寺院の彫刻 その36(ラーマ9)

PANATA134.jpg
第6巻 ユッダ・カーンダ(戦争の巻)
ハヌマーンの報告を聞いてラーマは喜び、さっそく遠征の準備にとりかかった。問題はいかにして海を渡るかである。ラーマは弓に矢をつがえ、海の神に対して道を開けるよう要求した。
1ヴァルナ神とラーマ
海の神はそれは拒否したが、神工ヴィシュヴァカルマンの息子ナラに橋を造らせることを勧めた。
ナラの指導のもと猿たちは石や木を集め、すべての動物が手伝い、海の怪物マカラまで参加して数日で洋上に橋を架けることに成功した。


ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。
左に弓を持つラーマ、右に合掌する海の神。
2LOLO051.jpg
同じくC.SIVA寺院のパネルです。
左に橋を造るための石を運ぶサル軍、右にそれを手伝う海の生き物達。
口に石をくわえて運びます。
3LOLO052.jpg
南インドのHANGALにあるTARAKESHVAR寺院の基壇のパネルです。
サル達が石を運んでいます。
1HANGAL(Tarakeshvar).jpg
南インドのLAKKUNDIにある寺院です。
上に石を運ぶサル達、下は海で魚や亀、マカラなどが彫刻されています。
5Lakkundi-176.jpg
東ジャワのC.PANATARANのパネルです。
サル達が石を切り出し、運ぶところが彫刻されています。
6PANATA166.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院です。
サル達が一生懸命、石を運んでいます。
7papa0674.jpg
タイのクメール寺院PHIMAIの楣の彫刻です。
サル達が運んで来た石を魚達に渡します。
アナンタ龍の姿も見えます。
8PIMAI097.jpg
ネパールのパタンにあるKRISHNA MANDIR の柱の上部です。
サル達が大きな岩を運んでいます。
9KRISHNA MANDIR - 15
猿軍はランカー島に侵入し、ラーヴァナの都城を包囲した。ラーヴァナの弟ビビシャナは正しい心の持ち主でシーターをラーマのもとに返しましょうと訴えたがラーヴァナは聞く耳を持たなかった。ビビシャナは城壁を乗り越えラーマ軍の陣地に入り保護を求めた。
1img074ヴィビシャナとラーマ
こうして長い戦いが始まった。

2IMG_0068.jpg
カンボジア アンコールにあるBAPUON寺院です。
サル軍と悪魔軍の戦い。
4DSC_5970.jpg
BAPUON寺院です。
サルが飛びかかっています。
5.jpg
アンコールのPREAH KHAN寺院の破風の彫刻です。
5KHAN155.jpg
東ジャワのC.PANATARANのパネルです。
悪魔軍にダッコされているみたいでとても可愛いパネル。
6PANATA196.jpg
東インドATPURのRADHA GOVINDA寺院です。
とても細かいテラコッタの彫刻です。
9RADHA GOVINDA 1-ATPUR
アンコールワット寺院の破風の彫刻です。
3ANGKOR137
タイのクメール寺院PHANOM RUNGの破風の彫刻です。
7RUNG073
アンコールのBANTEAY SAMRE寺院の破風の彫刻です。
ラーマとサル軍です。
8SAMRE024
激しい戦いが続き、両軍の勇士たちは次々に死んでいった。

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その35(ラーマ8)

PANATA134.jpg
第5巻 スンダラ・カーンダ(美の巻)
ハヌマーンはマヘーンドラ山の頂上に登り、おもいっきりジャンプし、4日間飛び続けてランカー島についた。
2-IMG_0055.jpg
身体を小さくして城内にもぐりこんだハヌマーンはついにアショーカ樹の林の庭園でシーターを発見した。
3-IMG_0049.jpg
カンボジア アンコールにあるBAPUON寺院です。
シーターにラーマの指輪を見せるハヌマン。
5-bapuon5964.jpg
ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。
シーターの前に現れたハヌマン。
6-LOLO049.jpg
東北タイのクメール寺院KAMPHAENG YAIの楣です。
ラーマの指輪を見せるハヌマン。
7-YAI022.jpg
カンボジアのバッタンバンにあるEK PHNOM寺院の破風です。
シーターとハヌマンの顔が無くなっているのが残念です。
8-バッタンバン7232
南インドのVIJAYANAGARAのVITHALA寺院です。
シーターを訪れたラーヴァナ、ハヌマンはアショカ樹の中にいます。
9VITHALA TEMPLE_0362
東ジャワのC.PANATARANのパネルです。
シーターの隣にいるのはラーヴァナの弟ヴィビシャナの妻トリジャータです。
トリジャータだけがシーターの唯一の味方です。
11-PANATA219.jpg
驚くシーターにラーマの指輪を見せ、信用させると、ラーマの現状を報告し、必ず救い出すからと励まして、帰りがけの駄賃にひと暴れ始めた。
駆けつけた兵士達を大勢倒したところで、ラーヴァナの息子インドラジットに捕らえられた。

C.PANATARANのパネルです。
インドラジットがハヌマンに弓を射るところです。
12-PANATA130.jpg
ハヌマンは応戦しますが矢が足に刺さってしまいます。
13-PANATA131.jpg
ハヌマンは捕まりラーヴァナの前に引きずり出されるところです。
14-PANATA133.jpg
南インドのアイホーレにあるDURGA寺院のパネルです。
ラーヴァナの前に引きずり出されるハヌマン(だだのサル)。
15ドゥルガー寺院
そしてラーヴァナに対し「シーターを解放せよ」という要求を伝えた。
ラーヴァナは怒りハヌマーンを殺そうとするが弟のヴィビシャナに使者を殺しては行けないと諌められた。
代わりに尻尾に油のしみた布を巻き付けて火をつけた。
ところがハヌマーンがそのまま外へ飛び出して町中を駆け回ったため、都は大火事になってしまった。

C.PANATARANのパネル
尻尾に火がついたまま走り回るハヌマン。
15-PANATA146.jpg
VITHALA寺院のパネルです。
尻尾に火がついたハヌマンが走り回ります。
16-VITHALA TEMPLE_0363
ハヌマーンはシーターの所へ戻り、ラーマに見せるためにシーターの指輪を預かった。
南インドのVIJAYANAGARAのRAMACHANDRA寺院のパネルです。
上段シーターから指輪を預かるハヌマン。
18-AA1_0037.jpg
使命を果たしたハヌマーンはマヘンドラ山に飛び帰り、ラーマに報告するためにスグリーヴァのもとへ向かい、ラーマにシーターの指輪を見せ報告した。
C.PANATARANのパネルです。
海を飛び越えるハヌマン。
17-PANATA150.jpg
VITHALA寺院のパネルです。
ラーマにシーターの指輪を見せるハヌマン
19-AA1_0361.jpg
C.PANATARANのパネルです。
ラーマにシーターの指輪を見せるハヌマン
20-PANATA154.jpg

ホームページ  www.ravana.jp


寺院の彫刻 その34(ラーマ7)

PANATA134.jpg
第4巻 キシュキンダー・カーンダ(キシュキンダーの巻)
シーターを救出する旅に出たラーマとラクシュマナはバムパー湖の畔で、猿の勇士ハヌマーンと出会い、彼の従える猿王スグリーヴァが兄のヴァーリンに国を逐われ、妻も奪われたことを聞かされる。
img060.jpg
カンボジア アンコールにあるBAPUON寺院です。
従える猿王スグリーヴァが兄のヴァーリンに国を逐われ、妻も奪われたことを嘆き悲しむハヌマンに出会うラーマとラクシュマナ。
1bapuon5952.jpg
ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。
同じく嘆き悲しむハヌマンに出会うラーマとラクシュマナ。
2LOLO046.jpg
ラーマはスグリーヴァのもとを訪れ、ラーマはスグリーヴァが王に復帰し、妻を取り戻すこと、スグリーヴァはシーターの捜索に協力することでお互いに助けあうという同盟を結ぶ。
ヴァーリンとスグリーヴァは一対一の素手の格闘で決着をつける事になった。

ベトナムのダナンにあるチャム彫刻博物館のレリーフです。
ヴァーリンがスグリーヴァを投げ飛ばすところです。
1cham0532.jpg
アンコールのBANTEAY SAMRE寺院の破風です。
スグリーヴァかヴァーリンに噛みついています(あるいは反対か)。
2SAMURE109.jpg
アンコールのBANTEAY SREI 寺院の楣に彫られた彫刻です。
彫りが深く、素晴らしい彫刻です。
3SREI2.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院の壁龕の彫刻です。
猿達が可愛い。
4papa0677.jpg
南インドPATTADAKALのVIRUPAKSHA寺院の壁龕です。
保存状態が悪くとても残念です。
5virupaksha0603.jpg
南インドのVIJAYANAGARAのVITHALA寺院です。
面白い意匠です。
6vithala0380.jpg
ヴァーリンはとてつもなく強くスグリーヴァを散々に打ちのめす。
ところがスグリーヴァの同盟者ラーマがヴァーリンを背後から弓矢で撃ち殺してしまう。

IMG_0038.jpg
アンコールのBANTEAY SREI 寺院の西塔門の破風です。
中央にヴァーリンとスグリーヴァ、右に弓を射るラーマとラクシュマナ、左に矢を受けたヴァーリン。
7SREI138.jpg
カンボジア アンコールにあるBAPUON寺院です。
右に弓を射るラーマ。
8bapuon5859.jpg
ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。
左にヴァーリンとスグリーヴァ、右に弓を射るラーマ。
9LOLO047.jpg
南インドHALEBIDのKEDARESHWARA寺院の基壇の彫刻です。
右に弓を射るラーマ。矢は7本の木を貫通してヴァーリンに刺さります。
10KEDARE016.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院の壁龕の彫刻です。
11papa0676.jpg
一対一の素手の格闘なのに、第三者がしかも後ろから弓矢で殺したことにヴァーリンの妻ターリーは怒り、ラーマにシーターを取り戻すことは出来ても、もうシーターを喜ばせることは出来ないという呪いをかける。
カンボジアのANGKOR WAT寺院の破風です。
一番上にヴァーリン対スグリーヴァ、中段に弓を射るラーマ、下段にヴァーリンの死。
ANGKOR287.jpg
アンコールのTOMMANON寺院の破風です。
上部にスグリーヴァ、下部にターラーに抱かれるヴァーリン、ヴァーリンの死を悲しむ猿達。
2TOMMANON110.jpg
南インドのVIJAYANAGARAの RAMACHANDRA寺院です。
上段左にラーマ、右にターラに支えられるヴァーリン。
3AA1_0013.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院の壁龕の彫刻です。
ヴァーリンの上に乗るスグリーヴァ、それを止めるターラー、見つめるサル達。
4papa0675.jpg
スグリーヴァも自責の念にかられ、兄ヴァーリンの子アンガダを王位継承者にした。
スグリーヴァはラーマの恩に報いるため、各地の猿を召集し、全世界にシーターの捜索隊を派遣した。
その中で、南に向かったアンガダ、ハヌマーンの1隊はサムパーティ(ジャターユの兄)からシーターの居場所がランカー島であることを教わる。
しかし海を飛び越える事の出来るのは風神ヴァーユの子ハヌマーンしかいない。
そこでハヌマーンがランカーに飛ぶことになった。

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その33(ラーマ6)

PANATA134.jpg

第3巻 アラニヤ・カーンダ(森林の巻−2)
妹を傷つけられて怒ったラーヴァナはマーリーチャと共に空飛ぶ戦車(プシュパカ)に乗ってラーマのいる森へ向かった。
作戦は魔術が得意なマーリーチャが黄金の鹿に化けてラーマを誘い出している間にシーターをさらう計画であった。

1−IMG_0033
シーターのそばにはラクシュマナがいつもいるため近づけない。
先ずはマーリーチャがラーマを誘い出す。

南インドのVIJAYANAGARAのRAMACHANDRA寺院です。
上段です。庵の中にラーマとシーター、外に黄金の鹿です。ラーマに鹿を捕って来てとせがみます。
2-rama0850.jpg
シーターとラクシュマナを残しラーマは鹿を捕りに行きます。
3-rama0851.jpg
ラーマを鹿を見つけ弓を射ます。
4-rama0854.jpg
そこでラーマの矢を受けて倒れたマーリーチャがラーマの声で断末魔の叫びをあげたので驚いたラクシュマナは、家のまわりに結界を作ってシーターに、ここから絶対に出るなと言い残してラーマの声のする方へ飛んでいった。
カンボジア アンコールにあるパブーオン寺院です。
ラーマが黄金の鹿(マーリーチャ)に矢を射ました。マーリーチャは断末魔の叫び声をあげる。
6バプーオン黄金のシカ
南インド HANGALのTARAKESHVARA寺院です。黄金の鹿から飛び出るマーリーチャ。
7-Hangal-086.jpg
ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。
左はシーターとラクシュマナ、右は黄金の鹿に矢を射るラーマ。
9-LOLO042.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院の壁龕の彫刻です。
10-papa0679.jpg
南インドのVIJAYANAGARAのVITHALA寺院の彫刻です。
11-vithala0382.jpg
ラーヴァナは家に近づくと結界が張られているのに気づき、サドゥ(乞食行者)に化けて「食べ物をください」と声をかけた。
img053ラーヴァナが庵に来る
南インドのVIJAYANAGARAのRAMACHANDRA寺院です。
上段。シーターとサドゥに化けたラーヴァナ。
2-rama0857.jpg
敬虔なシーターはサドゥに供養しようと食べ物を持って自ら結界を破ってしまった。
その瞬間ラーヴァナはシーターを捕らえプシュパカに押し込んだ。
ラーマの友禿鷹ジャターユがシーターの悲鳴を聞いて駆けつけ、ラーヴァナと壮絶な空中戦を繰り広げるが力つきて敗れてしまう。

南インドのホイサラ朝寺院KESHAVA寺院の基壇の彫刻です。ラーヴァナとジャターユです。
5-KESHAVA0072.jpg
ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。左はシーターを誘拐するサドゥのラーヴァナ。右はプシュパカに乗ってシーターを連れ去るラーヴァナ。
6-LOLO044.jpg
南インドKUKKUNURのNAVARINGA寺院です。ラーヴァナとジャターユ。
7-NAVA023.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院です。ラーヴァナとジャターユ。
8-papa0678.jpg
カンボジアANGKORのBANTEAY SAMRE寺院のピラスターの彫刻です。シーターとラーヴァナ。
10-SAMURE157.jpg
南インドPATTADAKALのVIRUPAKSHA寺院の壁龕です。ジャターユとラーヴァナです。
11-virupalsha0604.jpg
悲鳴を聞きつけラーマとラクシュマナがもどりラーヴァナに騙された事を知るが、シーターはすでに連れ去られたあと、すぐに捜索のたびにでる。
手がかりが少ないのが悩みだったがガバンダという森の怪物から、バムパー湖の傍らに棲む猿の王スグリーヴァを訪ねてみろという助言を得る事が出来、二人は猿の国へと急いだ。


ホームページ  www.ravana.jp



寺院の彫刻 その32(ラーマ5)

PANATA134.jpg
第3巻 アラニヤ・カーンダ(森林の巻)
追放になった3人は深い森に分け入り、山の麓を回ったりしてダンダカーの森に山小屋を造って暮らしていた。

森に入る
森の生活
ラーマは鳥王ジャターユと親交を結び、苦行者たちを悩ます人食い巨人ヴィラーダ等の悪魔や猛獣を退治したりして暮らしていた。
タイのクメール寺院 PRASAT PHANOM RUNGの破風の彫刻です。
巨人ヴィラーダを退治するラーマとラクシュマナです。
3-RUNG110.jpg
ジャワ島のLOROJONGGRANG寺院群のC.SIVA寺院のパネルです。
巨人ヴィラーダを退治するラーマです。
5-LOLO038.jpg
同じくC.SIVAのパネルです。
ラーマが怪鳥を退治しています。
6-LOLO040.jpg
同じくC.SIVAのパネルです。
ラーマはお腹に顔があるカバンダを退治しています。
7-LOLO045.jpg
南インドのVIJAYANAGARAのRAMACHANDRA寺院です。
ラーマはお腹に顔があるカバンダを退治しています。
8-rama0004.jpg
南インドのKESHAVA寺院の基壇の彫刻です。
ラーマがヴィラーダを退治しています。
4-KESHAVA0062.jpg
あるときランカーの魔王ラーヴァナの一族がこの森に侵入して来た。
大将はカーラとドゥシャナとラーヴァナの妹シュールパナカーで動物や鳥をむさぼり食っていた。
シュールパナカーは沐浴をしているラーマを見て一目惚れした。
シュールパナカーは魔法を使って美しい少女に化けラーマに近づいたが、拒絶された。
頭に来たシュールパナカーはシーターに襲いかかった。
ラクシュマナはシーターを守り、シュールパナカーの鼻と耳を切り落とした。

1-IMG_0028.jpg
中央インドの DASHAVATARA寺院(6世紀)の基壇の彫刻です。
中央にシーター左にラーマ、右にシュールパナカーの頭を押さえつけているラクシュマナです。
3-deogarh9088.jpg
2-IMG_0030.jpg
南インドのKESHAVA寺院の基壇の彫刻です。
右端にシュールパナカーの鼻を削ぎ落すラクシュマナ。
4-KESHAVA0069.jpg

カーラとドゥシャナはこれを見て沢山の家来を引き連れてラーマとラクシュマナを襲ったが、彼らの矢を受けて全滅した。
一時森には以前の平和がもどった。
シュールパナカーはランカーに逃げ帰り、兄のラーヴァナに悪魔の軍勢がラーマ達によって全滅され、自分も鼻と耳を切り落とされたことを報告をした。


5-IMG_0029.jpg
6-IMG_0032.jpg
南インドPATTADAKALのPAPANATHA寺院の壁龕の彫刻です。
兄ラーヴァナに鼻と耳を切り落とされたことを報告するシュールパナカー。
7-papa0680.jpg
そしてシーターがラーヴァナの妻マンドダリより美しいと焚き付けた。
妹を傷つけられ復讐を誓ったラーヴァナはシーターを見るためにもダンダカーの森に向かった。


ホームページ  www.ravana.jp