音楽の話 その45(デヴィッド・ボウイ)

ガンジーファ - 008
70年頃だったと思いますがスペース・オディティを聞き驚きました。
まだキューブリックの「2001年宇宙の旅」の余韻が残っていおり、アポロ計画が話題を集めていたときでした。
あまりにも美しく壮大な曲で感動しました。
そして初めて購入したアルバムは「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Marsー屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」でした。
ボウイ
何と素敵なタイトルでしょう。
5年後に迫る資源枯渇を原因とする人類滅亡の危機に、異星よりやってきたロックスター「ジギー・スターダスト」と彼のバンド「スパイダーズ・フロム・マーズ」の成功から没落までの物語をアルバムにしました。
妖艶さと狂気を兼ね備えた「ジギー」のキャラクターは正にボウイそのものです。
ステージでは宇宙人である奇抜な衣装それも山本寛斎デザインの衣装を歌舞伎で用いる引き抜きを使ったり、蜘蛛の糸を投げつけたりするパフォーマンスは圧巻です。
もともと舞踏家リンゼイ・ケンプにパントマイムを習ったりしていましたので身体の動きがとてもきれいです。
ボウイ4
私は1973年に新宿の厚生年金会館で見ました。
完全にジギーの世界=ボウイの世界に引き込まれました。
今までにないロックスターの出現に大興奮です。
さてアルバムA面に針お落とします。
「Five Years」はシンプルで乾いたロック、オープニングにふさわしい5年後です。
同じくドラムで始まる「Soul love」サッックスがとても印象的な佳作、「Moonage Daydream」はとても面白い曲、「Starman」は言わずと知れた名曲。
最後はRon daviesの「It Ain’t Easy」です。
この泥臭い曲は色々な人がカヴァーしていますがボウイはまるで彼のオリジナルのように歌います。
最高です。
ボウイ3
B面「Lady Stardust」はピアノが印象的で私はとても好きです。
「Star」はスターのジギーがだんだん落ちぶれて、スターにしがみついているのがわかります。
「Hang Onto Yourself」ノリのいいロックナンバー、ミック・ロンソンのギターにしびれます。
タイトルチューンの「Ziggy Stardust」は自分とバンドの歌、最後のZiggy played guitarの
ところは泣けます。
「Suffragette City」はスピーと感あふれるロックナンバーですが仲間ともいざこざがあり、薬と女に溺れるジギー、彼に残されたのは死しかありません。
そして最後の「Rock’n’Roll Suicide」アコースティクギターで淡々と歌うジギー、やがて魂の叫び、ストリングスで終わります。
ボウイ2
新しいヒーローの登場です。
8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp
ホームページに宮崎県をアップしました。

コメント

非公開コメント