映画の話 その18(道)

52アンジャニ
子供の頃から見たかったフェリーニの「道 La Strada」です。
子供の頃テレビでイタリア映画の宣伝をしていました。
一番記憶に残っているのがフェリーニの「道」とピエトロ・ジェルミの「刑事」でした。
両方とも音楽が素晴らしく「道」はニーノ・ロータの音楽とジュリエッタ・マシーナの演技でとても悲しい映画だと子供心にもわかりました。
見たのは新宿の名画座だったと思います。
道
オープニングの海辺の寒村と薪を集めているジェルソミーナが美しい。
おおまかなストーリーは口減らしのために、サーカスの大道芸人ザンパノに売られる天使の様なジェルソミーナと粗野で暴力を振るう大道芸人のザンパノ、そこに絡むサーカスの綱渡り芸人のキ印で物語は進みます。
ザンパノは芸(胸に巻いた鎖を筋肉の力で切る)の手伝いをさせ、欲望を満たす道具として扱っていきますが、頭は少し弱いが無垢の心を持つジェルソミーナは必死に尽くします。
道4
あまりの仕打ちについにジェルソミーナはザンパノのもとを飛び出しますがすぐに連れ戻されます。
ザンパノはあるサーカス団に加わる事になりそこでジェルソミーナは綱渡り芸人のキ印と出会います。
二人は仲良くなりますがザンパノは二人の仲を裂きます。
ジェルソミーナは「私は何の役にも立たない女よ」キ印「この世の中にあるものは何かの役に立つんだ」という有名なシーンが入ります。
道3
ザンパノは嫉妬で犬猿の仲のキ印を撲殺してしまいます。
ジェルソミーナは気がふれてしまいます。
そこでザンパノはジェルソミーナを置き去りにして行ってしまいます。
数年後、体力も衰え鎖も満足に切れなくなったザンパノは海辺でジェルソミーナがいつも口ずさんでいた曲を聴きます。
それは地元の女がハミングしていたのでした。
そしてその女から4、5年前にこの村でジェルソミーナが亡くなった事を聞きました。
夜の浜辺で失った物の大きさに泣き崩れるザンパノ。
3人の演技が抜群です。そして海(浜辺)とどこまでも続く道。素晴らしい映画でした。
道5

口減らし、興行、海、道、まったく当時の日本もイタリアも同じです。
違いは根底に宗教(キリスト教)があるかないかだと思います。
日本を舞台にして日本人で作っても違和感はまったくないと思いました。
次に観た「カビリアの夜」もジュリエッタ・マシーナ全開で素敵でした。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その20(KING CRIMSON 2)

ガンジーファ - 051
「In The Court Of The Crimson King」の衝撃が治まらないうちに、セカンドアルバム「In The Wake Of Poseidon」が発売されました。
ジャケットは前作に劣らない素晴らしい出来です。
タモデジョン2
私はこのジャケットが一番好きです。
構成は「In The Court Of The Crimson King」に酷似しています。
そのまま続いているようでまだ「In The Court Of The Crimson King」の世界に浸りたい私としては最高です。
Ian McDonaldとMichael Giles、Greg Lakeが脱退してメンバーは変わりましたがアルバムには参加しているので音は変わりません。
さらにMel Colins、Keith Tippett、Gordon Haskellが加わり音の厚みが増しました。
針を落とすととても美しい「 Peace – A Beginning」が始まります。
そして「21st Century Schizoid Man」に対応する「Pictures Of A City」つづいて「風に語りて」に対応する「Cadence And Cascade」そしてタイトルソング「In The Wake Of Poseidon」最後にテーマの「Peace – A Theme」でA面は終わります。
12顔
B面も前作に対応して「Cat Food」「The Devil's Triangle」最後にテーマの「Peace-An End」で終わります。
まず3回出てくる Peaceがすばらしいのです。
これで統一感が増します。
「Cadence And Cascade」もGordon HaskellのボーカルでGreg Lakeにない雰囲気を醸し出します。
グルーピーを扱った詩の内容と曲のギャップが想像を絶します。
「In The Wake Of Poseidon」のメロトロンはすごいです。
メロトロンとGreg Lakeのボーカルは天下一品です。
B面はKeith Tippettのピアノ、Robert Frippのギターのインプロビゼーションが魅力です。
ちなみに「The Devil's Triangle」の原曲はホルストの惑星(火星)です。
そして「Peace-An End」で静かに終わります。

私は炎に 照らし出された海
私は山 平和が私の名
私は風に 触れられた川
私は物語 決して終わる事はない

最高ですね。
しかし私が一番惹かれたのはアルバムジャケットです。
とても不思議な絵でその魔力に引き込まれます。
とても気になって調べました。
本来前作のBarry Godberを使う予定でしたが急死したため、Peter Sinfieldの知り合いのオランダ人Tammo De Jonghに頼んだそうです。
Tammo De Jonghは、リチャード・ガードナー著1969年「愛の目的」のために彼が描いた一連の絵画を,このジャケットに使用するため一つの絵にしたと言うことです。
彼の著書「The magic circle of the soul」は世の中には12の顔があり、気、火、土(地球)、水の4つの要素がこの世界を構成し、四つの要素の組み合わせで構成される。
その組み合わせが「人類12の顔−原型」でアルバムの12人です。
タモデジョン
アルバムの内容とジャケットとの関係はよく解りませんが、少なくても世界を構成する4つの要素はデーマの「Peace」と関係があります。
この絵の世界を持ち込んで聞くとさらに素晴らしい体験が出来ます。
このアルバムはあまり評判がよくありませんが私にとってはアルバムジャケットと同様、非常に重要なアルバムで次の傑作アルバム「リザード」につながるものです。
「In The Court Of The Crimson King」ではIan McDonaldが重要な役割を果たしましたが、このアルバムで脱退してしまいます。
それでは「In The Court Of The Crimson King」の続編の様なこのアルバムは誰の主導でしょうか。
おそらくPeter Sinfieldだと思います。
そしてアルバムジャケットを担当したTammo De Jonghに多大な影響を受けたのだと思います。
彼の著書「The magic circle of the soul」の内容は、気、火、土(地球)、水の4つの要素がこの世界を構成し、それぞれ2つの要素の組み合わせで12種類の原型に分類されます。さらに2つの要素の順番が重要です。これが「人類12の顔−原型」で人間の性格や行動に影響を及ぼします。
観察者
  観察者 DETACHMENT
  気 土
  11月 冥王星 広がり 距離
  img017.jpg

論法家
  論法家 INVESTIGATION
  気 火
  12月 太陽 光 輝き
  img018.jpg

族長(大司教)
  族長(大司教) JUDGEMENT
  気 水
  1月 水星 氷 高所
  img019.jpg

子供
  子供 SURRENDER
  水 気
  2月 金星 霧 小さい
  img020.jpg

魔女
  魔女 APPRECIATION
  水 地
  3月 地球 海 十分な
  img021.jpg

女優
  女優 ATTACHMENT
  水 火
  4月 月 蒸気 閉鎖
  img022.jpg

愚者
  愚者 ABANDON
  火 水
  5月 火星 間欠泉 破棄
  img023.jpg

道化師
  道化師 PLAY
  火 気
  6月 小惑星 熱気 空
  img024.jpg

戦士
  戦士 ACTION
  火 地
  7月 木星 溶岩 大きい
  img025.jpg

奴隷
  奴隷 ACCEPTANCE
  地 火
  8月 土星 石 低い
  img026.jpg


母なる自然
  母なる自然 INTEGRATION
  地 水
  9月 天王星 泥 重い
  img027.jpg

老婆
  老婆 restraint
  地 気
  10月 海王星 埃 ゆっくり
  img028.jpg


Tammo De JonghとPeter Sinfieldの出会いから生まれた素晴らしいアルバムです。

気・火・土・水 世界は天秤の上
気・火・土・水 変化の均衡
世界は天秤の上 天秤の上 




8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その17(刑事)

51ゴトモ
ピエトロ・ジェルミ監督の「刑事」です。
ピエトロ・ジェルミ監督はイタリア社会の底辺を支える庶民を主人公にした作品が多く「鉄道員」もそうです。
子供の頃テレビからカルロ・ルスティ・ケリが作曲してアリダ・ケリが歌う「死ぬほど愛して」が流れてきました。
また映画を見た父がドーナッツ版を買ってきてよくかけていましたので強く記憶に残っています。
いつか見てみたいと思っていましたが,名画座でピエトロ・ジェルミ特集を上演しておりました。
刑事 
ストーリーはローマの警部(ピエトロ・ジェルミ)が殺人事件を解決するというサスペンス・ドラマです。
ピエトロ・ジェルミの警部が渋くてとてもかっこいいのです。
オープニングは夜の噴水をバックにクレジットがでます。
「死ぬほど愛して」が流れ、エンディングでもおかしくないオープニングです。
期待感が増します。
脚本も面白く飽きさせません。
カメラは執拗にローマの人々の生活を写します。
捜査の過程で様々な人間模様が浮かび上がってきて物語を複雑にします。
この映画で重要な役割を果たすのがクラウディア・カルディナーレです。
犯人の婚約者を演じるのですがとにかく美しく魅力的です。
ついにローマ郊外に潜んでいるカルディナーレのもとを警部が訪れます。
刑事2 
警部に連行される主人の車を身重のカルディナーレが必死に追いかけるシーンをカメラは執拗にとらえます。
バックには「死ぬほど愛して」が流れます。
ピエトロ・ジェルミ監督の真骨頂です。
サングラスとソフト帽子と葉巻、これが似合う俳優はピエトロ・ジェルミでしょう。
特にいい男でもないのにとても魅力的なのです。
刑事3 
おそらく父もピエトロ・ジェルミに憧れていたみたいです。
ソフトもサングラスも葉巻もありましたから。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その26(クリシュナ−3)

PANATA124.jpg
今回は「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」のお話です。
「ヴリンダーヴァンでは、牛飼いたちが例年のように、天界の王で雨を司るインドラ神に供養する準備をしていた。
そこにクリシュナが来て、インドラよりも自分たちや牛に縁の深い山や川、森などを崇めるよう、特にゴーヴァルダナ山に供養するように勧めた。
クリシュナの養父で牛飼いの長ナンダと養母ヤショーダをはじめ里人たちがこれに従って、牛たちとともに集まりゴーヴァルダナ山に供物を捧げた。
ゴー1
これを知ったインドラ神は、クリシュナによって自分への信仰を奪われ、名誉を傷つけられたと激怒し、自身の乗物である白象アイラーヴァタに乗って現れると、配下の雲の軍団を呼び、この里に大雨を降らせるよう命じた。
たちまち土砂降りの雨が降りだし、村は大洪水になり、牛たちは恐れおののいた。
これを見たクリシュナは、いきなりゴーヴァルダナ山を引き抜くと、片手で頭上に差し上げ、大きな雨傘のようにして牛飼いやその家族、牛の群などを避難させた。
クリシュナは7日間もこうして山を支えていたので、インドラ神は驚いて下界に下りてくると、クリシュナを宇宙の父として拝し、許しを乞うた。
クリシュナは山を元の所におろした。
Krishna_Holding_Mount_Govardhan.jpg
インドラの妻インドラーニはクリシュナに息子アルジュナの友になってくれるように頼んだ」というお話です。
ヴェーダ時代の最高神インドラが時代が下るにつれてその地位が低下し、プラーナ時代にはヴィシュヌ(クリシュナは地上におけるその化身)が神の中の神として信奉されていった事実を反映しているといわれています。
まずは南インドマハバリープラムの石窟KRISHNA MANDAPAです。
この石窟はナンダのところで牛飼いをしていたクリシュナの彫刻が全面に彫られています。
中央に「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」です。
クリシュナのもとに集まった牛飼い達や動物が彫られています。
ほぼ等身大の像は迫力があります。
ゴー2KRISHNAM007
  KRISHNA MANDAPA 7世紀
  とても面白いマンダパで立体的な牛の
  乳搾りや人の顔のライオン、など厚肉彫り
  の素晴らしい窟







KANCHIPURAMのKAILASANATHA寺院の像です。
パッラヴァ朝のシンボルである獅子の柱が印象的です。
ゴー3KAILASA007
  KAILASANATHA TEMPLE 8世紀
  シヴァ神話やヴィシュヌ神話の彫刻が
  一面に彫られている。








MATANGESHWARA寺院にもあります。
マンダパの壁に彫られています。
ゴー4MATANGE014
  MATANGESHWARA TEMPLE 8世紀中頃
  こじんまりした寺院であるが彫刻が良い















BADAMIにあるUPPER SHIVALAYA寺院の像です。
動物達が沢山集まってきたとても良い意匠です。
ゴー5SHIVALAYA034
  UPPER SHIVALAYA TEMPLE 8世紀
  基壇にはクリシュナやラーマーヤナの彫刻がある
  ここからの眺望が素晴らしい













西インドのKIRADUにあるSOMESHWAR寺院の壁面に彫られていました。
このパネルには隣にケーシンを退治するクリシュナが彫刻されています。
ゴー6SOME040
  SOMESHWAR TEMPLE 1020年
  柱や壁面の高密度な彫刻装飾がよい









ホイサラ寺院では特に好まれたようで、沢山見つかります。
HalebiduのHOYSALESHWARA寺院(12世紀)の彫刻です。
ゴーヴァルダナ山や動物が細かく彫刻されています。
ゴー7ホイサレー
  HOYSALESHWARA TEMPLE 12世紀
















SomanathapuraのKESHAVA寺院(13世紀)です。 
細いパネルにクリシュナの生涯が彫られています。
ゴー8KESHAVA
  KESHAVA TEMPLE 13世紀
  基壇の装飾帯に細かく彫刻されている









LAKSHIMINARAYANA寺院(13世紀)の彫刻です。
デザイン的に面白い彫刻です。
ゴー9L.NARAYA009
  LAKSHIMINARAYANA TEMPLE 13世紀
  ホイサラ朝の寺院にしてはシンプル














博物館には素晴らしい像があります。
ベナレスのヒンドゥー大学には4〜6世紀の「ゴーヴァルダナ山を持ち上げるクリシュナ」像があります。
ゴー10Benares Hindu University.4-6世紀
  ヒンドゥー大学
















マトゥラーの博物館には7世紀の彫刻があります。
ごー11マトラー七世紀
  マトゥラー博物館
















同じマトゥラー博物館の19世紀のクリシュナはとても可愛い像です。
ゴー12マトゥラー19世紀
  マトゥラー博物館
















クリシュナはラーマと共にインドでは特に人気があります。
この二人の彫刻はインド全土で見つかります。 

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その19(KING CRIMSON)

ガンジーファ - 052
60年代後半から70年始めにかけてプログレの出現は私にとって大イベントでした。 
それはレコード会社の友人からもらった一枚の見本版から始まりました。
毎日「アビーロード」を聞いていた時、もらったアルバムジャケットの異常さに驚き、アルバムタイトルには「In The Court Of The Crimson King」とあります。
クリムゾン
おそるおそる針を落としました。
遠い汽笛の後、「21世紀の精神異常者21st Century Schizoid Man」がいきなり始まります。
延髄切りを受けた様な衝撃でした。
プログレの幕開けです。
メンバーのテクニックのすごさに驚きです。
メロディの美しさ、歌詞の素晴らしさに脱帽です。
いきなり終わると「風に語りて」が始まります。
なんと言う美しさでしょう。
心地よい風の様なイアン・マクドナルドのフルート。
そして「エピタフ(墓碑銘)」です。
グレッグ・レイクのボーカルとメロトロンがすべてです。
もう驚きの連続でA面終了です。
もうくたくたです。
余韻に浸っている場合ではありません。
B面に針を落とします。
まるで宇宙を漂う様な「ムーンチャイルド」、透明感が漂う静かな始まりから次第にロバート・フリップのギターとビブラフォーンが絡み合いながら続きます。
そして最後の曲はアルバムタイトル曲「クリムゾン・キングの宮殿」です。
もう言葉がありません。
レコードが終わっても動けませんでした。
初めて聞く音楽なのにとても懐かしいのです。
私はこの懐かしさがプログレなのだと思いました。
クリムゾン3
どうしたらこのようなアルバムが作れるのでしょうか。
Robert Fripp(Guitar)、Michael Giles(Drums, percussion & Backing Vocal)、Greg Lake(Lead Vocal & Bass)、Ian McDonald(Keyboard,Saxphone,Mellotron,Woodwind&BackingVocals,vibraphone)、 Peter Sinfield(Words and illumination,lyrics)の最強のメンバーです。
アルバムジャケットはBarry Godberでこのジャケットのみを残し24歳で亡くなりました。
クリムゾン2
当時はバンドに関する情報がほとんどありませんでした。
メンバーの経歴もわかりません。
わずかにハイドパークで行われたブライアン・ジョーンズの追悼コンサートに出演し、25万人が驚愕したと言うこと位です。
後から知った事ですがアルバムの主導権はロバート・フリップではなくイアン・マクドナルドが持っていたそうです。
イアン・マクドナルドの頭の中の世界なのです。
恐るべしイアン。
私のいわゆるプログレバンドの優劣は、私の持っている世界とアルバムが持っている世界がシンクロしてその中で自由に遊べるか(時には緊張、時にはリラックス)です。
そのようなバンドはあまりありません。
クリムゾン、ジェネシス、ピンクフロイド、イエス、がそうです。
みんなイギリスのバンドですね。
その中でもクリムゾンは別格です。
今までの音楽とはまったく違うクリムゾンの動向に注目です。

ヴィンセント・ギャロが映画「バッファロー'66」で女の子に「ムーンチャイルド」をバックにタップを踊らせるシーンは涙ものです。
ヴィンセント・ギャロは天才だ!

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

ホームページに沖縄をアップしました。







音楽の話 その18(Je t'aime... moi non plus)

ガンジーファ - 053
中学時代までしか買わなかったシングル盤を久しぶりに買いました。
セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンのシングル「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」です。
どこで聞いたか忘れましたが、とにかく美しく衝撃的でした。
すぐにシングル盤を購入しました。
ジュテーム

セルジュ・ゲンスブールに関しては敬愛する作家ボリス・ヴィアン関係で知っていました。
ジェーン・バーキンはモデルとして、女優として売り出し中で、アントニオーニの「欲望」で知っていました。
「ナック」にも出ていたそうですが覚えていません。
とにかくメロディがよく、ギター、ベース、ドラム、ハモンドB−3のセンスがよく、ゲンスブールとバーキンのボーカルが印象的です。
ヨーロッパで大ヒットしましたが、淫靡なためフランスなどで放送禁止になりました。
もちろん日本でも。
「B面のジェーン・B〜私という女」を聞いて、またまた感激しました。
原曲はたしかショパンのプレリュードだと思いましたが、そこにゲンスブールが歌詞を付けてバーキンが頼りなく歌います。
とても美しい曲でバーキンにぴったりです。
バーキン

ジェーン・バーキンは不思議な女性でわからない事だらけです。
特に綺麗ではなく、演技もうまくなく、歌もうまくないのに、二十歳そこそこで映画音楽界の重鎮となるジョン・バリーと結婚し、世紀のプレイボーイセルジュ・ゲンスブールと事実婚の関係となり、ポストヌーヴェルバーグの監督ジャック・ドワイヨンと結婚し、同じ飛行機に乗り合わせたエルメスの社長に特別に作ったバックを贈られたなどなどです。
外見からはわからない素晴らしい女性なのですね。
どうしてもスウィンギングロンドン同年代のマリアンヌ・フェイスフルとかさなってしまうのです。
マリアンヌ

なんとマリアンヌ1946年12月29日ロンドン生まれ、
ジェーン・バーキン1946年12月14日ロンドン生まれ!
さらにジェーン・アッシャー1946年4月5日ロンドン生まれ!!
ジェーンアッシャー

少し先輩にパティ・ボイド!!!
パティボイド

どうなっているんだ ロンドン!!!!

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

ホームページに沖縄をアップしました。

映画の話 その16(第七の封印)

50ジャノコ
第七の封印 ベルイマン
第七の封印
黒のバックにタイトル音はない。
いきなり音楽が始まり曇り空に猛禽類。
ヨハネの黙示録のナレーション。
次に海岸に打ち上げられた騎士と従者と馬。
騎士の脇にはチェスが置かれている。
騎士は十字軍の衣裳。
いきなり黒ずくめの死神が現れる。
ここですでにベルイマンマジックに引き込まれる。
騎士は死神とチェスをして勝敗がつくまで命をつなぐ。
勝てば助かる。
第七の封印3
途中で出会う旅の一座がよい。
とくに女性がとても綺麗だ。
騎士達は自宅に戻る途中教会へ寄る。
このあたりはペストの流行で人々は恐れ戦いている。
魔女狩りも行われている。
村で一座が公演していると疫病を恐れ、終末を信じた一団が自虐的に肉体を傷つけながら行進しているのに出会う。
またベルイマンマジックである。
一座の夫婦と騎士達が森で取ってきた、野いちごとミルクを飲むシーンがとても良い。
ここでも死神とチェスの続きをはじめる。
一同は騎士の館に向かう。
魔女の火あぶりに立ち会い、またチェスを始めるがついに負けてしまう。
死神は次にあったときに命はなくなると言って去る。
ついに館に着くと騎士の妻は生きて騎士を待っていた。
皆で食事をして彼の妻がヨハネの黙示録を読み上げると死神が現れ、みなを連れて行った。
館へ行かなかった一座の夫婦と子供は助かった。
最後のマジック、朝起きてみると一座の男の目には大鎌をもった死神が一同を引き連れて丘を登っていくのが見えた。
第七の封印2
初めて見た高校生の時には理解しようと必死で見ていたが退屈してしまいました。
改めて見ると退屈する場面は1つもありません。
始めからベルイマンマジックにかかり気がついたら終わっていました。
どのシーンをとっても絵になります。
主題の神の存在に悩むアントニウスのマックス・フォン・シドー、旅芸人にルス・ポッペ、その妻で無垢で美しいビビ・アンデーション、死神ベント・エケロートの演技力は素晴らしいの一言です。
この映画を理解するには時間がかかりましたが確実にベルイマン支持者になりました。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ www.ravana.jp

ホームページに沖縄をアップしました。

寺院の彫刻 その25(クリシュナ−2)

PANATA124.jpg
今回はカーリヤ竜を退治するクリシュナの彫刻です。
この話はナンダとヤショーダーのもとで育てられているクリシュナが牧童達とヤムナー川に来た時の話です。
「ヤムナー川に、カーリヤという毒竜が住みついてしまいました。
そのため川の水は煮えたぎり、岸辺の木は枯れ、動物たちは死んでしまいました。
牛飼いたちが困っているのを見たクリシュナは、カーリヤを退治するため川に飛び込みました。
カーリヤは怒り狂い、長い胴体をクリシュナに巻き付けて絞め殺そうとします。
1カーリヤ竜ブルックリン
ところがクリシュナの身体はどんどん大きくなっていきました。
胴がちぎれそうになったカーリヤは、クリシュナを放しカマ首をもたげて攻撃を仕掛けます。
するとクリシュナはカマ首に飛びのって踊り始めました。
2カーリヤ竜
身体に全世界を内蔵するクリシュナの重いこと!カーリヤは血を吐いて死にそうになってしまいました。
そのときカーリヤの妻たちがあらわれて許しを乞うたので、クリシュナは、ここを立ち去り海底に住むように命じました。
こうしてヤムナー川の水は清流にもどりました」という話です。
典型的な像は多頭の龍の尻尾を持ち頭の上で踊るクリシュナの像です。
また頭を引き裂こうとしているクリシュナ像も東南アジアでよく見られます。
インドの古い寺院ではなかなか見つける事は出来ません。
よく見つかるのはホイサラ朝の寺院などです。
素晴らしい彫刻が南インドのHOSAHOLULU にあるLAKSHIMINARAYANA寺院(13世紀)にあります。
7頭のカーリヤ竜の上で踊る典型的な構図です。
台座には川の中の魚やカメなどが彫刻されています。
3カーリヤ竜6L.NARAYA016
  LAKSHIMINARAYANA寺院 13世紀
  典型的なホイサラ様式
  台座の水中の彫刻が面白い














同じ構図がARALAGUPPEのCHENNAKESHAVA寺院(13世紀)にもあります。
両方とも向かって左下にガルーダが彫刻されています。
4カーリヤ竜2
  CHENNAKESHAVA寺院 13世紀
  衣裳もすべてLAKSHIMINARAYANA寺院と
  よく似ている。















SomanathapuraのKeshava templeの基壇でも見つかりました。
4,5カーリヤ竜ケーシャヴァ5
  Keshava 寺院 13世紀
  向かって左はカーリヤ竜を退治する
  クリシュナ
  右はゴーヴァルダナ山を持ち上げる
  クリシュナ






同じ南インドのVIJAYANAGARA(HAMPI)のRAMACHANDRA寺院(15世紀)は周壁から本殿の壁一面にラーマーヤナの彫刻が彫られていますが、この中にクリシュナの彫刻もあります。
幼児体形のクリシュナです。
5カーリヤRAMACHANDRA
  RAMACHANDRA寺院 15世紀
















VIJAYANAGARAの最高傑作と言われるVITTHALA寺院(16世紀)の柱にも彫刻されています。
髪が可愛いですね。
6カーリヤVITHALA TEMPLE
  VITTHALA寺院 16世紀

















また南インドではプロンズ製の像が沢山造られました。
15カーリヤ竜を退治するクリシュナ
  デリー博物館




















東南アジアではカンボジアのクメール寺院で好まれた様です。
タイとの国境にあるPREAH VIHEAR寺院の楣に典型的な彫刻があります。
7カーリヤ竜11VIHEAR046
  PREAH VIHEAR寺院 9~12世紀
  クメールの典型的な楣の彫刻









アンコールトムにあるBAPUON寺院の壁面に彫刻されている像は素晴らしい出来です。
8カーリヤ竜13
  BAPUON寺院 11世紀
  素晴らしい意匠










BANTEAY SAMRE寺院の楣にも頭を引き裂こうとしているクリシュナが彫刻されています。
9カーリヤ竜9SAMURE164
  BANTEAY SAMRE寺院 12世紀
  カーラの上に彫刻されている









美しく繊細な彫刻で知られる東メボン寺院の楣にも彫刻されていますが、保存状態がよくありません。
9.5カーリヤE-MEBON060
  東メボン寺院 10世紀
  東メボンの彫刻はとても細かい
  クリシュナが破損している








タイのクメール寺院PRASAT BAN PLUANG(11~12世紀)の楣に彫刻されています。
10カーリヤPLUANG011
   BAN PLUANG寺院 11〜12世紀










同じクメール寺院MUANG TAM(11~12世紀)の楣に出来の良い彫刻があります。
14カーリヤ竜10TAM096
  MUANG TAM寺院 11〜12世紀
  とても状態が良い









MUANG TAM寺院の楣にそっくりな彫刻がカンボジア北西バッタンバンのPO VEALというお寺の倉庫に保存されています。
この2つは同じ工房の職人が彫ったのかもしれません。
16バッタンバン
  PO VEAL
  倉庫に沢山の石造物があったが現在
  大部分が博物館へ移動した








クメール揺籃の地ラオスのWAT PHU寺院(11~13世紀)の楣にあります。
12カーリヤ竜7PHU056
  WAT PHU寺院 11〜13世紀










インドネシアでもジョグジャカルタにあるPRAMBANANのCANDI VISHNU寺院の壁面に彫刻されています。
独得の意匠です。
12プランバナン2
  CANDI VISHNU寺院 9〜10世紀












カーリヤ竜を退治するクリシュナのモチーフは東南アジアでも好まれた様です。

ホームページ  www.ravana.jp

ホームページに沖縄をアップしました。