音楽の話 その37(ジョン・レノン)

ガンジーファ - 030
ポールのソロアルバムに遅れて発売されたジョンのソロアルバム「ジョンの魂」(John Lennon/Plastic Ono Band)です。
発売前からとてもラジカルで赤裸々なアルバムと評判でした。
ジョン3
レコーディング前に、ジョンとヨーコの2人はアーサー・ヤノフ博士による「原初療法」という精神治療を受けていました。
原初療法(Primal Therapy)とは、人間心理の奥深くに潜む苦痛を呼び覚まし、幼少期の記憶にまで遡って、すべてを吐き出すという治療法です。
これを体験したジョンは、学生の頃に母を失った記憶などが蘇り、大声を上げて泣き出したと言います。
この療法は1年以上かかるのですが、アメリカ政府がジョン・レノンの長期滞在を認めなかったために、この療法は4か月で打ち切られてしまいました。
そういう状態で作られたアルバムです。
ミュージシャンはほとんどジョンとリンゴとクラウス・フォアマンの3人です。
ジョン1
まずA面1曲目「Mother」です。
遠くで梵鐘が1回、2回、3回、4回、いきなりジョンの肉声でMother!です。
ピアノとベースとドラムだけです。
1曲目で打ちのめされます。2曲目「Hold On」で打ちのめされた感情をケアーしてくれます。
とても優しいジョンらしい曲です。
「I Found Out」タイトル通り色々なことを悟った曲です。
メロディはとてもシンプルです。
「Working Class Hero」上流階級を批判した曲で、アコースティックギターだけで歌います。
メロディは紛れもなくイギリスです。
5曲目は「Isolation」です。とても綺麗なバラードです。
控えめなオルガンも好きです。
ジョン4
B面は「Remember」で始まります。
リンゴのドラムが印象的な曲です。
続く「Love」はフェードインして始まります。
名曲です。
シンプルでとても美しい曲です。
ピアノはなんとフィル・スペクターと言われています。
「Well Well Well」はシンプルなハードロックです。
「Look At Me」は弾き語りの曲です。
「God」は素晴らしい曲です。
ビリー・プレストンのピアノが綺麗です。
歌詞が素晴らしいです。
I Don't Believe In Beatles♪で音が止まり、空白になります。
The Dream Is Over♪と胸に刺さります。
なぜなら私達は夢を見続けていたいのですから。
最後の曲「My Mummy's Dead」はジョンのプライベートなテープに録音された曲をそのまま使いました。
短い曲ですがとても印象に残る曲です。
このアルバムはヨーコなくしては出来なかったと思います。
ジョン2
ジョンはミュージシャンで芸術家ではありません。
ヨーコは芸術家でジョンに多大な影響を及ぼし、ジョンのミュージシャンとしての類い希な才能を開花させ、このアルバムが出来たのだと思います。
天才的なミュージシャンのジョンとポールのファーストソロアルバムを比較するのも面白と思います。
ポールの「マッカートニー」もリンダがいなければ生まれませんでした。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その34(時計じかけのオレンジ)

65ウトロ
スタンリー・キューブリック監督の描く傑作SFです。
アンソニー・バージェスの原作も読み、満を持して映画館へ行きました。
まずスクリーンは真っ赤です。
やがてヘンリー・パーセル作曲の『メアリー女王の葬送音楽』がが聞こえてきます。
ワーナープレゼンツが出て、キューブリックプロダクションでブルーに、また赤でタイトルの次に、コルバミルクバーでのアレックスのアップ、完璧です。
ミルクバーのテーブルはアレン・ジョーンズ風でこれまたホラーショー(最高)です。
オレンジ3
近未来のロンドン、15歳のアレックス(マルコム・マクドウェル)とその仲間はその夜も街で暴れ廻っていた。
酒ビン片手に橋の下で酔いつぶれている1人の老いた浮浪者を、ステッキやコン棒で殴ったり蹴ったりして袋だたきにし、ライバルのグループの一団と、大乱闘のあげく、敵の首領に傷を負わせる。
さらにアレックス一味は、スポーツカーを駆って突っ走る。
やがて郊外の邸宅にやってきた彼らは、覆面をつけて、作家アレクサンダー(パトリック・マギー)の家に入り込み奥さんの衣服を切り裂き、強姦におよぶ。
オレンジ
家に戻り、大好きなベートーベンの第九交響曲を聴きながら幸福な眠りにつくのだった。
そんなある日、ささいなことから仲間のディムとジョージーが反抗した。
彼らは、老婆の家に押し入ったアレックスを裏切り警察に売ってしまった。
アレックスが襲った老婆が死亡してしまったこともあり、アレックスには14年の懲役が言い渡された。
刑務所でのアレックスは、聖書を読む模範囚であった。
その頃、政府は凶悪な犯罪者の人格を人工的に改造するルドビコ式心理療法を行なうことになっていた。
アレックスはその第1号に選ばれたのだ。
オレンジ6
それは特殊な薬剤を注射した上で衝撃的なフィルムを見せ、そのショックから生理的に暴力やセックスが耐えられないような肉体に改造するといった方法だった。
その結果おとなしい、無害な人間に変わった彼は釈放された。
家に戻ると自分の部屋には知らない男が住んでいた。
親が部屋を貸したのだった。
居場所がないアレックスは以前仲間と袋だたきにした浮浪者に見つかり袋だたきにされる。
そこへ通りがかった警官が止めに入るとなんと警官はアレックスに恨みを持つ、以前の仲間ディムとジョージーであった。
二人はアレックスを森の中に連れ込み、暴行した。
その夜、瀕死のアレックスは、なんとか一軒の家にたどり着いた。
それは、昔アレックス一味に乱暴されたアレクサンダーの家だったのだ。
あのいまわしい事件のため妻は自殺し、自分も半身不随となってしまった。
部屋に閉じ込められたアレックスは大音響の第九交響曲の響きで目をさました。
彼はルドビコ式心理療法により、以前大好きであった第九を聞くと拒絶反応を起こすのであった。
そして我慢出来ず、窓から飛びおりるが一命を取り留め病院に運ばれる。
非人間的な治療法のルドビコ式心理療法は国民から反発を買い、失脚を恐れた内務大臣(アンソニー・シャープ)は、アレックスを元どおりの人間に戻すと発表した。
アレックスを訪れた内務大臣はベートーベンの第九交響曲に再び歓びを見い出したアレックスと写真撮影に望むのだった。
オレンジ2
この映画は刑務所に入るまでが全てです。
コルバミルクバーのインテリア、彼らのコスチューム、顔のメイク、名場面「雨に歌えば」のシーン、自宅で第九を聞くシーン、ショッピングセンターのシーン、ナンパした女の子達とのセックスシーン、沢山の猫を飼っているお金持ちの女性を、男性性器のオブジェで殴り殺すシーンどれも傑作です。
キューブリックはホラーショー(めちゃ、イケてる)です。
マルコム・マクドウェルもホラーショーです。
デボーチカ(女の子)とのイン・アウト(セックス)もホラーショーです。
ヤーブロッコ(クソ野郎)はトルチョック(ボコボコにする)しましょう。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その42(カルキン)

PANATA068.jpg
ヴィシュヌの10番目の化身はカルキンです。
「現在ヒンドゥー教の世界観によれば世界の第四期(カリ・ユガKALI YUGA)に入り世界の終末に近づいている。人々の心は荒れ、不正は横行し、真実と愛は地上から消え、偽りは社会生活の一般的な流れとなり、異端の教えに帰依する軍勢が襲いかかってくる。こうした末法の世にヴィシュヌがカルキンに化身して出現する。カルキンは白馬に乗る騎士として現れ、世界中のすべての悪を滅ぼす。使命を終えたヴィシュヌは天界に帰り、世界に再び正義と道徳の支配する黄金時代が再開される」と言う話です。
一般的にカルキンは白い駿馬に跨った英雄、あるいは白い馬頭の巨人の姿で現されます。
カルキン13
ここで問題は馬頭人身の彫刻です。
それは世界の終わりの時、ブラフマーの眠っている間に、口から滑り落ちたヴェーダを盗み取った悪魔ダイティヤからヴェーダを取り戻すために馬の頭をしたハヤグリーヴァに化身したヴィシュヌの彫刻があるからです。
実際寺院の彫刻で、白馬に乗る騎士としてのカルキンはあまり見かけません。
馬頭人身の像は時々あります。
この像がカルキンかハヤグリーヴァかの鑑別がわからないのです。
10化身が彫られている中にあればカルキンでしょうが単独で彫られている場合はわかりません。
専門書でも曖昧です。
とりあえず像を見てみましょう。
グジャラート州パータンPATANの階段井戸ラーニー・キ・ヴァーヴ(Rani-ki-Vav) に彫られています。
カルキン1
  階段井戸ラーニー・キ・ヴァーヴ
  (Rani-ki-Vav) 11世紀
  とても美しい階段井戸
  ヴィシュヌは最奥部に彫刻されている







この階段井戸は7層になっていて最奥部に東向きに彫られています。
白馬にまたがるカルキンがとても細かくきれいに彫刻されています。
異端の軍勢を馬が踏みつぶしています。
同じく西インドのラジャスターン州BIJOLIAのUNDESVARA寺院の壁龕の彫刻です。
カルキン4
  UNDESVARA寺院 13世紀
  三方のポーチにチャトリを乗せた
  とても面白い形をした寺院
  馬頭(3面)人身


  









馬頭人身で3面になっており、左に獅子のナラシンハ、右に猪のヴァラーハですのでヴィシュヌの化身に間違いないのですが、私には判断がつきかねます。
西インドのCHITTORGARHにあるKALIKAMATA寺院です。
カルキン7
  KALIKAMATA寺院 14世紀
  CHITTORGARHの丘陵城砦の中にある
  馬頭人身













馬頭人身です。
中央インドのKADWAHAの寺院の楣に10化身の彫刻があります。
カルキン3
  KADWAHA寺院 10〜12世紀
  寺院の楣に10化身の彫刻
  右から2番目にカルキン







ドアーフレイムの右から2番目に馬に乗っているカルキンが彫刻されています。
同じく中央インド SHIVPURI のTERAHIの寺院です。
カルキン5
  TERAHI寺院 10世紀
  馬頭人身















馬頭人身の彫刻です。
持ち物からヴィシュヌ神と解ります。
中央インドのSESAI寺院のドアーフレイムの彫刻です。
カルキン10
  SESAI寺院 10世紀
  ドアーフレイムに10化身の彫刻
  バララーマ(第8番目の化身)の下にカルキン













バララーマの足下に馬の乗って彫刻されています。
バララーマはクリシュナの兄で、10化身の1つとしてブッダの替わりに現れるとも言われています。
中央インドにあるCHAUKHAMBHAの柱の彫刻です。
かるきん6
  CHAUKHAMBHA 9世紀
  ブッダ(第8番目の化身)の左下にカルキン















前回お話ししたブッダの彫刻の左下に馬に乗るカルキンが彫られています。
カジュラホの寺院です。
カルキン8
  LAKSHMANA寺院 10世紀
  内部の壁龕に馬頭人身














内部の壁龕に彫刻されています。
南インドVIJAYANAGARAのRAMACHANDRA寺院(15世紀)です。
カルキン9
  RAMACHANDRA寺院 15世紀
  内部の柱に馬に乗るカルキン













内部の柱に彫刻されています。
馬に乗っています。
カトマンドゥの東PANAUTIにあるKRISHNA NRARAYAN(寺院です。
カルキン11
  KRISHNA NRARAYAN寺院
  壁に10化身の壁画
  馬に乗り悪魔を踏みつけている








この寺院の壁面に10化身が描かれています。
ヴィシュヌの最後の化身カルキンは悪がはびこる世界の終末に現れ、すべての悪を滅ぼしてくれます。
釈迦入滅の56億7000万年後に現れ、衆生を救済する弥勒思想と同じです。
次回は東南アジアのカルキンの彫刻を調べてみたいと思います。
カルキン12

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その36(ポール・マッカートニー)

ガンジーファ - 031
今回はポールの初めてのソロアルバム「マッカートニー」です。
1970年はビートルズの分裂騒ぎで持切りでした。
私達はジョンが今までのバンド形態でやっていくことに違和感を覚えヨーコとの活動に重点を置きはじめたと感じました。
ジョージは交友関係が広く、芸術活動を援助したり、スポーツやモータースポーツのスポンサーになったり、アメリカのミュージシャンと親密になっていきました。
リンゴは俳優と言う道を見つけました。
ポールと言えばバンドが命の人ですから解散には否定的だと思っていたやさきに、なんとソロアルバムを出してしまったのです。
自宅に4トラックのマルチレコーダーを持ち込んで、すべて1人で作ってしまったのです。
一部はスタジオで録音した曲もありますがポールの他にはヴォーカルのリンダだけで作りました。
ジャケットの写真もリンダが撮ったものです。
マッカートニー
とても良い写真だと思います。
まずはA面の1曲目「The Lovely Linda」です。
イントロには持って来いの自宅録音の曲でリンダに対する愛情を感じます。
最後の笑い声が素晴らしい。
「That Would Be Something」とても手作り感のある曲です。
「Valentine Day」はインストゥルメンタルの曲です。
ビートルズではインストゥルメンタルの曲は「Flying」くらいしか知りませんがこのアルバムでは約半分入っています。1人で宅録するとインストゥルメンタルの曲を作りたくなるのかもしれません。
「Everynight」はとてもポールらしい曲で素敵です。
「Hot As Sun/Glasses」もインストゥルメンタルでグラスハープが面白い。
マッカートニー6
次は「Junk」です。
ポールの曲の中でも名曲でしょう。
このアルバムの中で特に魅力を発揮します。
B面1曲目はリンダとのデュエット「Man We Was Lonely」です。
とてもポップな曲でリンダの声が可愛い。
「Oo You」はポールのヴォーカルで持っている曲。
「Momma Miss America」別々の曲を繋いだインストゥルメンタルナンバー。
「Teddy Boy」とても可愛い曲でコーラスが良い。
「Singalong Junk」は「Junk」のインストゥルメンタル版でヴォーカルがないとフランス映画のサウンドトラックの様な印象をうけます。
控えめなメロトロンが良い。
マッカートニー4
「Maybe I'm Amazed」はなにも言うことのない名曲です。
この曲と「Junk」でこのアルバムは買いです。
最後の「Kreen-Akrore」はおまけです。
当時は賛否両論ありましたが私はこれからのポールの原点になる貴重なアルバムだと思います。
今までにこんなに個人的なアルバムがあったでしょうか。
完成度は高くはありませんが、ポールがとても身近に感じられる素晴らしいアルバムです。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その33(ラストショー)

64セト
ピーター・ボグダノヴィッチ監督のラスト・ショーです。
アメリカンニューシネマの全盛期です。
ラストショー1
私は青春映画が好きで、なおかつ主人公達が住んでいた町や村の生活にとても興味があります。
この映画は1950年代の初めテキサスの小さな町アナリーンが舞台です。
子供の頃見たアメリカのテレビドラマと大違いのど田舎です。
主人公はこの町の高校に通うソニー (ティモシー・ボトムズ)、デュエーン (ジェフ・ブリッジス)、ジェイシー (シビル・シェパード)の3人です。
ラストショー
第2の主役はアナリーンの町です。
空っ風の吹く何もない町で車を馬に変えたら全く西部劇の舞台です。
お店は映画館、食堂、ビリヤード場、ガソリンスタンド、バスステーションだけです。
昨日あったことは翌日には町中の人に知れ渡る小さな町で、すべての人がすべての人の人間関係を把握しています。
この娯楽のない町に住む3人の高校生の興味はセックスです。
キリスト教に基づく教えで結婚するまで一線は越えません。
デートの場所は映画館です。
ラストショー3
ソニーとデュエーンは親友でデュエーンはジェイシーと付き合っています。
ソニーは付き合っていた女の子と別れ、フットボールのコーチの妻ルースと不倫関係にあります。
サムは映画館、食堂、ビリヤード場を経営する町の実力者でビリーという知恵おくれの若者の面倒を見ています。
元カウボーイのサムは男の子達の憧れでソニーとデュエーンの父親の様な存在です。
ある日ソニーとデュエーンはメキシコに遊びにいきました。
メキシコから戻ると何とサムが急死していました。
遺言でソニーはビリヤード場をもらいビリーの面倒を見ることになりました。
気まぐれなジェイシーはデュエーンと別れ、今度は親友のソニーと付き合い結婚まで約束してしまいます。
ソニーとデュエーンは大げんかをしますがジェイシーはソニーとも別れてしまいます。
デュエーンは町を出る決心をし、入隊して朝鮮へ出征することになりました。
最後の日、二人は映画館に行きます。
丁度その日は映画館最後の日でした。
最後の上映は「赤い河」です。
デュエーンをバスステーションで見送ったソニーはビリヤード場に戻ると、交差点に人と車が集まっています。
そばには箒が落ちています。
箒はいつもビリーが通りを掃くのに使っていたもので、トラックにひかれたビリーが血だらけで横たわっていました。
トラックの運転手は「砂嵐で前が見えなかった。一体道の真ん中で箒を持って何をしていたんだ」ソニーは「道を掃いていたんだ、バカヤロー」と叫んでビリーの遺体を泣きながらビリヤード場に運んでいきました。
悲しみにくれたソニーの行き着く先はルースの所でした。
ラストショー2
エンディングはオープニングと同じ映画館ROYALのショットです。
モノクロで50年代のアメリカが解るとても良い青春映画でした。
当時ナンバーワンのモデル、シビル・シェパードのヌードが見れたのはおまけ。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その41(ブッダ)

PANATA062-2.jpg
ヴィシュヌの第8番目の化身はブッダです。
バラモン教が衰退して行った時に仏教が興隆してインド中に広まりました。
バラモン教の宗教改革で広まりつつあったヒンドゥー教も仏教が文化的に優れた物を残したことは認めざるを得ませんでした。
しかし仏教の身分の平等や革新的なブッダの教えを取り入得ることは出来ませんでした。
そこで誤った教えによって、異端の人々や魔族を迷わせるために現れたと考え、化身の一つにしました。
1buddha のコピー
「魔族に悩まされる神々のために、ヴィシュヌはシャカ族のシュッドーダナ(浄飯王SUDDHODANA)の息子として誕生した。ブッダは魔族達の間に異端の教義(ヒンドゥー教にとっては受け入れられない)を説き、ヴェーダの宗教(バラモン教)を捨てさせた。この結果魔族は力を失って地獄に堕ちるにふさわしい存在になった」と言う話です。
現在ヒンドゥー教の世界観によれば世界の第四期(カリ・ユガKALI YUGA)に入り世界の終末に近づいています。
それをさらに加速させるのがブッダの役割です。
終末にはヴィシュヌが現れ世界に再び正義と道徳の支配する世界が再開されるからです。
ヴィシュヌの化身としてのブッダの彫刻は極めてまれです。
つまりヒンドゥー教寺院で仏陀の彫刻を探さなければならないからです。
また蓮華座を組んでいる剃髪の僧がブッダとは限りません。
ヒンドゥー教寺院でも以前はジャイナ教寺院であったものを改築した場合、以前のジナの彫刻が残っている場合もあります。
1SASBAFU099ジナ
  NAGDA JAIN TEMPLE 10世紀
  ジナ像












シヴァ派の寺院でよく見かけるパシュパタ派の祖ラクリシャも同じ様な像で彫刻されます。
1PARASU021ラクリシャ
  PARASURAMESHWAR寺院 7世紀
  ラクリシャ像









ヴィシュヌの10化身が彫刻されている寺院から見てみます。
中央インドにあるCHAUKHAMBHAの柱の彫刻です。
1ブッダ−1
  CHAUKHAMBHA 9世紀
  柱に彫られたヴィシュヌの10化身の一つ
  左下にカルキン 














間違いなくブッダです。
同じく中央インドのKADWAHAの寺院の楣に10化身の彫刻があります。
2Kadwaha-243 のコピー
  KADWAHA寺院 10〜12世紀
  寺院の楣に10化身の彫刻
  右端にブッダ







UTTAR PRADESH州のBARGAONにあるNRUSINGHANATHA MAHADEVA寺院の壁龕に彫刻されています。
3borgnjm0170033
  NRUSINGHANATHA MAHADEVA寺院 13世紀
  壁龕に座すブッダの彫刻
  股間に勃起した性器らしきものがある
  もしかしたらシヴァかもしれない











南インドDARASURAMのAIRAVATESHVARA寺院です。
ブッダと思われるのですが。
4Airavatesvara Temple-Tharasuram in Tamilnadu
  AIRAVATESHVARA寺院 12世紀
  手の印相はよく解らない
  菩提樹の下で瞑想している








南インドのTANJAVURにあるRAJARAJESHVARA寺院です。
ここには2つあります。
一つは菩提樹の下に座すブッダです。
ヴィシュヌの化身のブッダではなく仏教のブッダかもしれません。
5ラージャラージェー
  RAJARAJESHVARA寺院 1010年
  ヴィマーナ南面の階段のパネル
  禅定するブッダ







もう一つは同じく菩提樹の下に立つブッダです。
6ラージャラージェー2
  RAJARAJESHVARA寺院 1010年
  ヴィマーナ南面の階段のパネル
  ブッダは樹に手をかけている














カトマンドゥの東PANAUTIにある寺院です。
この寺院の壁面に10化身が描かれています。
7DSC_0332
  KRISHNA NRARAYAN寺院
  ブッダと高貴な信者









東南アジアの寺院彫刻ではヴィシュヌの化身としてのブッダは見つかりませんでした。
東南アジアは仏教勢力が強く、ヴィシュヌの化身としてのブッダは浸透しなかったと思われます。

ホームページ  www.ravana.jp