FC2ブログ

石の巡礼 その6(白滝山ー龍泉寺十六善神)

AA1_0281のコピー
今回は広島県三原市にある白滝山龍泉寺です。
白滝山の山頂付近に龍泉寺があります。
龍泉寺は、小早川氏の一族の小泉氏の氏寺です。
この寺の本堂裏の白滝山山頂は「八畳岩」 と呼ばれる巨大な花崗岩の露頭があり、その「八畳岩」の岩壁に、釈迦三尊と、十六善神の磨崖仏が彫られています。
「八畳岩」は上に登ることができ、大三島や生口島などの島々、周辺の山々が見渡せ、素晴らしい眺めです。
残念ながら私が訪れた時には霧がひどく、海ははっきり見えませんでしたが、やがて霧が晴れるとまるで天空にいるように雲海(霞?)が広がり、とても幻想的な景色になりました。
白滝山
ここに掘られている十六善神とは醜怪な夜叉や鬼神が、仏の教えを聴いて改心し、善心をおこして三宝に帰依(仏教徒になる)することで善神となった神です。
そして「般若経」とその誦持者の守護を誓いました。
『玄奘三蔵は大般若経などの経典357部をたずさえ帰路を急いでいましたが、川のほとりで鬼神深沙大将が現れました。深沙大将は「これまで法師の旅を邪魔してきたが、今こうして沢山の経典をたずさえた法師を見て仏法に寄せる情熱を理解し、これまでの行いを後悔している」と懺悔しました。すると法師は、「今の懺悔によって、あなたが犯した罪はすべて消滅した。これから先は、あなたの家来とともに仏法を広めて、衆生済度に精進しなさい」と言い、大般若経を取り出して深沙大将の頭上にかざします。深沙大将は、「これからは般若経を身をもって防ぎ守ります。また、般若を敬い信じる人に対しては、現在から未来にいたるまで、いついかなる場合もその願いが叶うよう援護するでありましょう」と法師に固く誓約しました』という話は有名です。
この話を元にした西遊記では玄奘三蔵は三蔵法師、深沙大将は沙悟浄です。
「八畳岩」に彫られているのは十六善神と玄奘三蔵、深沙大将、常啼菩薩、法涌菩薩と釈迦、迦葉、阿難の釈迦三尊です。まず始めに現れるのは釈迦三尊です。
釈迦、迦葉、阿難の釈迦三尊
0釈迦 脇侍に迦葉・阿難
十六善神と彫られた年代が違うようで出来はあまりよくありません。
さらに進みますと大岩に彫られた10体ほどの十六善神が現れます。
左端の深沙大将は6個のドクロのネックレスとお腹に子供の顔が彫られているのでわかります。
隣には深沙大将に狙われている少年らしき像、経典を求めて天竺へ旅した玄奘三蔵、勇猛心地、吠室羅摩拏(多聞天)摂伏諸魔と続きます。
深沙大将
1深沙大将
   1深沙大将


子供
2子供

















玄奘三蔵
3玄奘三蔵jpg
   2玄奘三蔵のコピー


勇猛心地善神
4勇猛心地
   3勇猛心地善神


吠室羅摩拏善神(多聞天)
5吠室羅摩拏(多聞天)
   5多門


摂伏諸魔善神
5摂伏諸魔
   4摂伏諸魔善神


上段には提頭頼吒善神(持国天)、般若経に縁が深い法涌菩薩、抜除罪垢(ばつじょざいく)、やはり般若経に縁が深い常啼菩薩が彫られています。
提頭頼吒善神(持国天)
6提頭頼吒善神 (持国天)
   6提頭頼吒善神


法涌菩薩
7法涌菩薩
   7法涌菩薩


抜除罪垢善神
8抜除罪垢
   8抜除罪垢善神


常啼菩薩
9常啼菩薩
   9常啼菩薩


岩を廻ると増益(ぞうやく)、師子威猛(ししいもう)上段に毘楼勒叉(びるろくしゃ、増長天)が彫られています。
増益善神
10増益
   10増益善神


師子威猛善神
12師子威猛
   12師威猛善神


毘楼勒叉善神(増長天)
11毘楼勒叉(増長天)
   11毘盧勒叉善神


さらに回ると降伏毒害、除一切障難、能救諸有・毘盧博忍善神、上の岩に救護一切吠室羅廊善神、 能忍(のうにん)、さらに進むと毘楼博叉(びるばくしゃ、広目天)、歓喜(かんぎ)、離一切怖畏(りいっさいふい)が彫られています。
降伏毒害善神
13摧伏毒害
   13降伏毒害善神


除一切障難善神
14除一切障難
   14除一切障難善神


能救諸有・毘盧博忍善神
15能救諸有
  16能救諸有・毘盧博忍善神


救護一切吠室羅廊善神
16救護一切
  16救護一切吠室羅廊善神


能忍善神
17 能忍
   15能忍善神


毘楼博叉善神(広目天)
18毘楼博叉(広目天)
   16毘留博叉善神


歓喜善神
19歓喜
   17歓喜善神


離一切怖畏善神
20離一切怖畏
   18離一切怖畏善神


どうして白滝山龍泉寺の岩に十六善神が彫られたのかわかりませんがこの彫刻は「般若経」の儀軌に忠実に彫られています。
おそらく、ここの寺院に収められていた般若経典を守るために、この花崗岩の巨大な岩に十六善神を彫ったと思われます。この十六善神の彫刻は非常にめずらしく、私が知っている限りは、上野の国立博物館の中庭に移築された旧十輪院宝蔵だけです。
旧十輪院宝蔵
校倉の四方の腰には十六善神を線彫りで表す石がはめられています。
旧十輪院宝蔵2
なにせ鎌倉時代前期のものですから保存状態があまりよくありませんが素晴らしい彫刻です。
旧十輪院宝蔵3
校倉は『大般若経』が納められていた経蔵でした。
内部壁面には大般若経にゆかりの菩薩や十六善神が描かれていますが、公開されていません。
旧十輪院宝蔵4
般若経と十六善神はとても深い関係であることがわかりました。
般若経あるところに十六善神ありです。
私が小学校の頃、図書の時間に読む本はいつも「西遊記」と「東海道中膝栗毛」でした。

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話(フランシス・レイに捧ぐ)

ガンジーファ - 013
作曲家フランシスレイが86歳で亡くなりました。
hw414_AS20181108000575_comm.jpg
また虫の知らせなのでしょうか、訃報のニュースが流れた前日にBSで録画したルルーシュの「男と女」を見たばかりです。
そして改めてフランシス・レイがいなければこの映画は成り立たないし、彼のセンスの素晴らしさを再認識いたしました。
この映画から、この音楽から私の映画人生が始まりました。
フランシス・レイは1932年ニースに生まれました。
フランシスは15歳上の従兄弟からアコーディオンの奏法を学び中学を卒業後は演奏者としての活動を始めます。
フランシスレイ
フランシスレイ2
1955年のこと、マルセイユのキャバレーで出会ったクロード・ゴアティに再会し、彼女のすすめでパリのモンマルトルに移り住み、そこで詩人のベルナール・ディメに出会ったことで、彼はモンタン、ピアフらの音楽を手がけるようになりました。
1964年にピエール・バルーの紹介で映画監督クロード・ルルーシュと出会い、3人で不世出の名画「男と女」を作り上げます。
これが大ヒットとなりルルーシュとのコンビで「パリのめぐり逢い」「白い恋人たち」とヒットを続けます。
1970年「ある愛の詩」でアカデミー作曲賞を受賞します。
映画音楽は映像と結びついているものですから監督と作曲家の相性は非常に重要です。
そしてお互いの作品に対する感性も重要です。
ニーノ・ロータとフェリーニは一心同体です。
ニーノロータ
ニーノロータ2
ニーノ・ロータは「本業はあくまでクラシックの作曲であり、映画音楽は趣味にすぎない」と言っていますが、とても趣味とは思えません。
フェリーニのすべての作品を手がけ、フェリーニの他には「太陽がいっぱい」「ロミオとジュリエット」「ゴッドファーザー」などの作品も作りました。
ミシェル・ルグランはジャック・ドゥミ監督と「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」そのほか「女と男のいる舗道」「 5時から7時までのクレオ」などに参加しています。
みしぇるるぐらん3
ミシェルルグラン2
ヘンリー・マンシーニはブレイク・エドワーズとのコンビで「ティファニーで朝食を」「酒とバラの日々」「ピンクの豹」
、そして忘れてはいけないのが「大アマゾンの半魚人」の音楽を担当していることです。
ヘンリーマンシーニ
ヘンリーマンシーニ2
良い映画音楽は映画と離れて一人歩きします。
しかし音楽を聴いた時には影のように映画のシーンが現れるのも事実です。
もし気に入った映画音楽があり、まだ映画を見ていなければすぐに見てください。
見る前にどんなシーンで使われているか、想像するのはとても楽しいことです。
フランシス・レイ様どうぞ安らかにおやすみください。
私は一生「男と女」を見続けるでしょう。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp


音楽の話 その54(スティーブ・ミラー・バンド)

ガンジーファ - 081
スティーブ・ミラー・バンドのセカンドアルバム「Sailor」はジャケ買いしました。
何かとてもミステリアスで難破船に惹かれるものがありました。
Steve Miller Band
A面に針を落とすと、いかにもこれから出航する様な汽笛や波の音から始まる「Song for Our Ancestors」はまるでプログレみたいです。
続く[Dear Mary]はとても美しい曲です。
ビートルズの「For no One」と直似たホルンがはいります。
「My Friend」アップテンポの小気味よいナンバー、バイクの音から入りハーモニカが黒っぽい「Living in the U.S.A.」シングルかットされてヒットしました。
「Quicksilver Girl」はギターの弾き語りから始まるジャージーな曲、「Lucky man」とても黒っぽく、オルガンが最高です。
お遊び的なブルースの巨匠ジョニー・ワトソンの「Gangster of love」、ドアーズの様なジミー・リードのブルースナンバー「You’re So Fine」、ディランの様な「Overdrive」、ハードロックナンバー「Dime-A-Dance Romance」などが詰まったアルバムです。
A面の「Song for Our Ancestors」から最後の「Living in the U.S.A.」は当時よく聞いていました。
Steve Miller Band4
デビュー・アルバム 「チルドレン・オブ・ザ・フューチャー」は色々な要素を取り入れ、自分たちの道を模索するアルバムでした。
「Babys callin Me HOme」は私の好きな曲です。
「In My first Mind」は7分を越える大作で、「Sailor」に入れても違和感のない曲です。
当時はメンバーのボズ・スキャッグスが大ブレークするとは夢にも思いませんでした。
AORというジャンルまで作ってしまいました。
ボズとスティーブは高校、大学と同級生で、当時から一緒にバンド活動を行っていました。
その後スティーブはアメリカに渡り、ボズはヨーロッパを放浪します。
ヨーロッパから戻ったボズは再びスティーブのバンドに加入し「チルドレン・オブ・ザ・フューチャー」と「Sailor」に参加しています。
Steve Miller Band5
その後音楽性の違いかどうか解りませんがグループを去りソロ活動に入ります。
そして生まれたのが1972年の「My Time」です。
アルバムジャケットが最高です。
Steve Miller Band2
マッスル・ショーズで録音された「Dinah Flo」はとてもノリの良い曲です。
アル・グリーンの「Old Time Lovin」、アラン・トゥーサンの「Freedom For The Stallion」も良い出来です。
そして1976年にAORの傑作「Silk Degrees」を発表します。
一方スティーブは翌1973年に8thアルバム『ジョーカー』をリリースします。
Steve Miller Band3
アルバムは100万枚を超えるプラチナ・ヒット作となり、翌年初頭にシングルカットされた「Joker」は全米チャート1位を獲得しました。
二人の個性が詰まった「Sailor」は素晴らしいアルバムです。

Ωベストアルバム 「Sailor」

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp