FC2ブログ

映画の話 その57(キリングフィールド)

87サクトレム
アンコールワットに行きたい症候群に罹患していた私にとって、映画のキリング・フィールドは喉から手が出るほど見たい作品でした。
キリングフィールド6
1986年当時カンボジア入国は夢のまた夢でした。
1970年代カンボジアを支配していたポルポトのクメール・ルージュが1978年にベトナムに侵入し、バチューク村の住民を虐殺したことにより、始まったカンボジア・ベトナム戦争は、圧倒的な力を持ったベトナム軍がカンボジア領内を進み、わずか半年でプノンペンを占領し、1979年にポルポト政権を追放しました。
そして親ベトナムのヘンサムリンが誕生するのです。
キリングフィールド2
ところが問題はさらに複雑化して反ベトナム派の人たちが出てくるのです。
もともとカンボジア人のベトナム人に対する感情は良くありません。
そしてベトナムのバックにはソ連、カンボジアのバックにはアメリカがいるので大変です。
さらにゲリラ化したクメール・ルージュをタイが後押しするため、めちゃくちゃです。
そんな状態があるのでアンコールワットなどに構ってはいられない状態です。
しかし新ベトナム政権が続くうちにカンボジア人のアイデンティティーであるアンコールワットを目玉に、昔のように観光国家を築こうと思い始めます。
キリングフィールド3
それには遺跡の修復と安全を確保しなければなりません。
こうして遺跡周囲のクメール・ルージュ一掃作戦が始まりますが、タイ政府をバックにしたクメール・ルージュはなかなか引き下がりません。
しかし1987年ごろから安全が一部確保されたため観光再開が始まりました。
そして1988年に日本でも団体旅行に限り、観光が許されます。
そして1988年末に私の夢のカンボジア旅行が決まったのです。
詳しくは巡礼その4カンボジアに書いてあります。
キリングフィールド4
前置きが長くなってしまいましたがキリング・フィールドはニューヨーク・タイムズ記者としてカンボジア内戦を取材し、後にピューリッツァー賞を受賞したシドニー・シャンバーグ(Sydney Schanberg)の体験に基づく実話を映画化したものです。
時期はクメール・ルージュが全土を支配し、プノンペンに入ってくる少し前です。
アメリカ人ジャーナリストのシドニー・シャンバーグと、現地の新聞記者であり通訳でもあるディス・プラン(カンボジア人)はカンボジア内戦を取材しています。
キリングフィールド5
しかし、カンボジア内戦はポル・ポト率いるクメール・ルージュが優勢となり、アメリカ軍が撤退を開始します。
この時、シャンバーグはプランの一家をアメリカに亡命させようとしますが、プランは仕事への使命感から妻子のみをアメリカに逃がし、自分はカンボジアに残ることを決意するのです。
そして、シャンバーグとプランは取材活動を続けていきます。
やがて、カンボジアは完全にクメール・ルージュに支配され、シャンバーグたちはフランス大使館に避難します。
シャンバーグや他社の記者は、外国人であるから帰国により逃れることができるが、カンボジア人であるプランは逃げることができません。
そこで、シャンバーグらはパスポートを偽造してプランをアメリカに亡命させようと画策しますが、粗悪な印画紙に焼き付けたため、偽造パスポートの写真の画像が消えてしまい、プランを逃すことに失敗します。
そのためプランはフランス大使館を出ることを余儀なくされ、クメール・ルージュの支配する集団農場サハコーへと移送されてしまいます。
ここからクメール・ルージュの支配下の信じられない生活が始まります。
そして奇跡的に脱出をしてタイの難民キャンプに保護されます。
一方シャンバーグはアメリカに戻り、ピューリッツァー賞を受賞しますが、プランを捨てたと自責の念に駆られます。
そしてあらゆる情報を使ってプランを探し、ついに難民キャンプで再会するのです。
初めから終わりまで息もつけないスリルの連続です。
私が初めて行った88年のプノンペンの街は静かで、車はほとんど走っていません。
オートバイもです。
プノンペン008
オープンエアーの食堂に入ると地雷で手足を無くした若い物乞いがたくさん集まってきます。
それでも市場は活気があり、子供の澄んだ美しい瞳に救われる思いでした。
この映画は私たちの知らない時期のカンボジアの状況を克明に教えてくれます。
クメール・ルージュの殺戮によって殺害されたカンボジア人は120〜170万人と言われています。
プノンペン066
当時彼らの政府「民主カンプチア」を日本だけでなく欧米も支持したのです。
政府だけでなくマスコミ全てが支持をし、全貌が明らかになって驚愕したのです。
中国の文化大革と全く同じです。
しっかりしろよ日本!
当時のカンボジア旅行は巡礼04カンボジアでご覧ください。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp


石の巡礼 その9(姫路不動院十二天)

AA1_0285のコピー
兵庫県姫路市にある不動院境内の墓地にはとても珍しい石仏群があります。
西国三十三観音霊場を曼荼羅のように見立て、外側に十二天を六天づつ、二つ配したもので、石柱に「願主一心寛政七年(1795)乙卯」とあります。
1不動院1
十二天の刻像は他には知りません。
八方天に梵天、地天、日天、月天を加えたもので、梵天は天に、地天を地に、日天と月天を日と月に、八方天は八方角に割り当てます。
八方天はインドでも同じで方位神(DIKPALAS)と呼びます。
北は毘沙門天―財宝神クベーラ、北西は風天―風神ヴァーユ、西は水天―水神ヴァルナ、西南は羅刹天―ニルリティ、南は焔摩天―冥界神ヤマ、南東は火天―火神アグニ、東は帝釈天―雷神インドラ、東北は伊舎那天―イーシャナです。
不動院では六天づつ、二つに分かれて彫られています。
向かって右側の石造物には帝釈天、火天と焔摩天、梵天、日天と伊舎那天が彫られています。
左側には風天、羅刹天と水天、地天、毘沙門天と月天が彫られています。
帝釈天はインドではインドラ神として手には金剛杵(稲妻のシンボル)を持っています。
この像も右手に持っています。
2帝釈天 東インドラ
    2帝釈天3-20b4b
火天はアグニ神で象徴の火がバックに彫られていますが、この像も後ろに火が彫刻されています。
3火天 東南アグニ
    3火天3-20b5b
焔摩天は冥界神ヤマで閻魔大王です。
手には人頭杖を持ちます。
4焔摩天 南ヤマ
    4焔摩天3-20b6b
梵天はブラフマーで四面四臂なのですぐにわかります。
5梵天(ブラフマー)
    5梵天3-20b1b
日天はインドではスーリヤ神で右手に日輪を左手には蓮華を持っています。
6日天 スーリヤ
    6日天3-20b2b

伊舎那天はインドではシヴァ神で象徴の三叉戟を持っています。
この像も右手に三叉戟、左手に杯を持っています。
7伊舎那天 東北イーシャナ
   7伊舎天3-20b3b



反対側の石造物には風天が彫られています。
風天はインドではヴァーユ神で旗を持っています。
8風天 西北ヴァーユ
   8風天
羅刹天はインドではニルリッティで死を神格化した神で剣を持つ。
9羅刹天 西南ニリチ
    9羅刹天3-20a6b



水天はヴァルナで縄と剣を持ちます。
10水天 西ヴァルナ
    10水天3-20a5b



地天はインドではプリティヴィーという女神でこの像では花を盛った器を持っています。
11地天(ヒリチビ)
    11地天3-20a1b
毘沙門天は多聞天です。
インドではシヴァでこの像も宝棒(三叉戟)と左手には宝塔を載せています。
12毘沙門天 北ヴァイシュナーヴァ
    12毘沙門3-20a3b
月天はインドではチャンドラでこの像は右手で月輪を捧げています。
13月天 チャンドラ
    13月天3-20a2b
日本の八方天はインドの方位神と酷似しており、中国経由で日本に入ってきたことがわかります。
不動院の石仏はとても魅力的です。
中心に西国三十三観音霊場の本尊を石塔に刻み、その周りに四天王を祀り、石塔の前に亀の石像を祀ります。
左右の灯籠には八咫烏と餅つきをする兎を彫り、左右に十二天を祀ります。
いつまでも見ていたい不思議な空間でした。

ホームページ  www.ravana.jp

 

音楽の話 その57(ジミ・ヘンドリックス)

ガンジーファ - 078
ジミヘンとの最初のコンタクトは? おそらくジュークボックスから流れる「Purple Haze」です。
R&Bに浸かっていた60年代後半、どんな音とも違うジミヘンのサウンドに戸惑いを覚えました。
とても不思議なメロディに大音量で歪んだギターです。
ジミヘン7
ベースもドラムもとても荒っぽい演奏です。
そして「Hey Joe」や「Burning Of The Midnight Lamp」「Foxy Lady」もジュークボックスから流れました。
ギターテクニックの凄さに脱帽です。
特に感動したのが「The Wind Cries Mary」です。
とても美しいメロディに呟く様なジミの歌です。
ジミヘン6
ただの大音量で弾きまくるギタリストではないことがわかります。
当時もっと興味のあるミュージシャンが沢山いたので深入りはしませんでした。
私は本質的にギターをメインにしたバンドはあまり好きではありません。
白人3大ギタリストも興味がありませんでした。
大事なのはテクニックではなく感性エモーションです。
クラプトンのクリーム時代の「White Room」、ベックとロッドスチュワートの「I've Been Drinking」(この曲はロック史上に残る名曲です)などがギターの神髄だと思っています。
ブルースよりR&Bの方が好きなのです。
親しくなった友人達がジミフリークでいつもジミヘンを聞いていました。
特に「Rainbow Bridge」と「The Cry of Love」を良く聞いていました。
ジミヘン2
ある日突然ジミのギターが語りかけてきました。
この日を境に積極的に聞くようになりました。
「The Cry Of Love」に入っている「Angel」がフェイヴァリットナンバーになりました。
ジミヘン3
そして買ったのが「Electric Ladyland」です。
アルバムジャケットが最高です。
A面に針を落とすと訳のわからない「And the Gods Made Love」、「Have You Ever Been」、ジミ全開の「Crosstown Traffic」、有名なブルースナンバー「Voodoo Chile」スティーヴ・ウィンウッドのB3が最高、ジミのギターに勝るとも劣らない大バトル。
もしかするとジミとスティーブは感性が同じなのかもしれません。
ジミヘン4
B面はノエル・レディングのポップな「Little Miss Strange」、バックコーラスが面白い「Long Hot Summer Night」、「Come On」、「Gypsy Eyes」、大好きな「Burning of the Midnight Lamp」で終わります。
C面はテナーサックスとオルガンが面白い「Rainy Day, Dream Away」、とてもユニークでアバンギャルドな大作「A Merman I Should Turn to Be」、実験的な「Moon, Turn the Tides...Gently Gently Away」で終わります。
D面はジミ全開の「Still Raining, Still Dreaming」、「House Burning Down」、有名なディランの「All Along the Watchtower」、「Voodoo Child」に戻り終わります。
嬉しいことにゲストでトラフィック、アル・クーパーが参加しています。
ジミヘン1
ジミは不世出のミュージシャンです。

Ωベストアルバム 「Smash Hits」 

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その56(5時から7時までのクレオ)

86マヌモヨソ
今回はヌーヴェル・ヴァーグの「左岸派」に属し、同じく左岸派のジャック・ドゥミ監督の妻でもあったアニエス・ヴァルダが監督・脚本共に手がけた「5時から7時までのクレオ」です。
クレオ5
あらすじは「夕方5時、歌手のクレオ(コリンヌ・マルシャル)は、自分が癌に侵されているのではないかと不安な気持ちで過ごしていた。病院での精密検査の結果が出るのが7時。占いや不吉な迷信により不安は膨らむばかり。ショッピングで気を紛らわそうとしても無駄で、恋人にもその不安を打ち明けることができない。歌のレッスンを抜け出し、街中を彷徨い歩けば、人々の視線がすべて自分に向けられているような錯覚すら覚える。友人のドロテとドライヴするも気が晴れず、公園をひとり歩いていると、アルジェリアからの帰還兵、アントワヌと出会う。見知らぬ男に不思議と心開かされ、悩みを打ち明けたクレオは、アントワヌに付き添われ病院へと向かう。」というものです。
いきなりタロット占いから始まります。
クレオと占い師との会話でクレオの現在の状況がわかります。
このシーンはカラーなのでカラー映画と思ってしまいますが、モノトーンです。
特徴的なのは画面毎に5時から7時までの時刻が表示され、ほぼ実際の時間の流れに従って、私たちはクレオの心理や行動を共にすることになります。
占い師のアパートを出てパリの街を歩き付き人(マネージャー)とカフェに入ります。
クレオ1
この時の鏡の使い方が素晴らしい。
次は帽子屋に入り帽子を買います。
帽子屋でも鏡が有効的に使われます。
クレオ8
タクシーで家に帰りますがこの時のタクシーの運転手は女性です(1962年ですよ)。
ドライブもクレオの視線でパリの街を流します。
クレオの自宅も面白い設計です。
まず恋人が来ますが忙しくすぐに帰ってしまいます。
次に現れるのは作曲家のボブ(ミッシェル・ルグラン)と作詞家で歌のレッスンをするのですがルグランが歌う嘘つき女が最高。
クレオ6
三人で歌う歌もとても良いです。
生のルグランが見れて最高です。
クレオの歌う「クレオパトラ私はそなたを熱愛する」も良い曲です。
ルグランらしい曲です。
ヴァルダ監督の夫ジャック・ドゥミ監督は「シェルブールの雨傘」「ロッシュフォールの恋人たち」の監督で素晴らしい音楽はルグランです。
そんな関係で昔からの知り合いだったので音楽を担当してもらい、友情出演みたいなものです。
レッスンを中座して街に出てカフェに入りますが余計孤独感を募らせ、友人がモデルをやっている美術学校へ行き、二人でパリの街をドライブします。
そして彼女の恋人ラウルのところで無声映画を見ます。
なんと主演はゴダールとアンナ・カリーナです。アンナはまるでフランス人形です。
クレオ7
すごいサービスです。
二人はタクシーに乗りクレオは公園で降りて散歩します。
そこで階段を下りながら歌うシーンは必見です。
滝のところでアルジェリアからの帰還兵、アントワヌ(アントワーヌ・ブルセイエ)と出会います。
クレオ4
二人はいろいろ話し合い心を開き、二人で病院へ結果を聞きに行くことにします。
結果は癌でしたが怖くはありませんでした。
アントワヌがいるから。
とても良い映画でした。
それにしてもクレオはでかい。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp