FC2ブログ

音楽の話 その43(バッドフィンガー)

ガンジーファ - 010
今回はとても不幸なバンド、バッドフィンガーです。
こんな悲しい話があるでしょうか。
こんな理不尽な話があるでしょうか。
バッドフィンガーはピート・ハムとトム・エヴァンスを中心として結成されたバンドです。
アイヴィーズというバンド名で69年ファーストアルバム「メイビー・トゥモロウ」をリリースしますが、レコード会社(アップル)の関係でアメリカ、イギリスでは発売されず、ヒットしませんでした。
その後バッドフィンガーと名前を変え、ビートルズの弟分のバンドとしてファーストアルバム「マジック・クリスチャン」を発売してスマッシュヒットします。
このアルバムはリンゴの主演映画「マジック・クリスチャン」のテーマ曲を含み、作詞作曲、プロデュースもポールです。
70年に大好きなセカンドアルバム「ノー・ダイス」が発売されます。
BADFINGER1.jpg
アメリカツアーに備えてマネジャーをスタン・ポリーという最低な男に替え、最低な契約を結ばされます。
バンドは人気が出て、ビートルズのメンバーのレコーディングにも参加します。
73年にはサードアルバム「ストレート・アップ」をジョージ・ハリスンとトッド・ラングレンのプロデュースでリリースします。
BADFINGER2.jpg
しかしアップルレコードの経営不振、ひどい契約内容で、レコード会社を替えアルバムを出し続けますが、バンドの管理、金銭の管理がひどく、ついにはバンドに一銭も入らなくなります。
絶望のあまりピート・ハムは身重のガールフレンドを残し「ポリーを道ずれにする」という遺書を残し首吊り自殺します。
BADFINGER3.jpg
その後トムを中心にバンド活動を続けますが、楽曲の利権問題などで疲れ果てたトムは自宅の庭の木で首吊り自殺を遂げ、バッドフィンガーの歴史に完全に終止符が打たれました。
とても素晴らしいシンガーソングライター達をなくしました。
曲も歌も大好きでした。
BADFINGER4.jpg
「マジック・クリスチャン・ミュージック」からは後のELOの様な名曲「Maybe Tomorrow」、うつくしい「Carry on Till Tomorrow」、キンクスの様なふしぎな「Knocking Down Our Home」、「ノー・ダイス」からはタイトなロックナンバー「No Matter What 」、ティム・ハーディンがカバーした「Midnight Caller」、あまりにも有名な「Without You」、「ストレート・アップ」から印象的な「Sweet Tuesday Morning」「Day After Day」「Perfection」、など素晴らしい作品を生み出しました。
バッドフィンガーのアルバムは音がとても良いのです。エンジニアが良いのでしょうね。
バッドフィンガーは永遠です。

Ωベストアルバム 「ノー・ダイス」

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント