曲目にぴったりです。
これでこのアルバムを聴いた人はビートルズあるいはポールとの関連を考えます。
そして2曲目の「Somebody Made For Me」のベースラインでポールを確信します。
なんて楽しい曲でしょう。
3曲目「She's Such A Beauty」でダメ押しです。
4曲目「Long Time No See」はまさにジョージのギターです。
5曲目「Lullabye」もポールが作りそうな子守唄です。
なんと敬愛するウェス・アンダーソン監督の「ロイヤル・テネンバウム」に使われているのです。
6曲目「Fresh As A Daisy」は「恋はひな菊」としてシングルカットされた名曲です。
エミット・ローズ4
B面一曲目「Live Till You Die」は佳作です。
2曲目「Promises I've Made」はベースラインがカッコ良く大好きな曲です。
3曲目「You Take The Dark Out Of The Night 」は普通の曲、4曲目「You Should Be Ashamed」はとても美しく、ヒット性のある曲、5曲目「Ever Find Yourself Running」はどこかで聴いたことのあるような懐かしい曲、6曲目「You Must Have」もポールが作りそうな曲です。
全曲を通してEmitt Rhodesの卓越したメロディーメーカーとしての才能と演奏力の高さを感じます。
さらにエンジニアとしての素質も感じました。
そしてビートルズに対する愛情を感じました。
エミット・ローズ6
その後数枚のアルバムをリリースしますが鳴かず飛ばずで消えてしまいます。
そしてなんと43年ぶりに「Rainbow Ends」というニューアルバムをリリースしました。
感想は皆さんで。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp



コメント

非公開コメント