映画の話 その27(ハロルドとモード)

64セト
アメリカンニューシネマの作品の一つ「ハロルドとモード」です。
アメリカではカルト的人気を誇る作品といわれています。
監督のハル・アシュビーについてはデビュー作品の「真夜中の青春」の音楽を敬愛するアル・クーパーが担当したことぐらいしか知りませんでしたが,主演のバッド・コートについては「マッシュ」「いちご白書」,好きだった「バード・シット」など続けて観ています。
ハロルドとモード.2
オープニングは歴史のある大邸宅で部屋から部屋へ歩き回るハロルド(バッド・コート)の足下を撮り続けます。
そして台の上に乗り、台をけとばします。
前身が写ります。
首つり自殺です。
ここで観客は驚きます。
そこへ母親が入ってきて一瞥します。
何も無かったように友人に電話します。
観客はまた驚きます。
日常茶飯事のように夕食の時間を告げ、退室します。
ハロルドの趣味の模擬自殺です。
この他、部屋を血だらけにして自殺したり、焼身自殺したり色々楽しませてくれます。
母親はうんざりしています。
ハロルドのもう一つの趣味は他人の葬儀に出る事です。
ハロルドのマイカーは霊柩車です。
母親にプレゼントされたジャガーEタイプを霊柩車に改造してしまいます。
他人の葬儀に出席している時にモード(ルース・ゴードン)に出会います。
モードも他人の葬儀に出るのが趣味で年齢は79歳、ハロルドより60歳年上です。
モードはアウシュビッツ収容所の生き残りでとても活動的でハロルドとは正反対です。
ハロルドとモード
二人はお互いに惹かれあい、デートを重ねます。
この二人のデートシーンがとても美しく見所です。
モードはハロルドに人生の生き方を何気なく教えます。
ある日二人は結ばれます。
有頂天のハロルドがモード80歳の誕生祝いをおこないます。
ハロルドとモード.3
そこで意外な言葉がモードから発せられます。
なんと自殺をするために薬を飲んだというのです。
モードは80歳で死ぬ事を決めていました。
意識がなくなるモード。
病院へ搬送するが亡くなりました。
絶望のハロルドは霊柩車を運転し、絶壁から落ちます。
車は大破しますがハロルドは直前に脱出し、崖の上でモードにもらったバンジョーを弾いていました。
彼は生きてゆく事を決断しました。
この映画はハロルドとモードの青春映画です。
ルース・ゴードンの演技が光ります。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ www.ravana.jp

コメント

非公開コメント