音楽の話 その34(ANDWELLA)

ガンジーファ - 033
今回はAndwellaです。
ラジオ局に勤めている友人が持って来てくれたLPのなかにANDWELLA 「PEOPLE’S PEOPLE」はありました。
ピンクぽいセピアのジャケットです。
冬枯れた木立の中に4人が立っています。
見ただけでイギリスのバンドであることが解ります。
P8130322.jpg
メンバーを見るとDavid Lewis ( Vocals, Guitar, Piano, Organ)、Dave McDougall (Piano, Organ)、Dave Struthers ( Bass, Vocals)、Jack McCulloch (Drums)となっています。
大好きなピアノとオルガンが入っているのです。
期待に胸を膨らませA面に針を落とします。
「She Taught Me To Love」ベースとピアノの絡みが最高です。
そこにオルガンです。
ふるえが来ます。
David Lewisのボーカルととても黒っぽいコーラスがたまりません。
続く「Saint Bartholomew」もさらに泣かせます。
ザ・バンドを思わせますがイギリスです。
うしろのオルガンが最高です。マシュー・フィシャー顔負けです。
ギターが表に出ないのがとても良い。
「The World Of Angelique」は澄んだ音色のアコースティクギターとエコーの利いたDavid Lewisのボーカルが冬枯れた空気を伝えるとても美しい曲です。
P8130323.jpg
「Mississippi Water」はシングルカットされても良いタイトなロックナンバーです。
プロコルハルムの臭いがします。
最後の「I've Got My Own 」はトロンボーンが印象的な名曲です。
B面の一曲目はアップテンポな「Are You Ready」で始まります。
バンドを感じさせるナンバーでボーカルはもちろんリック・ダンコにお願いします。
「Four Days In September」はとても叙情的なピアノとボーカルで始まり、ドラムとベースが入ってくる所がとても良い。
「The World Of Angelique」と対比する「Lazy Days」、アルバムタイトルの「People's People」は黒っぽいコーラスとベースラインが印象的、「Behind The Painted Screen」はとても美しい曲でDavid Lewisが淡々と歌い上げます。最後の「All For You」はすべてを愛する人に捧げるこの唄があなたの唄ですと言う歌詞でエンディングにふさわしい曲です。
全曲David Lewisの曲です。
Andwella.jpg
David Lewisは北アイルランド出身でThe Method と言うバンドで1968年にロンドンに進出します。
そしてAndwella’s Dreamと言うバンド名でデビュー・アルバム「Love & Poetry」を発表します。
さらにAndwellaと短縮して「World’s End」をリリースし「PEOPLE’S PEOPLE」はセカンドアルバムです。
結局商業的には成功しなかったので「PEOPLE’S PEOPLE」後解散してしまいます。
アイルランド好きでプロコルハルム好きの私は毎日聞いていました。
エレキギターが表にです、センスの良い控えめなアコースティックギターが特徴です。
David Lewisの作る曲はどことなくアイルランドの香りがしますし、ザ・バンドとは違う枯れた感じがします。まるでアルバムジャケットの様な。

Ωベストアルバム 「PEOPLE’S PEOPLE」

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント