映画の話 その32(ジョニーは戦場へ行った)

69コクロソノ
タイトルの「ジョニーは銃をとった(Johnny Got His Gun)」は第一次世界大戦時の志願兵募集の宣伝文句「ジョニーよ、銃をとれ(Johnny Get Your Gun)」の強烈な皮肉です。
ジョニー3
この映画は普通とは逆に現在が白黒、過去や妄想はカラーで描かれています。
第一次世界大戦の実写フィルムをバックにタイトルクレジット、その後とても長い沈黙で真っ暗な状態が25秒ほど続く。
やっと音声が入り白黒の映像がはいり、3人の医師が見つめる手術室であることがわかる。
ジョニー
医師達の話でジョーは胸と腹と性器だけは無事で意識も感覚もない植物人間状態なことがわかります。
延髄は無事なので心臓と呼吸中枢は機能しています。
そして興味本位の研究材料としてアメリカ軍のティラリー大佐がこの身元不明の負傷兵407号を引き取ることになります。
小脳の機能により身体的運動が見られるがこの運動に特別な意味はなく、大脳が甚大な損傷を受けているため研究するのだと言います。
喋れない、聞こえないジョーには痛みも喜びも記憶も夢も思考もないと思われています。
しかしジョーは皮膚の感覚や波動で人の出入りを感じます。
カラーに代わり出征直前のシーンで婚約者のカリーンがいることが解ります。
ジョニー4
またパン屋で働くジョーに父親が亡くなった知らせが届きます。
少しずつジョーの過去がカラーで解ります。
キリストが出てくる妄想シーンも有ります。
ジョーは手足がないこと、顎も舌も目も鼻もないことを感じ絶望するシーンは残酷です。
幻想のサーカスのシーンはフェリーニのようです。
ある日、新しい看護婦が来ます。
ジョーは感覚で解ります。
看護婦はジョーを哀れみ涙を流します。
ジョニー2
看護婦はお花を生け、カリーンの思い出に堅くなった性器を愛撫してあげるのでした。
クリスマスにはジョーの胸に指でメリー・クリスマスとなぞってあげるとジョーは理解したのです。
初めて一方通行ですが意思の疎通が出来ました。
ジョーは子供の頃友人とモールス信号で電信を打ち合いました。
父親がそのことをジョーに思い出させ、頭を動かすことによってモールス信号で表現することができたのです。
しかし残念なことに看護婦には理解出来ませんでした。
後日ティラリー大佐の回診がありました。
そのとき1人がモールス信号に気づきジョーがSOSを発信していることが解りました。
その人がジョーの額にモールス信号を打ちます。
「望みは何か」「サーカスの様な見せ物にしてほしい」「外に出すことは出来ない」「もしもあなた方が僕をみんなに見せたくないなら殺してくれ」「殺してくれ」「殺してくれ」大佐達はジョーを無視し出て行きます。
それを聞いていた看護婦は呼吸のチューブを鉗子でつまみ遮断します。
ジョーは彼女のために祈ります。
しかしそこに責任者が戻り鉗子を外し、元の状態に戻してしまいます。
最後はジョーのSOS助けてくれ、SOS助けてくれ、SOS・・・・・・・で終わります。
とても重く強烈な反戦映画でした。
私が大好きな江戸川乱歩の「芋虫」を思い出しました。
小説として大変面白いのですが反戦が中心のこの映画とは全く違うスタンスです。
原作者であり、脚本、監督のドルトン・トランボにスタンディンオベーションです。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント