FC2ブログ

気になる話 その8(那須高原 私の美術館)

サンチ−2塔019
その美術館は那須高原にありました。
残念ながら平成29年12月31日をもって閉館しました。
名前は「那須高原 私の美術館」と言い芸術家此木三紅大(コノキミクオ)を総合的に紹介する個人美術館として、平成7年10月に誕生しました。
此木氏は、具象や抽象、絵画や立体というジャンルを超えて創作活動に励み、また若い芸術家集団の先頭に立ち指導の任にあたる一方、日本の美術を研究し続けています。
そんな類い稀なる多才な芸術作品に惹かれ、長年に渡り所有してきた数々の収集作品を一堂に展示公開しています。
コノキミクオの作品は絵画、版画、ガラス絵、ステンドグラス、ガンダ彫刻(使い古した鉄くず)などオブジェに至るまで幅広いジャンルにおいてその1つ1つに命を吹き込みます。
それでは入ってみましょう。
コノキ1
まず入り口ゲートの大きな蝶とバッタがお出迎えです。
すてきなチケット発売所で1000円を払います。
建物の前には素敵な外灯があります。
コノキ2
建物の入り口がハイライトです。
巨大なフクロウとステンドグラス、下部は草や昆虫です。カブトムシやウサギもいます。
コノキ3
側面に回ると出入り口がありそこにも素敵なステンドグラスの扉があります。
コノキ4
扉の横には不思議な石像が置いてあり、中世ヨーロッパ的な顔立ちで蝶のネックレスにバッタがついています。
コノキ4−2
中に入りましょう。すてきな絵画やガンダ彫刻が展示されています。
人魚の絵が気に入りました。コノキ5
ボッシュのような絵もあります。
コノキ8
とても細かいタロットのような絵もあります。
コノキ6
野原を描いた日本画もあります。
コノキ9
館内の渡り廊下の上部にも素敵なステンドグラスを使ったオブジェがあります。
コノキ10
中庭にも沢山のオブジェが展示されています。
私は色々な動物で出来た木のオブジェが好きです。
コノキ12
羽のついたタツノオトシゴのような訳のわからないオブジェが沢山ありますが、みんなとても可愛くて素敵です。
私はコノキミクオの作品が大好きです。
彫刻家として知ったのですが、絵画はもとよりガラス作品も素晴らしいと思います。
コノキ13
メルヘンチックでケルト風、シノア風、ジャポネ風、そしてまぎれもないミクオ風のコノキワールドです。
どんな小さなものにもミクオの精神が宿っています。
丸ごとコノキワールドの「那須高原 私の美術館」が亡くなってしまうのはとても寂しいことです。
千葉県にあるアトリエを公開して「松山庭園美術館」として氏の作品を展示しています。
ぜひ訪れたいと思います。
可愛い昆虫や動物たちがたくさんいるかな。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント