旅の話 その5(街路樹)

サンチ−2塔005
アジアの街路樹の話です。
インドをドライブしていると焼ける様な日差しの中をひたすら歩いている人達がいます。
インドの田舎ではバスの本数も少なく、自転車もあまり利用されていません。
多少の距離は歩きます。
本来街道には樹木が植えられ日影がつくられていたはずですが現代では所々残っているだけです。
街路樹として植えられた樹木は、実が食用になるタマリンド、
1タマリンド
歯ブラシや虫除けになるニーム、
2ニーム
紫檀やローズウッドとよばれるシーシャム、巨大なマメがぶら下がるビルマネムノキ、
3ビルマネムノキ
火炎樹と呼ばれる鳳凰木(西インドで女性が髪に編み込む火炎樹の花は砂漠に映え美しい)、
4火炎樹グルモハル
釈迦が悟りを開いたインド菩提樹(とても大きな日影をつくるので樹下は人々の語らいの場になる)などがあります。
またマンゴーは沢山の美味しい実を作りますし、最近日本でも見られるようになったジャカランダはとても美しい紫色の花を咲かせます。
5ジャカランダ
初めて見た時は余りの美しさに絶句しました。
日本では桐の花が美しいですね。
バンコクではタイの国花ゴールデンシャワーが渋滞の町を黄色く染めてくれます。
6ゴールデンシャワーじゅ
私が好きなのはプルメリアです。
7プルメリア
花も綺麗ですが香りが素晴らしく、寺院の階段の両側に植えられています。
日本の桜も美しさでは世界でトップです。
街路樹は人々の生活と密接な関係を持ちます。
インドの村を訪れるとたいてい大きな菩提樹やガジュマルがあります。
周囲をレンガや石で囲われ、そこに村の男衆が集まります。
女性はあまり見かけません。
女性は水場や家の周りに集まり仕事をしながら世間話や夫の悪口(たぶん)で盛り上がります。
男衆は特に何するではなく日がな道路を見つめ、たまに政治の話をしているようです。
そんなところに外国人がやって来て遺跡見学しようものなら、興味で村は大混乱です。
場合によっては村長まで出てきます。
あまり大きくない樹下は午睡の場所です。
遺跡の内部も勉強や午睡の場所に最適です。
日影に入れば湿度は低く風が通るのでとても快適です。
大きな古い木には精霊が宿っていそうです。
すくなくとも何百年と人間の歴史を見て来ています。
従って地元の人はとても大事にします。
東南アジアやインドではこのような木の根元に石像や木像、お供え物などが祀られています。
特にインドでは「ナーガッカル」といって多産や豊饒を祈願するヘビ(ナーガ)の像を祀ります。
7AA1_0250
日本では沖縄にとても古く大きなガジュマルやアカギの木が有ります。
P2091776.jpg
とても古い木には精霊のキジムナーが住みついていると言います。
キジムナーは子供にしか見えません。
私がふざけて見たと言ったらそれは悪い霊ですぐにお祓いを受けて下さいと真剣に言われました。
上原正三 「キジムナー kids」はすべての人にお勧めの必読書です。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント