FC2ブログ

石の巡礼 その5(隼人塚)

AA1_0279のコピー
隼人塚の写真を見て、以前から訪れて見たいと思っていました。
その写真は小山に石塔が3塔並んで建っており、その四方に石像が4基立っているものでした。
見た瞬間、韓国かと思いました。
石塔の形が韓国に似ているのです。
また石像(四天王)も韓国ぽいのです。
1隼人塚
説明によりますと古代南九州に住む人々は、熊襲(くまそ)・隼人(はやと)と呼ばれていました。
隼人は、奈良時代、律令制による薩摩国(薩摩半島を主とする地域)・大隅国(大隅半島を主とする地域)建国の以前から、大和朝廷に朝貢(ちょうこう)し、一部は奈良やその周辺に移住して朝廷に仕え、宮門の警護や儀礼などを担当していました。
「畿内隼人」と呼ばれたこれらの隼人とは別に南九州には、依然として大和朝廷に服従しない隼人がいて、しばしば反乱を起こしていました。
最も大きかったのは、養老4年( 720年)の反乱で、隼人が大隅国の国司を殺したことから、大和朝廷はそれを鎮定するため、大伴旅人を将軍に一万人ほどの兵隊を南九州に送ります。
一年数ヶ月に及ぶ戦いで、1400人余りの隼人が首を切られたり、生け捕りにされたと言われます。
12隼人塚
この反乱の後、隼人の霊を慰めるため宇佐神宮で始まった「放生会(ほうじょうえ)」が鹿児島神宮にも伝わり、祭りの神輿(みこし)が浜の市に下る途中、立ち寄って供養の儀式を行なったところが隼人塚だったと考えられています。
またここは正国寺跡とも言われています。
つまり誰がいつ、何のために建てたのか解らないのです。
まずは塔をみてみます。
向かって左側(西塔)と右側(東塔)はほぼ同じ大きさで、真ん中の中央塔が少し大きく作られています。
全て五重石塔で各層の各面には彫刻があります。
東塔の初層の各面には両脇に連子窓、中央に如来坐像を刻んでいます。
6東塔
2層から5層の軸部四面にも仏像が刻まれています。
7東正面
中央塔も同じですが保存状態が良くありません。
8中央塔60
初層正面には智拳印の大日如来と思われる如来坐像を刻みます。
9中央正面
そのほかは良くわかりません。
西塔は東塔と同じように初層の各面には両脇に連子窓、中央に如来坐像を刻んでいます。
10西塔
正面の坐像は定印の阿弥陀如来と思われます。
11西正面
四天王を見ます。
向かって右前列には東方を守る持国天が鎧に身を固めた姿で立っています。
3持国天
一番保存状態が良い像で邪鬼の上に立ち右手を振り挙げ、左手は剣を持ち斜めに構えています。
右足で邪鬼の頭を踏み、兜の正面には東南アジアで言うマカラのようなものが彫られています。
左前列は南方を守る増長天が剣を地面に差し両手で支えています。
4増長天
その後ろには西方を守る広目天が戟を地面に突き立てています。
邪気を踏みつけています。
2広目天
持国天の後ろには北方を守る多聞天が邪鬼の上に立っています。
5多聞天
平安時代後期の製作と言われていますが、似た石像物はありません。
私にはどうしても異国(新羅)の雰囲気がするのです。

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その53(エミット・ローズ)

ガンジーファ - 082
エミット・ローズをご存知ですか? 
私は知っています。
ラジオ局に勤める友人にもらったアルバム「Emitt Rhodes」は強烈な印象を私に与えました。
エミット・ローズ
「え、なにこれ、ポール?」と耳を疑いました。
その年はポールのソロアルバム「McCartney」がリリースされた年です。
「McCartney」は大好きなアルバムですがビートルズとは違うポールのプライベートな感じのアルバムでした。
「Emitt Rhodes」はまさにビートルズのポールのアルバムの様です。
Emitt Rhodesは何者か調べました。
エミット・ローズ5
ハイスクール時代にバンドを始め、最初はドラマーでした。
幾つかのバンドを経てギタリストになりボーカルも担当します。
作詞作曲も始めバンド「Merry-Go-Round」を結成します。
A&Mレーベルと契約し、67年にデビュー。
2枚のシングルと1枚のアルバムを残します。
エミット・ローズ2
しかしバンドメンバーとのいざこざから解散、人間関係に疲れ果てたエミットはソロをめざします。
ベースやキーボードもマスターしマルチプレイヤーになります。
自宅のガレージを改良してレコーディングスタジオを作ります。
4トラックのレコーダーを購入していよいよ本格的なレコーディングです。
ドラム、ギター、ベース、キーボード、ボーカル、コーラスとすべての楽器を一人で多重録音し、さらにプロデュース、アレンジ、エンジニアなど全てを一人でこなしました。
そしてできたアルバムが「Emitt Rhodes」です。
それでは一曲目から聞いてみます。
とても軽快で楽しい「With My Face On The Floor」は一曲目にぴったりです。
これでこのアルバムを聴いた人はビートルズあるいはポールとの関連を考えます。
そして2曲目の「Somebody Made For Me」のベースラインでポールを確信します。
なんて楽しい曲でしょう。
3曲目「She's Such A Beauty」でダメ押しです。
4曲目「Long Time No See」はまさにジョージのギターです。
5曲目「Lullabye」もポールが作りそうな子守唄です。
なんと敬愛するウェス・アンダーソン監督の「ロイヤル・テネンバウム」に使われているのです。
6曲目「Fresh As A Daisy」は「恋はひな菊」としてシングルカットされた名曲です。
エミット・ローズ4
B面一曲目「Live Till You Die」は佳作です。
2曲目「Promises I've Made」はベースラインがカッコ良く大好きな曲です。
3曲目「You Take The Dark Out Of The Night 」は普通の曲、4曲目「You Should Be Ashamed」はとても美しく、ヒット性のある曲、5曲目「Ever Find Yourself Running」はどこかで聴いたことのあるような懐かしい曲、6曲目「You Must Have」もポールが作りそうな曲です。
全曲を通してEmitt Rhodesの卓越したメロディーメーカーとしての才能と演奏力の高さを感じます。
さらにエンジニアとしての素質も感じました。
そしてビートルズに対する愛情を感じました。
エミット・ローズ6
その後数枚のアルバムをリリースしますが鳴かず飛ばずで消えてしまいます。
そしてなんと43年ぶりに「Rainbow Ends」というニューアルバムをリリースしました。
感想は皆さんで。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp



気になる話 その12(ヘンリー・ダーガー)

サンチ−2塔026
以前ある美術雑誌で「ヴィヴィアン・ガールズ」の挿絵を見てとても興味を持ちました。
この絵は正式なタイトル「非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコ―アンジェリニアン戦争の嵐の物語」という小説の挿絵です。
ヘンリーダーガー3
普通は「非現実の王国で」と呼ばれ、小説も挿絵もヘンリー・ダーガーと言う人が書いていることがわかりました。
ストーリは子供奴隷を使役するグランデニアという国と、ヴィヴィアン・ガールズ率いるキリスト教軍が戦うという戦史ものです。
グランデニアでは子供たちは親から引き離され、過酷な労働を強いられ、牢獄に監禁され、虐待されており、その解放を目指し、グランデニアと戦うのが7人の少女ヴィヴィアン・ガールズです。
ヘンリーダーガー4
非現実の世界では、あちこちに戦乱があり、ヴィヴィアン・ガールズはブレンギグ・ロメニアン・サーペンツ(通称ブレンゲン)という異形の怪物に助けを借りながら転戦していきます。
小説は1万5千ページを超える世界で最も長い長編小説ですが、全体をつなぐプロットはほとんど見られません。
ひたすらヴィヴィアン・ガールズを巡る冒険と戦いがくりかえされます。
ヘンリーダーガー5
素晴らしいのは小説ではなく挿絵です。
この絵を描いたヘンリー・ダーガーとはどんな人なのでしょうか。
1892年シカゴで生まれ、母は4才の時に亡くなり、父は体調がすぐれず、ヘンリーはカトリックの少年施設で過ごします。友人とコミュニケーションがとれず、12才の時に知的障害者の施設に移されます。
ヘンリーダーガー11
16才で施設を脱走し、260kmを歩いてシカゴに戻り、聖ジョゼフ病院の掃除人として働き始めます。
19才ので「非現実の王国で」の執筆を始めます。
73歳の時、掃除人の仕事を強制的にやめさせられ、できた時間で自伝を執筆します。
80才で病気のため救貧院に入り、翌年亡くなります。
ヘンリーダーガー2
親類も友人もなく、雑役夫として働いた病院と教会のミサを行き来するだけの貧しい生活でした。
そして死後、アパートの大家が荷物を片付けようと彼の部屋に入り目にしたものはタイプライターで清書された1万5145ページの戦争物語『非現実の王国で』とそのために描かれた300余点の大判の挿絵でした。
ヘンリーダーガー
ヘンリーはそこら中のごみ捨て場から新聞、雑誌、漫画、広告、を持ち帰り、必要な部分を切り抜きスクラップします。
そして必要なものをトレースしてさらに紙に転写します。
そうして「非現実の王国で」の挿絵が完成します。
ヘンリーダーガー6
ヘンリーは「アウトサイダー・アートの第一人者」と表現されることが多いいのですが、私がヘンリーを知った時は「アール・ブリュット」の代表的作家と呼ばれていました。
アール・ブリュット」とはフランス人画家ジャン・デュビュッフェが体制に叩きつけた美術の解放宣言で調整や加工されていない生の芸術のことです。
ヘンリーダーガー7
アウトサイダーというと60年代、高校の先生が薦めてくれたコリン・ウイルソンの「アウトサイダー」を思い出し、当時流行した社会常識にとらわれない独自の思想を持った一匹狼的な人達を想像してしまいます。
芸術にインサイド、アウトサイドという基準をつけるのは如何なものかと思い「アウトサイダー・アート」という言葉は好きではありません。
ヘンリーダーガー8
仕事と教会とゴミあさりの往復以外部屋に閉じこもり、60年間書き続けた彼の王国は誰にも知られずに焼却される予定でした。
ヘンリーダーガー9
それが世界中に広がり絶賛されて本にまでなりました。
人付き合いの嫌いな彼はどう思っているのでしょうか。
ヘンリーダーガー10
ヴィヴィアン・ガールズは無敵です。

ホームページ  www.ravana.jp