映画の話 その43(エクソシスト)

67クンティボジョ
こんな怖い映画はありませんでした。
大オカルトブームの始まりです。
テレビのコマーシャルで十分怖く、映画館に行くのがためらわれましたが、興味が先に立ち出かけました。
Bt8MtrC6X5WghTcE7T93dmVpMXr7IYWmuD8rSLdC.jpeg
イラク北部で古代遺跡を発掘調査していたランカスター・メリン神父(マックス・フォン・シドー)は、悪霊パズズの像を発見する。
彼は「この邪悪な宿敵と再び対峙する日が近い」と予感する。
c0d704d1-abba-49fa-a397-ee3f09c47da4-1.jpg
一方ワシントン近郊のジョージタウンでは、撮影のために家を借りた女優のクリス・マクニール(エレン・バースティン)は娘のリーガン(リンダ・ブレア)と共に滞在していた。
クリスはやがて一人娘であるリーガンの異変に気付く。
その声は邪悪な響きを帯びて形相も怪異なものに豹変したうえ、荒々しい言動は日を追って激しくなり、ついには医者からも見放される。
57973c07.jpg
その矢先、友人の映画監督のバーク・デニングズが殺害される事件が発生する。
死体が発見されたのはクリス宅の近くの階段であった。
キンダーマン警部補(リー・J・コッブ)が捜査に乗り出す。
そして、悪魔はリーガンに十字架で自慰行為をさせ、バークの声を使ってクリスを嘲笑する。
ekusoshisto.jpg
おなじジョージタウンに住むデミアン・カラス神父(ジェイソン・ミラー)は時々、ニューヨークに住む母親を見舞いに訪ねている。
母親はギリシャからの移民で、ラジオでギリシャの音楽を聴いている。
娘が悪霊に取り憑かれたと知ったクリスは、カラス神父に悪魔払いを依頼する。
悪魔憑きに否定的なカラスは調査を進めていくうちに、リーガン自身からの助けを求めるメッセージを発見する。
カラスは悪魔払いの儀式を決意し、大司教に許可を求める。
主任には、悪魔払いの経験があるメリンが選ばれた。
2823_002.jpg
メリンとカラスの両神父は、少女リーガンから悪霊を追い払う儀式を行うが、その途中にメリンは持病の心臓病が悪化し絶命。
カラス神父は格闘の末、悪霊をわが身に乗り移らせると窓から身を投げ、全身を打って絶命する。
二人の神父の命掛けの戦いに少女リーガンが救われ、悪魔は破れ去った。
ウイリアム・フリードキン監督も素晴らしいが、原作脚本のウィリアム・ピーター・ブラッティがとても良いです。
メリン神父はベルイマン監督の第七の封印で死神を演じた名優マックス・フォン・シドーです。
イラクで発見されたバズズ像はこれから恐ろしいことが起こると暗示します。
この段階でもうドキドキです。
そしてリーガンの変貌です。
exo.jpg
この特殊メークを行なったのがディック・スミスです。
彼の元で学んだのがギレルモ・デル・トロ監督です。
ギレルモ・デル・トロ監督の出発点はエクソシストです。
怖くない訳がありません。
リーガンの首が回るのですよ。
ブリッジしながら階段を降りて行くのですよ。
蛇のように舌がペロペロするのですよ。
音楽担当のジャック・ニッチェはマイク・オールドフィールドのチュブラー・ベルズを使います。
とても控え目に使います。
壮絶なカラス神父とリーガン(リーガンに憑りついている悪魔)の戦いです。
全てにおいて、革新的なオカルト、ホラー映画でした。
「決して一人では見ないでください」

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp
ホームページに宮崎県をアップしました。






コメント

非公開コメント