寺院の彫刻 その36(ラーマ9)

PANATA134.jpg
第6巻 ユッダ・カーンダ(戦争の巻)
ハヌマーンの報告を聞いてラーマは喜び、さっそく遠征の準備にとりかかった。問題はいかにして海を渡るかである。ラーマは弓に矢をつがえ、海の神に対して道を開けるよう要求した。
1ヴァルナ神とラーマ
海の神はそれは拒否したが、神工ヴィシュヴァカルマンの息子ナラに橋を造らせることを勧めた。
ナラの指導のもと猿たちは石や木を集め、すべての動物が手伝い、海の怪物マカラまで参加して数日で洋上に橋を架けることに成功した。

ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。
左に弓を持つラーマ、右に合掌する海の神。
2LOLO051.jpg
同じくC.SIVA寺院のパネルです。
左に橋を造るための石を運ぶサル軍、右にそれを手伝う海の生き物達。
口に石をくわえて運びます。
3LOLO052.jpg
南インドのHANGALにあるTARAKESHVAR寺院の基壇のパネルです。
サル達が石を運んでいます。
1HANGAL(Tarakeshvar).jpg
南インドのLAKKUNDIにある寺院です。
上に石を運ぶサル達、下は海で魚や亀、マカラなどが彫刻されています。
5Lakkundi-176.jpg
東ジャワのC.PANATARANのパネルです。
サル達が石を切り出し、運ぶところが彫刻されています。
6PANATA166.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院です。
サル達が一生懸命、石を運んでいます。
7papa0674.jpg
タイのクメール寺院PHIMAIの楣の彫刻です。
サル達が運んで来た石を魚達に渡します。
アナンタ龍の姿も見えます。
8PIMAI097.jpg
ネパールのパタンにあるKRISHNA MANDIR の柱の上部です。
サル達が大きな岩を運んでいます。
9KRISHNA MANDIR - 15
猿軍はランカー島に侵入し、ラーヴァナの都城を包囲した。ラーヴァナの弟ビビシャナは正しい心の持ち主でシーターをラーマのもとに返しましょうと訴えたがラーヴァナは聞く耳を持たなかった。ビビシャナは城壁を乗り越えラーマ軍の陣地に入り保護を求めた。
1img074ヴィビシャナとラーマ
こうして長い戦いが始まった。

2IMG_0068.jpg
カンボジア アンコールにあるBAPUON寺院です。
サル軍と悪魔軍の戦い。
4DSC_5970.jpg
BAPUON寺院です。
サルが飛びかかっています。
5.jpg
アンコールのPREAH KHAN寺院の破風の彫刻です。
5KHAN155.jpg
東ジャワのC.PANATARANのパネルです。
悪魔軍にダッコされているみたいでとても可愛いパネル。
6PANATA196.jpg
東インドATPURのRADHA GOVINDA寺院です。
とても細かいテラコッタの彫刻です。
9RADHA GOVINDA 1-ATPUR
アンコールワット寺院の破風の彫刻です。
3ANGKOR137
タイのクメール寺院PHANOM RUNGの破風の彫刻です。
7RUNG073
アンコールのBANTEAY SAMRE寺院の破風の彫刻です。
ラーマとサル軍です。
8SAMRE024
激しい戦いが続き、両軍の勇士たちは次々に死んでいった。

ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント