音楽の話 その8(PROCOL HARUM)

ガンジーファ - 065
60年代中頃から沢山のバンドが出てきます。
そんな中、私のベストのグループがブリティッシュ・インヴェイジョンから出てきます。
プロコル・ハルムです。
初めて「青い影」聞いたとき旋律の美しさに感動しました。
クラシックピアノのプレリュードやエチュードみたいですが、とても黒っぽいのです。
すぐにチークダンスの定番になりました。
シングル盤を買って毎日毎日聞いていました。
やがてLP「プロコール(プロコルではない)・ハルム ファースト」が出たのですぐに買いましたが何と「青い影」が入っていないのです。
プロコルハルム
そのかわりに「HOMBURG」が入っているのです。
初めはがっかりしましたがこの曲は「青い影」に勝るとも劣らない名曲です。
このLPは私の愛聴盤になりました。
ゲイリー・ブルッカーの控えめなピアノ、マシュー・フィシャーの自由に動き回るオルガン、B.J.ウイルソンの派手であるが正確なドラム、ロビン・トロワーのうねる様なギター、デイヴィッド・ナイツの艶のあるベース、天才作詞家キース・リードの詩が全編にあふれています。すべての曲がいいのですが
「She Wandered Through the Garden Fence」「Something Following Me」が特にお気に入りです。
私と同世代の松本隆、細野晴臣、ユーミン、山下達郎などにとても大きな影響を与えたそうです。
セカンドアルバム「Shine on brightly」も名盤で「Quite rightly so」「Shine on Brightly」を初め、B面の17分を越える大作「In Held Twas in I」など聞きごたえがあります。
3枚目の「Salty Dog」はマシュー・フィシャーが活躍します。
私の中のハモンドオルガンB3の演奏者ベストスリーはマシュー・フィシャー、ガース・ハドソン、スティビー・ウインウッドです。
これ以降期待に応えたLPは出ませんが、7枚目の「Grand Hotel」でカムバックします。
グランドホテル
タイトルが素晴らしいし、コンセプトが良い。
さらにスウィングル・シンガーズがコーラスで入っているのです。
8枚目の「Exotic Birds and Fruit」は後期の中で一番良いかもしれません。
A面「Nothing But the Truth」から「The Idol」まで一気に聞かせます。
Exotic Birds Fruit
先日ゴールデン・カップスのDVD「ワンモアタイム」を見たら、エンディングでミッキー吉野が「青い影」を歌っていました。
やはり好きなのですね。
映画の「The Commitments」でも教会のパイプオルガンで聖歌を弾く所を「青い影」を弾いていました。
みんな好きなのですね。
「LIVE AT THE UNION CHAPEL」のDVDを見て驚きました。
なんと「青い影」の歌詞が3番まであったのです。
おぼえてもカラオケでは歌えないか。

Ωベストアルバム 「Procol Harumープロコール・ハルム ファースト」

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その18(クールマ2)

PANATA090.jpg
ヴィシュヌの化身クールマのエピソード乳海撹拌はカンボジアのクメール帝国に大きな影響を及ぼしました。
ナーガに対する信仰も影響し都市計画にも使われています。
ジャヤヴァルマン7世による、アンコール都城入り口の門には乳海撹拌のモチーフが使われています。
インドにも無い斬新な設計です。
環濠に架かる橋の欄干に神とアスラの綱引きです。
S-GATE031.jpg

  SOUTH GATE 12世紀
  門の上部には観世音菩薩の4面塔。
  門の右側に阿修羅、左側には神々。






SOUTH GATE2

       SOUTH GATE 平面図














城内は神の降臨するところ、神である王の住まう所でナーガの架け橋はぴったりです。
大きな寺院の参道にも用いられました。
KHAN005.jpg
  PREAH KHAN 寺院 1191年
  とても大きい寺院で東の表参道にある。
  南大門と同じ意匠。
  崩壊が著しい。







やはり一番有名なのはアンコール・ワット第一回廊の東面南側の大壁画です。
素晴らしい作品でクールマも丁寧に彫刻され頭に王冠の様な物をかぶっています。
初めて訪れた時には回廊の天井が崩落して、雨ざらしのまま放置されていたため汚れて黒くなっていました。
ANGKOR181.jpg
  ANGKOR WAT 寺院 12世紀
  47mの大壁画
  92体のアスラが頭側を、88体の神々が
  尻尾側を持って引っ張りあう。







10世紀建立のPRASAT EINKOSEIはレンガ造りで楣の上部に彫刻されています。
とてもユニークなデザインで他のクメール彫刻とは違います。
PRASAT EINKOSEI(WAT AN KAU SAI)
  PRASAT EINKOSEI 寺院 921年
  PRASAT KRAVAN寺院に似ている。
  乳海撹拌の彫刻だけが他の彫刻と
  違い異質な感じがする。







KUTISVARAも9〜10世紀の古い遺跡で建物は何もありませんが地面に一つ乳海撹拌の楣が置いてあります。
面白い意匠で花綱がナーガになっています。
以前は3塔形式の祠堂が建っていたと言われています。
KUTISWARA003.jpg
  KUTISVARA 寺院 9〜10世紀
  地面に乳海撹拌とブラフマーの楣が
  置いてある。
  花綱がナーガになっているので
  わかりにくい。






12世紀中頃のBENG MEAREAはまだ修復されていませんが、崩壊した石材の中に乳海撹拌の楣が見つかります。
MEAREA061.jpg
  BENG MEAREA 寺院 12世紀
  早い修復が望まれる。










アンコールの東に位置するBANTEAY SAMRE寺院には破風の形態を上手く生かした乳海撹拌が彫られています。
SAMRE067.jpg
  BANTEAY SAMRE寺院 12世紀
  上部にはブラフマー
  アナンタ龍の上に横たわるヴィシュヌの
  破風によく似ている。







王宮前のPREAH PITHU寺院の楣にもあります。
ここには12世紀の5つの祠堂と2つのテラスがあります。
PITHU045.jpg
  PREAH PITHU寺院群 13世紀
  T(1)祠堂にある。
  クールマの上に象と馬と2人の人物。
  顔の表情が良い。






バッタンバンのSNOENG LECH寺院の楣はとてもにぎやかです。
クールマの後ろから誰か顔を出しています。
上段には神々を応援する神やリシ達が彫刻されています。
SNOENG LECH
  SNOENG LECH 寺院 11〜12世紀
  上段にはブラフマーや神々。
  リシもいる。







プノンペン近郊にあるトンレ・バティのTA PROHM寺院では、乳海撹拌の楣が地面に立てかけられています。
TA PROHM028
  TA PROHM 寺院 13世紀
  クールマの後に1人
  上部にはブラフマー、ヴィシュヌ、神々。








タイとの国境にあるPREAH VIHEAR寺院の破風にも立派な乳海撹拌の彫刻があります。
VIHEAR037_2.jpg
  PREAH VIHEAR 寺院 9〜12世紀
  左端にガルーダ、右端にゾウに乗る
  インドラ







乳海撹拌のモチーフはクメール帝国で特に気に入られた様です。
楣や破風という建築様式も彫刻にはぴったりです。
クメールよりも早くからインド化されたベトナムやインドネシアでは見つかりませんでした。
一つだけバリ島にありました。
ウブドのペジェン村にあるPura Pusering Jagat寺院です。
厳密に言うと寺院の彫刻ではありませんが境内にある石の容器に彫ってあります。
JAGAT006.jpg
  Pura Pusering Jagat 寺院 14世紀









JAGAT008.jpg










東南アジア特にカンボジアではインド本国でもみられないユニークな発想で都市計画にまで取り入られました。これもナーガの国ならではですね。

クールマ



ホームページ www.ravana.jp

音楽の話(レオン・ラッセルに捧ぐ)

ガンジーファ - 061
11月13日レオン・ラッセルがナッシュビルの自宅で亡くなりました。
74歳でした。
このニュースは15日の新聞に載り知りました。
虫の知らせか14日になぜか無性に「Mad Dogs & Englishmen」のDVDが見たくなり、最後まで見てしまいました。
そして翌日の新聞の死亡記事です。
なにか不思議な繋がりを感じました。
マッドドック
「Mad Dogs & Englishmen」のDVDではタイトルエンドの「The Ballad of Mad Dogs & Englishmen」に聞き入ってしまいました。
ステージではジョー・コッカーよりもレオン・ラッセルに目がいってしまいます。
ジョー・コッカーがバンマスのレオン・ラッセルを信頼しているのが解るし、ジョー・コッカーがロボットでレオン・ラッセルが遠隔操作しているみたいで面白いです(ジョー・コッカーの動きがまるでロボット)。
マルチミュージシャンのレオン・ラッセルのカリスマ性が光ります。
レオン・ラッセルは私が好きなベストのミュージシャンの1人で本格的にのめり込んだのはカーペンターズの「A Song for You」のクレジットを見たときです。
なんて美しい曲を書くのだろうと思いすぐにアルバム「Leon Russell」を買いました。
レオン
この頃ミュージシャンが自分のことを書いたラブソングが好きで、エルトン・ジョンの「Your Song ーThree Dog Nightのカバーの方」と共に毎日聞いていました。
後で知った事ですが敬愛するアル・クーパーの作品である「This Diamond Ringーゲイリー・ルイスとプレイボーイズ」を初めロネッツの「Be My Baby」ベンチャーズの「十番街の殺人」やアニマルズの「朝日のあたる家」にスタジオミュージシャン(キーボード)として参加している事を知りました。
経歴がアル・クーパーと似ていますね。
なんといっても私をとりこにしたのは3枚目の「Carney」です。
カーニー
このCarneyワールドに一度ハマってしまったら抜け出せません。
1曲目の「Tight Rope」から最後の「Magic Mirror」まで興奮の連続です。
最高です。
有名な「This Masquerade」はこの中に入ってこその曲です。
「My Cricket」と「Magic Mirror」の間にあってこその曲です。
「Will O' the Wisp」もとても良いアルバムですがやはり「Carney」です。
一つだけ欠点があります。
夜中に1人で聞いていると「Acid annapolis」がとても恐いのです。
トイレに行けなくなります。
Leon Russell様どうぞやすらかにおやすみ下さい。
合掌

Ωベストアルバム 「Carney」

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

食べ物の話 その7(すき焼)

37スマントリ
私はすき焼きが大好きです。
すき焼きにはこだわりがあります。
すき焼

母の友人がすき焼専門店をやっていたのでそこで見て覚えました。
まず基本は関西風か関東風かですが、私の場合は両方です。
まずは材料です。肉は肩ロースです。100g500〜2000円の肉で財布と相談して買います。
野菜の基本は白ネギ、九条ネギ、タマネギ、春菊、豆腐(木綿又は焼き)、シラタキ、椎茸、です。オプションとして麩、竹輪麩、クレソン、セリ、エリンギなどのキノコ(松茸を含む)、ゴボウなどです。
まず鍋を熱します。
鍋は南部鉄などの出来るだけ厚いものを使います。
熱くなったら牛脂を敷いて白ネギを敷きつめます。
その上に牛肉を広げて載せます。
色が変わったら砂糖と醤油を手早くかけネギと肉を焼きます。
ここで卵の登場です。
卵は好みがあるので好きにしてください。
あまりかき回さない人、普通にかき回す人、私の場合はすき焼屋さんに習った方法で食べます。
そのお店はすべて仲居さんがやってくれます。
卵は徹底的にかき回し、泡立つ位です。
黄身と白身は完全に解け合います。
つまり卵の味をほとんど消して、熱い肉をさますために使うのです。
私はこの方法が大好きです。
すき焼本来の味がそのままです。
この卵に肉とネギを浸けまず食べます。
もう少し肉が食べたい時はもう一度同じことをします。
次は火の通りにくい物から鍋に入れて割り下で煮ます。
ネギ類や葉っぱはレアで食べます。
すべて食べたら、鍋を一度綺麗にして、又ネギと肉を食べます。
これを繰り返します。
〆はうどんか餅でしょう。
うどんはたれとよく混ざるように平べったい方が良いです。
餅はそのままか焼いていれます。
我が家ではすき焼の時にすき焼とは別に牛の切り落としを買っておきます。
またシラタキ、豆腐、タマネギは少し残しておき、すべて食べ終わったら、切り落としと一緒に煮て牛丼の具を作っておきます。
明日は牛丼だ!
最初からすべて鍋に入れて作るすき焼(牛鍋)もなかなかです。
なわのれん

「大田なわのれん」の牛鍋も大好きです。
牛肉を合鴨に変えても美味しいです。


8-2ウィジョヨクスモの花



ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その17(クールマ)

PANATA090.jpg
ヴィシュヌ2番目の化身は亀クールマです。
クールマは単独で彫られることはあまり無く、10化身か乳海撹拌のエピソードの中で彫刻されます。
クールマ
乳海撹拌のエピソードとは「地上の魔族アスラの勢力が強くなり、神々は怯えていた。そこでヴィシュヌに救いを求めた。ヴィシュヌは永遠の生命を保証する霊薬アムリタを飲めば良いと言った。そのためには乳海撹拌を行わなくてはならない。これは神々だけでは不可能な作業でありアスラの協力も必要だったため、神々はアスラと和睦した。アムリタを分け合うことを条件にアスラは協力に応じた。ヴィシュヌは多種多様の植物や種を大海に入れた。マンダラ山を撹拌棒として綱としてヴァースキー龍を巻き付け、神とアスラで引っ張りあった。お互いあまりにも強い力で引っ張りあったため、支点が擦れて海の底に穴が開きそうになった。穴があくと海の水が流れ去り、アムリタは手に入らない。そこでヴィシュヌは亀に変身してマンダラ山の下に潜り撹拌棒を支えた。
kame3.jpg
1000年間攪拌が続き、乳海からはさまざまなものが生じた。太陽、月、白い象アイラーヴァタ、馬ウッチャイヒシュラヴァス、牛スラビー(カーマデーヌ)、宝石カウストゥバ、願いを叶える樹カルパヴリクシャ、聖樹パーリジャータ、アプサラスたち、酒の女神ヴァルニー、ヴィシュヌの神妃である女神ラクシュミーらが次々と生まれた。最後にようやく天界の医神ダヌヴァンタリが、アムリタの入った壺を持って現れた。アスラはアムリタを要求し、神々との争いになった。アスラは一度はアムリタを手にしたが、機転を利かせたヴィシュヌ神が美女に変身して誘惑し、心を奪われたアスラたちはアムリタを美女に手渡した。その結果、アムリタは神々のものとなった。神々は永遠の命を得ることに成功したのである。」という話です。
南インドのMYSORE近郊の小さな村SOMANATHAPURAにあるKESHAVA寺院です。
1268年に建立された典型的なホイサラ形式の寺院で壁面すべてに精密な彫刻が施されています。
ここに顔は亀で身体は人(ヴィシュヌ)の珍しいクールマが彫られています。
マツヤに似ていますが4臂の内、2臂でアムリタの壷を持っています。
KESHAVA2
  KESHAVA TEMPLE 1268年
  マツヤもそうだがクールマも不気味。
  ホイサラ独得の衣装をつける。













中央インドのNACHNAの寺院には、顔が人で身体は亀のレリーフがあります。
nachna.jpg
  NACHNA TEMPLE 5世紀
  とてもユニーク









南インドのVIJAYANAGARAにあるRAMACHANDRA寺院の柱には亀そのもののクールマが彫られています。
RAMACHANDRA2
  RAMACHANDRA TEMPLE 15世紀
  マンダパの柱 スッポンに見える。
















南インドのKANCHIPURAMにあるVARADARAJA寺院の柱に顔が人(ヴィシュヌ)で身体が亀の彫刻があります。
VARADAR013.jpg
  VARADARAJA TEMPLE 16世紀
  4臂4足

















クールマの彫刻を探すには、乳海撹拌の綱引きを見つけ中心の下の亀を見つければ良いのです。
西インドのCHITTORGARHにあるKALIKAMATA寺院です。
ここでは乳海撹拌のクールマが主役です。
KALIKA010.jpg
  KALIKAMATA TEMPLE 14世紀
  乳海撹拌の亀の部分だけを彫刻してある。
















インドのBADAMIの第2窟天井際に乳海撹拌の彫刻がありますが上にあるのでクールマは見にくいです。
第3窟の同じ位置にもあります。
CAVE-2011.jpg
  BADAMI CAVE 2 6世紀
  









南インドのHALEBIDUには1120年建立のHOYSALESHWARA寺院があります。
ホイサラ様式の寺院の基壇に彫刻されています。
HOYSAL074.jpg
  HOYSALESHWARA TEMPLE 1120年
  基壇の装飾帯の一部として彫られている。









同じくホイサラ様式のLAKSHIMINARAYANA寺院の基壇にも彫刻されています。
L-NARAYA003.jpg
  LAKSHIMINARAYANA TEMPLE 1250年
  HOYSALESHWARAと同じように基壇の
  装飾帯として彫られている。
  ホイサラ様式の寺院に多い。
  






東インドのVISHUNUPURの町にKESHTA RAYA寺院があります。
10化身が彫刻され顔が人で身体は亀のクールマが彫刻されています。
KESHTA043.jpg
  KESHTA RAYA TEMPLE 17世紀
  パネル下段左上部に彫られている。
















壁画はネパールのカトマンドゥにあるKRISHANA NRARAYAN寺院にあります。
KRISHANA NRARAYAN
  KRISHANA NRARAYAN TEMPLE
  ヴィシュヌの右足に食らいついている。
















乳海撹拌の彫刻は横に広がるのでスペース的にドアーフレイムの上部、天井付近、基壇などに限られてしまいます。


img038.jpg



ホームページ  www.ravana.jp

 

音楽の話 その7(THE YOUNG RASCALS,THE SPENCER DAVIS GROUP)

ガンジーファ - 066
1967〜1969年あたりはロックの黄金期です。
フォークロック、アートロック、プログレッシブロック、ジャズとの融合、クラッシックとの融合、民族音楽との融合などあらゆるジャンルのロックが出そろいました。
R&Bとビートルズばかり聞いていましたが次第に色々なロックを聴く様になります。
この頃(今でも)大好きだったのは、ヤングラスカルズとスペンサーディビス・グループです。
この2つのグループの根底にはR&Bが流れています。
しかしブルーアイドソウルといわれる白人ソウルシンガーとは別物です。
あくまでもR&Bのソウルを持ったロックグループです。
ヤングラスカルズはフェリックス・キャヴァリエ、エディ・ブリガッティ、ジーン・コーニッシュ、ディノ・ダネリの4人組で初期はR&Bのカバーばかりでしたが次第にオリジナル曲中心になります。
三枚目の「Groovin'」は最高傑作です。
Groovin のコピー
レコードに針を落とした瞬間、一番好きな「A Girl Like You」が始まりブラスとストリングスでゾクゾクとします。
5曲目にはドラマチックな「How Can I Be Sure」、B面1曲目にタイトルソングの「Groovin'」です。
2枚目の「Collections」のスタンダードナンバー「Since I Fell for YouーLenny Welchももちろんよい」もお勧めです。
同じ頃イギリスではスペンサーディビス・グループがR&Bのソウルを継承しています。
メンバーはスペンサー・デイヴィス、なんと16才の天才ミュージシャン、スティーヴ・ウィンウッド、マフ・ウィンウッド、ピート・ヨークでとにかく黒い。
「The Best Of The Spencer Davis Group」に針を落とすとハモンドB3の「I’m A Man」、そして名曲「Gimme Some Lovin’」と続きます(ブルースブラザースのワンシーンでGimme Some Lovin’からRAWHIDEに変わるシーンは最高ですね)。
sdg_bestof_zoom.jpg
ここでもうフラフラです。スローな「Every Little Bit Hurts」「Together Till The End Of Time」も素敵です。
この2つのグループは共にオルガンが特徴です。
ハモンドB3の音がR&Bでは重要なパーツなのでしょうか。
モータウンではオルガンはとても控えめで、アトランティックではブッカーTがいるもののインストロメンタル以外ではそんなに表には出ません。
この2つのグループは最前列に出てきます。
フェリックス・キャヴァリエ、スティーヴ・ウィンウッド共に最強のオルガニストで最高のボーカリストです。
この時代ブルース色の強いバンドは沢山いましたが、R&B色の強いバンドはこの2つです。
乱暴に言えばビートルズがR&Bであるのに対しストーンズはブルースと言えるのではないでしょうか。

Ωベストアルバム ヤングラスカルズ「Groovin'」
Ωベストアルバム スペンサーディビス・グループ「The Best Of The Spencer Davis Group」

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その16(マツヤ)

PANATA072.jpg
ヴィシュヌ信仰は偉大な仕事をした人物や土着の神を「ヴィシュヌの生まれ変わり」として信仰に取り込み広がっていきました。
その手段の一つとして10の化身(アヴァターラ)があります。
1魚(マツヤMATSYA)、2亀(クールマKURMA)、3猪(ヴァラーハVARAHA)、4人獅子(ナラシンハNARASIMHA)、5矮人(ヴァーマナ)、6斧をもつラーマ(パラシュラーマPARASURAMA)、7ラーマ(ラーマRAMA)、8クリシュナ(KRISNA)、9ゴータマ・ブッダ(BUDHA)、10カルキ(KALKI)以上が10化身で、善を護るため、悪を滅ぼすため、正義を確立するために色々な姿で現れます。
今回は魚マツヤについて見てみます。マツヤの神話は「賢者マヌが川で祭祀を行っていると、小さな金色の魚が手の中に入ってきた。魚は自分を家に持ち帰るように言った。家で育てていると、どんどん大きくなり家では飼いきれなくなって海に放すことにした。すると魚は7日後に大洪水が起きる。大きな船を与えるから、7人の聖仙とあらゆる生き物とともに乗りなさいと言った。やがて大洪水が起こり、魚は船にヴァースキ竜を巻きつけてヒマラヤの山頂まで引張った。こうしてマヌは生き残り人類の始祖となり、地上に生命を再生させた。」という話です。
東京国立博物館
ヴィシュヌが魚の化身として単独で彫刻されている例はあまり多くはありません。
10化身として一緒に彫刻されている場合の方が多いと思います。
南インドのMYSORE近郊の小さな村SOMANATHAPURAにあるKESHAVA寺院です。
1268年に建立された典型的なホイサラ形式の寺院で壁面すべてに精密な彫刻が施されています。
ヴィシュヌ神に捧げられた寺院で顔は魚で身体は人(ヴィシュヌ)の珍しいマツヤが彫刻されています。
KESHAVA.jpg
  KESHAVA TEMPLE  1268年
  頭が魚で身体はヴィシュヌのマツヤはとても
  珍しい。
  良く見るととても不気味。












KESHAVA寺院のマツヤを見ていて思い出しました。同じ魚の顔をしたレコードジャケットを持っていたのです。
それはアメリカのロックバンドで1960年代後半に出てきたキャプテンビーフハートCaptain Beefheart and his Magic Bandです。彼らの3枚目のアルバム「Trout Mask Replica」のジャケットがまさにそれです。もちろんヴィシュヌに関係ありませんが。
トラウト
  Captain Beefheart and his Magic Band
  「Trout Mask Replica」
  とても前衛的なアルバム







南インドのBADAMIの第二石窟の天井です。
ヴィシュヌ神に捧げられた窟でヴィシュヌの武器のチャクラ(円盤)がマツヤになっています。
CAVE-2.jpg
  BADAMI CAVE TEMPLE 2 6世紀
  このような意匠は南インドのヴィシュヌ派
  寺院の天井で時々見かける。







中央インドのGYARASPURの近くにCHAUKHAMBHAの遺構があり立派な楼門の柱が残っています。
10世紀の建立で柱にヴィシュヌの10化身が彫られています。
マツヤはクールマと一緒に魚の姿で彫られています。
CHAUKHA013
  CHAUKHAMBHA 9世紀
  クールマの上にマツヤ
  
  












中央インドのCHANDERIから40kmのKADWAHAの寺院のドアーフレイムに彫刻されています。
10〜12世紀に建立されヴィシュヌの10化身が彫られています。
乳海撹拌のクールマの隣に魚の姿で彫られています。
Kadwaha-242
  KADWAHA TEMPLE 10~12世紀
  ドアーフレイムの上部に10化身
  乳海撹拌のクールマのとなりに
  彫られている。







南インドのVIJAYANAGARA(HAMPI)にあるRAMACHANDRA寺院はラーマーヤナのレリーフで有名ですが、マンダパの柱と外壁の柱に見つけました。
RAMACHANDRA.jpg
  RAMACHANDRA TEMPLE 15世紀
  魚の上にヴィシュヌの持ち物
  面白い意匠
  











RAMACHANDRA3
  こちらは魚の上にヴィシュヌ
















東インドのVISHUNUPURの町にはビシュヌを祀ったテラコッタ(レンガ)の寺院が沢山あります。
ほとんどの寺院には10化身の彫刻があります。
SHYAMA RAYA寺院のマツヤです。
上半身は人ですが下半身は魚です。
SHYAMA021.jpg
  SHYAMA RAYA TEMPLE 1643年
  テラコッタに直接彫られている。
  上半身ヴィシュヌ、下半身魚








博物館でもありました。中央インドのSAGAR博物館です。
断片ですがマツヤがよくわかります。
下に猪ヴァラーハがいますので10化身を彫刻したヴィシュヌ像の一部と思われます。
SAGAR042.jpg
  SAGAR UNIVERSITY MUSEUME
  10世紀ぐらいか














彫刻ではありませんが壁画が残っています。南インドのMALAYADIPATTIと言う小さな村に石窟寺院があります。
そこにヴィシュヌの10化身が描かれています。
石窟は8世紀頃の開窟ですが、壁画は16世紀頃の物です。
Maliyadipatti
  MALAYADIPATTI CAVE 8世紀(16世紀)
  オーソドックスな上半身ヴィシュヌ、下半身
  魚の絵画。













以前に「アナンタ龍の上に横たわるヴィシュヌ」でお話ししたネパールのカトマンドゥにあるKRISHANA NRARAYAN寺院の壁画です。右足にマツヤが描かれています。
KRISHANA NRARAYAN2
  KRISHANA NRARAYAN寺院
  ヴィシュヌの右足に魚
  まるで大きな魚に足を
  食べられているよう。














マツヤの化身は有名ですが、彫刻の題材として迫力に欠けます。
それが少ない原因ではないかと思われます。
東南アジアの国々では、見つけることが出来ませんでした。

マツヤ


ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その7(007危機一発, シベールの日曜日)

36チトロワティ
中学生になり自分で映画を見に行くようになります。
チャンバラも西部劇も怪獣もモンスターも卒業です。
アメリカンホームドラマやアイビーファッションの影響でアメリカへの憧れが強くトロイ・ドナヒュー「パームスプリングの週末」、アン・マーグレット「バイバイバーディー」など音楽と一緒に楽しみました。
パームスプリングの週末

とても興奮したのがショーン・コネリー「007危機一発」でした。
「007は殺しの番号」、「007ゴールドフィンガー」「007 サンダーボール作戦」「007は二度死ぬ」までブームは続きます。
早川ミステリーを読み、ワルサーPPKのモデルガンを買い、アタッシュケースに憧れる少年ジェームスボンドの登場です。やはり一番最初に見た「007危機一発」のちの「ロシアより愛を込めて」がすべての点で一番です。 
007危機一発

この頃は音楽の話でも触れましたが、すべてビートルズであまり映画は見ていないと思います。
改めて「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を見てみると、リチャード・レスターの実力が解ります。
私達が一番見たかったビートルズをドキュメンタリータッチで描き、さらに4人の性格をその中にちりばめ、一つのストーリーを作る作業は大変です。
それも超短時間で仕上げたのです。
ただ者ではありません。
その後の「ヘルプ」はご愛嬌ですが、後のMTVに与えた影響は計り知れません。
彼の実力は「ナック」で認められ、カンヌグランプリを獲得しています。
ポップでファショナブルなスラプスティック・コメディ映画です。
ナック

その頃、特に記憶に残る名画はフランス映画の「シベールの日曜日」です。
セルジュ・ブールギニョン監督でハーディ・クリューガーと子役パトリシア・ゴッジの演技が光ります。
白黒映画の傑作です。
シベールの日曜日

これ以降ヨーロッパの映画が多くなります。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp