音楽の話 その29(ティム・ハーディン)

ガンジーファ - 040
ティム・ハーディンは私の大好きなシンガーソングライターです。
もっと評価されて良いと思うミュージシャンの1人です。
1941年にオレゴン州で生まれ兵役後ニューヨークへ出てきます。
当時のニューヨークはフォークブームでライブをおこなうカフェが沢山ありました。
そこではディランやトム・パクストン、ジョーン・バエズなどが歌っていました。
tim4.jpg
ティムはフレッド・ニールと共に認められアルバムを出します。
二人は当時からエレクトリック・ギターを使用していました。
ティムのソングラーターとしての才能はファーストアルバム「Tim Hardin1」ですでに全開です。
tim.jpg
ティムの曲は本人の唄よりかバーされた曲の方が有名になります。
たしかに「Reason To Believe」や「If I Were A Carpenter」は多くの有名ミュージシャンによってカバーされました。
ティムはジャズ系ミュージシャンをバックに使います。
マイク・マイニエリ、ゲイリー・バートン、ジョー・ザビヌル、ラルフ・マクドナルドなどの名前が見えます。
超一流のミュージシャン達です。
しかし決してジャズにはなりません。
あくまでティム・ハーディンの音楽です。
tim2.jpg
私生活は悲惨で麻薬中毒になり、家庭は崩壊します。環境を変えイギリスに移り住みますが帰国後、自殺の様な薬物中毒による心臓マヒで39歳で亡くなります。
もともと60年代のニューヨークから出て来ていますが、アウトサイダーだったようで、フォークとして語られますが決してフォークでもカントリーでもなく、むしろブルースの要素が強い、ティム独特の哀愁をおびたメロディラインが特徴の楽曲です。
私が大好きな曲を私が大好きなミュージシャンがカバーしています。
tim3.jpg
「It'll Never Happen Again」はElvis Costelloが「Misty Roses」はColin Blunstoneが「Hang on to a Dream」はNiceがカバーしています。
もう涙ものです。
Colin Blunstoneは元The Zombiesのリードボーカルで最高のシンガーです。
NiceはE.L.P.のKeith Emersonが結成したバンドです。
やはり一流のミュージシャンが注目していたのです。
しかしそれだけではないのです。
今度は逆にティムが私の大好きなBadfingerの「Midnight Caller」をカバーしているのです。
ランディ・ニューマンの「I'll Be Home」はわかりますがなんでBadfingerなのか、なんで「Midnight Caller」なのか不思議です。
この曲を選んだティムを尊敬します。
40歳目前に亡くなりましたがティムの曲は不滅です。
いつもどこかでティムの曲が流れています。

Ωベストアルバム 「Tim Hardin1」

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp


コメント

非公開コメント