音楽の話 その30(ヴァン・モリソン)

ガンジーファ - 039
私のベストのミュージシャン、ヴァン・モリソンの登場です。
これほどストイックなボーカリストは知りません。
ヴァンの作品に駄作はありません。
68年の「Astral Weeks 」を聞いて下さい。
ヴァン4
魂が揺さぶられるでしょう。
このアルバムのレコーディングはヴァンと全く面識のないジャズミュージシャンがヴァンの歌に合わせて即興で演奏したそうです。
オーヴァーダビングを省いて、ほとんど一発取りの様です。
信じられません。
まるで数十年も一緒にやっているみたいです。
「The Way Young Lovers Do」を聞いて下さい。
ヴァンもすごいがバックもすごい。
恐ろしい全8曲です。
70年の「Moondance」は一般の人達にも受け入れられたアルバムです。
ヴァン2
ヴァンの中ではポップな仕上がりです。
A面1曲目からニヤツイてしまいます。
「Moondance」のイントロ、なんてカッコいいの。
ベース、ピアノ、フルート最高です。
ピアノの間奏最高です。
とても美しく、黒い「Crazy Love」、ノリノリの「Caravan」、この曲を聴くたびにアレサ・フランクリンに歌い方が似ているように感じるのですが。
「Brand New Day」なんて素晴らしい曲なんでしょう。
バッキングボーカル最高。
クラビネットから始まる不思議な曲「Everyone」、「His Band and the Street Choir」「Tupelo Honey」「Saint Dominic's Preview」どれも佳作で外れがありません。
「Veedon Fleece」も大好きなアルバムです。
ヴァン1
どの曲も凛として透明感があり美しいアルバムです。
おそらくベルファストに帰って曲を書いたことが反映されているのかもしれません。
ブラスやコーラスが入っていないことも起因しているかもしれません。
68年に「Astral Weeks 」が出来たのは奇跡としかいいようがありません。
そしてその6年後にこのアルバムです。
ヴァンの気迫せまるボーカルは変わっていません。
ロックで泣かせるヴォーカルはヴァン以外にいません。
66年頃Themとして「Gloria」がヒットしました。
ヴァン3
Themが大好きなゴールデンカップスの代表曲です。
また「One More Time」や「Stormy Monday」もカップスのお気に入りです。
Themを脱退してソロになって第一作が「Astral Weeks 」なのです。
G ♫ L ♫ 0 ♫ R ♫ I ♫ A ♩ て歌ってた2年後に「Astral Weeks 」です。
信じられません。
ヴァンの根底にあるのはアイルランドです。
ダブリンです。
アイルランドの音楽に駄作はありません。
アイルランドの映画に駄作はありません。
ヴァン・モリソンに栄光を
アイルランドに平和を

Ωベストアルバム 「Astral Weeks 」「Moondance」「Veedon Fleece」

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

コメント

非公開コメント