FC2ブログ

映画の話 その45(地獄の黙示録)

70エロワティ
コッポラ監督の大作「地獄の黙示録」です。
「ディア・ハンター」より先に作られましたが撮影が延びて公開は後です。
ベトナム戦争が泥沼の中にはまり込んだ時代です。
「ディア・ハンター」の衝撃が治まらないままテアトル東京へ行きました。
黙示録1
「ディア・ハンター」同様大変疲れた映画でした。
ベトナム戦争後期、陸軍空挺士官のウィラード大尉(マーティン・シーン)はサイゴンのホテルに滞在中、軍上層部に呼び出され、元グリーンベレー隊長のカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺指令を受ける。
カーツ大佐は米軍の意向を無視して山岳民族の部隊とともに国境を越え、カンボジアに侵攻し、王国を築いているらしい。
任務の出発点、ナン川には海軍の硝戒艇と若い4人の乗員が待っていた。
ウィラードは海軍の河川哨戒艇に乗り込み、乗組員に目的地を知らせぬまま大河を遡行する。
その中で一行は戦争の狂気を目の当たりにする。
黙示録6
ワーグナーの「ワルキューレの騎行」を流しながらの爆撃、サーフィンをするためにベトコンの前哨基地を襲撃する司令官(ロバート・デュヴァル)。
ジャングルに突如として出現したプレイメイトのステージ。
指揮官抜きで戦い続ける最前線の兵士。
プランテーションを経営するフランス人入植者達。
そして目的地に近づくにつれ、騒がしさは薄れ、静けさと静けさゆえの狂気がウィラードたちを包み込み始める。
原住民からの攻撃は、もはや現実の出来事とも思えない。
黙示録5
しかし現実に乗組員は死傷し、ウィラードは何とか王国にたどり着く。
出迎えたのは、狂った白人カメラマン。
彼の案内で、ウィラードは王国に入り、カーツ大佐と邂逅する。
黙示録4
カーツは自分がどんな地獄を見てきたかを語り“地獄を知らぬ者に私を裁く権利はない”と言う。
そしてウィラードに帰国したら息子へ真実を伝えて欲しいと依頼する。
さらに訓練された兵士は手を下すときに躊躇をしてはいけないと暗にウィラードを誘導する。
黙示録2
ウィラードはカーツが裏切り者の脱走兵ではなく誇り高い軍人としての死を望んでいることを悟り、カーツ殺害を実行する。
カーツは抵抗しようとはしなかった。
ウィラードはカーツの手記を持ち、ランスとともに川を下る。
黙示録3
軍から何度も無線の呼び出しがあるが、ウィラードは無線を切ってしまう。
今回、新たに見たのはコッポラ自身が49分のフッテージを追加した特別完全版です。
プランテーションを経営するフランス人入植者達のエピソードは必要だったのかわかりません。
オープニングはヤシのジャングルとヘリコプターで「ジ・エンド」のイントロが流れてきます。
ジム・モリソンのボーカルと同時にナパーム弾がジャングルを焼尽します。
マーティン・シーンの顔のアップと天井の扇風機。
扇風機の羽根とヘリコプターの羽がシンクロして始まります。
沢山のヘリが朝日の中を飛んでいきます。
前半の主役は間違いなくヘリコプターで脇役はロバート・デュヴァルです。
ヘリからのナパーム弾の投下はまるで仕掛け花火を見ている様です。
中盤の主役は乗組員のクリーン(ローレンス・フィシュバーン)です。
後半の主役はもちろんウィラードとカーツです。
脇役はデニス・ホッパーとカーツが居住するクメール寺院です。
この映画の主役であるウィラードもカーツも生死ぎりぎりの戦場でしか生きていけないPTSD(戦争後遺症)でお互いに似た者どうしであることを直感します。
「ディア・ハンター」でも主役の二人はPTSDです。
この2つの映画に共通するのは戦闘シーンがあまりないことです。
それにもかかわらず戦争の恐怖を描ききっていることです。
コッポラもチミノも完全主義者です。完全主義者バンザイ!

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント